2021年11月28日

街なかの斯波兼頼像(山形市)羽州探題最上氏の祖となった武将

今回は山形駅から山形城へ向かう途上で出会った武将の話です。

<山形市内>
Kaneyori-Shiba.JPG
雰囲気からしてどこそかの文化人?かと思いましたが違いました

<斯波兼頼>しばかねより
Kaneyori-Nameplate.JPG
えっ!あの斯波兼頼ですか

山形城の築城者です。そして羽州探題最上氏の祖となった武将。何度文献を読んでもそれ以上は頭に入りませんが、それだけは確かです。そんな武将との予期せぬ出会いに感謝しました。

ただ…

私にとって山形城といえばまず最上義光。そして最上家といえばまず最上義光。そんな感覚で漠然と想像する斯波兼頼つまり最上兼頼は、もっと勇ましくなくてはならない?のですが、あまりにも優しそうな雰囲気なので、ちょっと拍子抜けしました。

<最上義光像>もがみよしあき
Northern-Hero.JPG
山形城の最上義光像です。厳しい戦国時代を生き抜いた出羽の虎将。最上家第11代当主です。

まぁ最上家歴代当主がみんなこんなイメージなわけないですね。はい。

<最上家初代>
Kaneyori-Mogami-Statue.JPG
最上家初代の兼頼は、源氏の名族である足利家の血筋で、南北朝時代に北朝方として活躍した武将です。父は奥州探題の斯波家兼、兄は奥州管領家の大崎氏の祖となった直持です。山形城を築いたのは1356年。それ以降、山形城は最上家代々の居城となりました。

<晩秋の山形城>
Yamagata-Castle-Moat.JPG
いつも最上義光を意識して訪問していますが、城の始まりは羽州探題として山形に入った斯波兼頼ということですね。街なかで銅像に偶然出会ったおかげで、再確認する機会を得ました。

■訪問:
斯波兼頼公像

(すずらん通り)
[山形県山形市香澄町]

山形城
(霞城公園)
[山形県山形市霞城町]

■参考:
・Wikipedia:2021/11/28



お城巡りランキング
タグ:山形への旅
posted by Isuke at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[東北]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/11119835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 街の中の土塁跡 山形城三ノ丸のなごり
  3. 3. 北条五代の夢の跡 (小田原城)
  4. 4. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  5. 5. 東京国際フォーラムの太田道灌像
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 岡崎城のなごり
  8. 8. 高天神城のなごり
  9. 9. 伊奈一族と玉川上水
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]