2021年10月30日

勝坂(川崎市)勝利した北条氏康が駆け上がった坂道

戦に勝利した北条氏康が「勝った!勝った!」と叫びながら駆け上ったと伝わる坂を訪ねました。

<勝坂>かちざか
Kachizaka.JPG
こちらです。氏康にちなんで勝坂と呼ばれています。

この地で戦があったのは1530年、小沢原の戦いと呼ばれています。北条氏康は多摩丘陵の山城(小沢城)を拠点にして、南下してくる扇谷上杉の軍を迎え撃ちました。山城の麓での戦いでは敗退し、一旦城に立て籠りますが、夜営のために低地の川沿いに移動した扇谷上杉の陣を襲撃して、見事逆転勝利となりました。夜襲に対応できなかった扇谷上杉勢は総崩れとなり、そのまま敗走したと伝わります。

氏康が「勝った!」と叫ぶのですから、勝坂は戦が終結した後に通った坂ということになりますね。場所は川崎市麻生区千代ケ丘5丁目。石碑などの目印はないので、とりあえず近くの公園を目指して訪問しました。

<千代ヶ丘5丁目公園>
Chiyogaoka-5-Park.JPG
目印にした公園が見えてきました。

<傾斜>
Chiyogaoka-Slope.JPG
振り返って撮影。長い長い坂でした。

<公園内>
Chiyogaoka-Park.JPG
目的地はこの公園の裏手になります。更に坂を登ることになりますが、ここまでくれば着いたようなものです。

そして

<勝坂>
Kachizaka-Kawasaki.JPG
事前にネット検索で見ていたのと同じ景色が現れました。ここで間違いないようです。漏れ聞く話では、むかしは説明板があったようですが、それに類するものは何も見つけられませんでした。氏康がどういうルートでここまで登ってきたかは分かりませんが、とにかくここは通ったのでしょう。

<勝坂からの眺め>
Kachizaka-view.JPG
まさに住宅街です。ただ地形は残ります。正確な場所は示せませんが、小沢原の戦いの古戦場ということになります。

ここでちょっとした疑問が・・・
北条氏康が上杉軍と交戦となったのは川が流れる低地です。勝利して小沢城へ戻るだけなら、わざわざこんな丘に駆け上がる必要があったのか?方角は間違いありませんが、小沢城に戻るには、複雑な地形の丘陵地帯を抜けていかなくてはなりません。登ったり降りたりするより、低地を上手く辿った方が楽なのではないか?と

まぁ戦というものは大筋で勝負がついても「はい終了!」という訳にはいきません。勝手な想像になってしまいますが、氏康はほぼ勝ったという状況を見極めた上で、敵の残党を蹴散らしながら自軍を安全な所へ導いたのかもしれません(まったく根拠はありません)。ちょっと疑問は残ったままですが、この戦いには、幼少から氏康を世話してきた指導役の清水吉政、そして地形を知り尽くした地元武士の中島隼人佐らがお供をしています。その状況で、適切な判断だったのでしょう。

<勝坂ハイツ>
KachizakaHeights.JPG
勝坂ハイツ。いい名前ですね。ここなら景色も最高です。新百合ヶ丘駅から徒歩で20分くらいかと思いますが、ちょっと坂が厳しいですね。まぁとにかく、現地には石碑も説明板もないので、勝坂という文字が嬉しかったです。

<つわものどもが夢の跡>
Ozawahara.JPG
敵を敗走させた氏康は、どんな思いでこの景色を眺めたのでしょう。夜襲だったのですから、目にしたのは月明かりが頼りの谷ということになりますね。氏康はこの時まだ16歳。初陣での見事な逆転勝利の夜でした。

■訪問:勝坂
[川崎市麻生区千代ケ丘]5丁目

------- 関連画像 -------
<小沢城址碑>
Stone-Monument-Ozawa-Castle.jpg
[川崎市多摩区菅仙谷]


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/11065635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  2. 2. 街の中の土塁跡 山形城三ノ丸のなごり
  3. 3. 北条五代の夢の跡 (小田原城)
  4. 4. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  5. 5. 東京国際フォーラムの太田道灌像
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 岡崎城のなごり
  8. 8. 高天神城のなごり
  9. 9. 伊奈一族と玉川上水
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]