2020年08月18日

城下町に響いた鐘の音(岩槻)時の鐘 

時の鐘と聞くと川越を思い出す方が多いのではないでしょうか?でも岩槻にも時の鐘があります。「にも」と言っては岩槻の皆さんに怒られそうです、歴史はこちらの方が古いのですから。
<時の鐘>
shirononagori470 (1).jpg
名の通り時刻を知らせる鐘です。城下町岩槻の象徴的な存在です。

<入口>
shirononagori470 (2).jpg
こちらが入口。説明板が設けられています。

<説明板>
shirononagori470 (4).jpg
以下『』内はさいたま市岩槻区教育委員会さんの表現をそのまま転記させて頂きます。
こちらの説明によれば『寛文11年(1671)、城主阿部正春の命令で鋳造されました。渋江口に設置された鐘の音は、城内や城下の人々に時を知らせていました。』とのこと。そうですね、私は城下の領民ばかり意識していましたが、城内にも鳴り響いていたわけです。やがて鐘にひびが入り(1720年)、当時の『城主永井直信が改鋳した物が現在の鐘』とのこと。貴重な鐘ですね。さいたま市指定有形文化財に指定されています。

この時を告げる鐘ですが、説明文によれば『鐘は1日3回撞かれたとも言われますが、江戸後期には1日12回撞かれていたようです』とのこと。1年々人がせっかちに暮らさないとならないようになったのでしょうかね(勝手に言ってます)。また鐘楼は、『嘉永6年(1853)に岩槻藩より改建され』たものとのこと。岩槻藩主が大岡忠恕の時に建て替えられたようです。
[主な参考:現地説明板]

時の鐘は埼玉県が誇る立派な史跡です

ところで
<撮影しにくい>
shirononagori470 (3).jpg
過去にも何度かここへお邪魔していますが、いつも逆光になってしまい、鐘そのものが上手く撮れません(訪問する時間が悪いようです)。鐘楼で雰囲気は伝わると思いますが、せっかく当ブログを訪問して頂いた方のために、模型の画像を貼っておきます。

<模型>
shirononagori470 (5).jpg
[撮影:岩槻本丸公民館]
鐘楼と鐘の大きさのバランスだけ参考にして下さい

かつて「岩槻に過ぎたるものが2つある 児玉南珂と時の鐘」と評されたそうです。 児玉南珂(こだまなんか)は岩槻藩士にして儒学者であり、藩内の教育に尽力した人物です。そして今回ご紹介の時を告げる鐘。「過ぎたるものが二つ」というのはよく使われる言い回しですが、ここでは純粋に誉め言葉ですね。

shirononagori470 b.jpg
城下町岩槻の歴史を感じる場所です

■訪問:時の鐘
[さいたま市岩槻区本町]6-2


お城巡りランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10131162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
  4. 4. 岩槻城のなごり
  5. 5. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  8. 8. 難航不落 金山城のなごり
  9. 9. 関東一の山城 唐沢山城
  10. 10. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  11. 11. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  12. 12. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]