2017年04月15日

外濠のなごり 赤坂見附

赤坂見附跡
sirononagori akasakamitsuke (2).jpg
駅は有名ですが、いわゆる「赤坂見附」へ行かれた方は少ないのではないでしょうか?

行く必要がない……

まぁ普通そうかも知れませんが、駅からそう遠くないところで城のなごりを感じられる場所ですので、ちょっとご紹介させて頂きます。

ここ赤坂見附も四谷見附などと並んで「江戸城三十六見附」の一つ。複数の家が作業を分担して完成させたようですが、この石垣部分はあの「黒田家」によって築かれました。

これで終わり?

はい。ただまぁここまで来たら、すぐそばの外濠も見てみましょう。

<弁慶橋>
sirononagori akasakamitsuke (1).jpg
立派な橋が目の前に現れます。その名も弁慶橋。義経と弁慶の出会いを想像してしまいますが、江戸城普請の大工の棟梁であった弁慶小左衛門が作ったので、弁慶橋と名付けられたそうです。

ここは港区元赤坂 と千代田区紀尾井町の境界。ちなみに、紀尾井町(きおいちょう) の名は、この一帯に紀州と尾張の徳川家、そして井伊家の屋敷があったことに由来します。つまり、やんごとなき人たちのお屋敷街だったということですね。で、今でこそ歩いて渡れますが、江戸時代には濠を渡れる橋はありませんでした。

橋が架けられたのは明治22年。あら?棟梁の弁慶さんと時代が合いませんね。

弁慶橋そのものは、神田の鍛冶町から紺屋町・岩本町辺りを流れる川(藍染川)に架かっていました。
明治になって弁慶橋が廃橋となり、ここに移設されたとのこと。もっと詳しく調べてみると、どうも移設というより、解体した廃材を再利用して橋が架けられたという方が実態に近いかもしれません。もともとの弁慶橋とは形状は異なるものの、その名前が使われたようです。

いい意味で名前が残るのは名誉なことですが、職人の気質を考慮すると、弁慶さんは「こんなのワシの仕事じゃねぇ!」とか天国で言ってたかもしれませんね。
(現在は更に鉄筋に生まれ変わってます)

外濠(弁慶濠)
shirononagori Benkeibori.jpg
赤坂見附跡の付近では、旧江戸城の外濠がほぼ原形を留めて残っています。埋められずに済んだ外濠です。
昔の雰囲気を残す濠。都内に残る貴重な城のなごりです。

赤坂見附駅付近
sirononagori akasakamitsuke (3).jpg
都会の中の都会。慌ただしく通り過ぎるのが当たり前のような街の景色ですが、ほんのちょっと、外堀通りを渡るだけで別世界と出会えます。


お城巡りランキング


歴史本ランキング(Amazon)
posted by Isuke at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6170027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  4. 4. 難航不落 金山城のなごり
  5. 5. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
  6. 6. 豊島一族の城跡 練馬城
  7. 7. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  8. 8. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  9. 9. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]