2021年01月23日

直江兼続屋敷跡(米沢市)ちょっと地味な兼続ゆかりの地

今回は米沢市の直江兼続屋敷跡のご紹介です。
<直江兼続屋敷跡>
Naoe-Kanetsugu-Yashiki.JPG
こちらが米沢市の直江兼続屋敷跡

<通り沿い>
Naoe-Kanetsugu-Residence.JPG
といってもご覧の通りです。当時を偲ばせるものは何もなく、駐車場隅の説明板が目印です。これがなければ、直江兼続の屋敷跡と気付く人はいないでしょう。

<上杉博物館>
Yonezawa-Castle.JPG
場所は米沢市上杉博物館(左手の建物が上杉博物館)の南側の通り沿いです。

関ケ原の戦いの後、領地を大幅に減らされた上杉家にとって、米沢での城下町整備や新田開墾は急務でした。その舵取りを任されていたのが重臣の直江兼続。米沢はそれ以前から兼続の所領でしたが、そこへ主君である上杉景勝を筆頭に、約6千人ともいわれる家臣、そしてその家族を受け入れることになりました。小さな町だった米沢は人であふれ、住まいの確保も困難だったようです。そんな難題に立ち向かっていた頃の兼続の屋敷が、今回訪問の場所ということになります。

<松岬神社>
Shrine-Enshrined-Kanetsugu.JPG
こちらは米沢城の本丸近くの松岬神社。兼続が米沢城主だった頃は、この地に屋敷があったそうです。上杉家が会津120万石から米沢30万石に減封されると、兼続は屋敷を景勝に譲って転居したそうです。


ということで
直江兼続屋敷跡のご紹介でした。上杉ファンで米沢好きの男が当ブログを運営しております。よって米沢に関することはこれまでもたくさん投稿してきました。ただ、兼続の屋敷跡は本当に何もないのでないないご紹介しにくく、画像を放置していました。

本日は兼続の西暦での命日(1620年1月23日没)です。ふと屋敷跡のことを思い出し、取り上げさせて頂きました。このためだけにわざわざ訪問する場所とは思えないものの、観光スポットが集中しているエリアですので、ついでに足を運んでくれる人がいれば嬉しいです。

■訪問:直江兼続屋敷跡
[山形県米沢市城南1丁目]


-------追 記-------
■当ブログの過去記事ご紹介
<謙信の旗印>
sirononsgori YONEZAWA 148 (1).jpg
120万石から30万石へ減封となりながら、苦楽を共にしてきた者たちを一人も解雇しなかった上杉家。普通なら破たんする状況に立ち向かい、藩政の指揮をとった兼続の活躍をまとめた内容です。
記事へすすむ



お城巡りランキング
タグ:山形への旅
posted by Isuke at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10490443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 足利市の岩山を登る 両崖山城
  2. 2. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  3. 3. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  4. 4. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  5. 5. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  6. 6. 集落の四隅を守る道切り 市川市国府台の辻切り
  7. 7. 大石内蔵助 終焉の地 細川家下屋敷跡
  8. 8. 難航不落 金山城のなごり
  9. 9. レンガの街のなごり あかね通りと福川鉄橋跡
  10. 10. 高天神城のなごり
  11. 11. 岡崎城のなごり
  12. 12. 浜松城の野面積み
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]