2020年12月22日

岡崎公園(岡崎城跡)の本多平八郎忠勝像

<本多忠勝像>ほんだ ただかつ
shirononagori502 (7).JPG
岡崎公園内の本多忠勝像です。通称は平八郎。徳川四天王のひとりです。鹿角兜と甲冑を身にまとい、長い槍を携えています。

本多平八郎忠勝はここ岡崎の生まれ。幼い頃から家康に仕え、幾多の戦場で巧を立て、家康にとってなくてはならない存在となりました。

<蜻蛉切>どんぼぎり
shirononagori502 (6).JPG
忠勝が所持するこの槍は蜻蛉切と呼ばれています。穂先に止まったトンボが真っ二つになったという逸話がその名の由来。これを振り回す本多忠勝は、初陣から大小57回の戦に出向きながら、生涯無傷であったそうです。家康の戦いは決して楽なものばかりではありません。大敗もありました。それでいながら無傷!このあたりが『戦国最強の武将』と呼ばれる所以かもしれません。

豊臣秀吉は
日本第一、古今独歩の勇士
織田信長は
花も実も兼ね備えた武将
と褒めたたえました

<岡崎城>
shirononagori500A (3).jpg
ここ岡崎城は家康生誕の地であり、当時の三河の最重要拠点です。この地に銅像が建つのですから、家康からの信頼厚い忠勝が城を任されたこともあったのでしょう?と現地では思いましたが、ちょっと違っていました。

明治維新を迎えた時、岡崎藩は本多家(本多平八郎家)が治めていました。最後の藩主となった本多忠直の死後、家督を継いだ忠敬(ただあつ)により旧岡崎城は岡崎市へ寄付され、市民憩いの場として生まれ変わりました。

<岡崎公園>
shirononagori502 (2).JPG

本多平八郎忠勝の銅像は、本多家の先祖を称える意味でこの地に設置されたわけですね

shirononagori502 (1).JPG
敵味方から賞賛された猛将です

■訪問:本多平八郎忠勝公像
岡崎公園(岡崎城跡)
[愛知県岡崎市康生町]


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[中部]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10425304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 足利市の岩山を登る 両崖山城
  2. 2. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  3. 3. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  4. 4. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  5. 5. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  6. 6. 集落の四隅を守る道切り 市川市国府台の辻切り
  7. 7. 大石内蔵助 終焉の地 細川家下屋敷跡
  8. 8. 難航不落 金山城のなごり
  9. 9. レンガの街のなごり あかね通りと福川鉄橋跡
  10. 10. 高天神城のなごり
  11. 11. 岡崎城のなごり
  12. 12. 浜松城の野面積み
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]