2020年08月04日

元荒川の新曲輪橋(岩槻)8月4日は橋の日ということで

岩槻城址公園へ向かう途中、城の天然堀の役割を担った元荒川に立ち寄りました。

<新曲輪橋>
shirononagori462 (1).jpg
あれ、こんな名の橋があったか

ここを通るのは初めてではないのですが、橋の名を意識したのは初めて。岩槻城の新曲輪跡を目指して歩いていたので、何となく微笑ましく感じてしまいました。親柱の人形もいいですね。岩槻は人形工芸でも知られる町です。そこへやってきたのだという実感が湧きます。

<元荒川>
shirononagori462river.jpg
橋から眺めた上流。岩槻城にとっての天然の堀です(左手が岩槻城)

<縄張り図>
shirononagoriMAPiwa (5).jpg
[出典:岩槻城址公園説明板]
こんな感じの縄張りです。川の果たした役割は大きいですね。そして適所に配置された曲輪。岩槻城には七つの曲輪があったとされ、本丸から沼を挟んだ南側の部分は最後に整備されたことから、新曲輪と呼ばれたと伝わります。諸説ありますが、豊臣秀吉による小田原征伐(1590年)の際に、元荒川を渡る豊臣軍に備えるべく出丸として拡張されたと考えられています。この時の岩槻城主は、北条家第5代当主である氏直の弟・氏房でした。

地図の右手下に小さく見えている橋が現在の『新曲輪橋』です。ちょっと地図を拡大させて頂きますとこんな感じです。
shirononagoriMAPiwa (2).jpg
ここまでくれば、もう岩槻城の新曲輪、そしてお隣の鍛冶曲輪はすぐそばです。


shirononagori462 (2).jpg
新曲輪』の名を冠する橋。また、この付近の地名もかつては新曲輪町でした(現在は城町)。それらのなごりを感じさせる橋です。いいですね。

よくよく考えてみると、城好きなら普通に読めるこの『曲輪』という字、一般的には難解かもしれませんね。でも大丈夫。橋の親柱にはひらがなで刻まれています。

しんくるわはし

ということで
本日8月4日が『橋の日』ということで、最近よく行く岩槻の橋を紹介させて頂きました。拙ブログに最後までおつき合い頂き、ありがとうございました。

■訪問:新曲輪橋
[さいたま市岩槻区城町]


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10092604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]