2020年08月13日

白鶴城と呼ばれた沼地の城(岩槻城別名の由来)

太田道灌により築城されたとされる岩槻城には白鶴城という別名があります。この由来は、沼地に築かれた浮き城に相応しい言い伝えがあります。
<白鶴城址碑>
shirononagori465 (1).jpg
こちらは岩槻城鍛冶曲輪跡に建つ城址碑です。白鶴城址碑と刻まれています。

以下はWikiさんからの抜粋です
『築城を命じられた太田道灌は、沼のほとりで2羽の白鶴が木の枝を水面に落とし、その上に舞い降りたことから、たくさんの竹をたばねて沼に埋め、盛土をして城づくりをし、岩付城ができたという』
[出典:Wikipedia:2020/8/13]

情景が目に浮かぶような言い伝えです。これが『白鶴城』という名の由来です。岩槻城が『竹束の城』とも呼ばれる所以でもあるわけですね。

<岩槻城址公園>
shirononagori466 (4).jpg
ここはかつて深い沼地でした
shirononagori466 (2).jpg

<蓮池と八ツ橋>
shirononagori466 (1).jpg
本丸を取り囲んでいた沼は姿を消しましたが、整備された城址公園に、そのなごりを感じることができます。橋はかつての岩槻城とは無関係ながら、朱塗りの橋が見事で、訪れる人の目を楽しませてくれます。

shirononagori466 (3).jpg
沼地や湿地などに生息するツル。今でこそ生息地が限られますが、かつてはここ岩槻でも、その姿を見ることができたのでしょうね。

ということで
鶴が舞い降りる様子をヒントに、沼を埋め立てて城を築いた。これが白鶴城の名の由来というお話でした。ちなみに、太田道灌の幼名は鶴千代です。

■訪問:岩槻城鍛冶曲輪
[さいたま市岩槻区太田]


お城巡りランキング
タグ:太田道灌
posted by Isuke at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10118577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]