2020年08月08日

城と城下の境界線(岩槻)ふるさと散策路

元荒川沿いの道路を歩いて南側から岩槻城址公園へ向かうと、こんな標識が目に飛び込んできます。
<ふるさと散策路>
shirononagori463.jpg
城址公園入口は間近です。公園として整備した道でしょうか?

<散策路>
shirononagori463b.jpg
ああ、そういうことか

ここは城の外と内とを隔てるかつての堀。つまり城と城下の境界線ということになりますね。

<縄張り図>
shirononagoriMAPiwa (2).jpg
[出典:岩槻城址公園説明板]
場所でいうと鍛治曲輪と表示されている区画の南側の堀です。堀は折れ曲がって城の内部まで続いていますので、堀跡を利用した散策路を進んで行けば、そのまま城址公園へ入れるわけですね。

岩槻城址公園は、かつての鍛治曲輪と新曲輪を中心とするエリアを公園として整備したものです。この二つの曲輪は、岩槻城が北条氏配下の時に拡張整備されたと言われていますが諸説あり、それ以前とする説や、はたまた太田道灌が築いた岩槻城はもともとこの辺りを指すとてう説まであります。事実はどれなんでしょう。

いづれにせよ
関東の平城で、城のなごりが形として残っているのは貴重なことです。

<堀跡>
shirononagori463d.jpg
本来は来る者を拒むためのものですが、いまでは侵入口となっているわけですね。市街地化が進む中で城が形を保っていくためには、地元の皆さんに親しまれたり、利用してもらえる工夫も大切だと思います。そういう目で眺めると、愛おしい散策路です。


お城巡りランキング
posted by Isuke at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10104469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]