2020年08月01日

城跡に思えた丘 岩槻太田氏ゆかりの地(知楽院)

今回の訪問は岩槻太田氏ゆかりの寺です。

<知楽院>
sn461 (2).jpg
さいたま市岩槻区城町の知楽院さんです。岩槻太田氏ゆかりの由緒あるお寺です。

<六地蔵>
shirononagori454 (3).jpg
今年はコロナで大変ですからね。私もマスクをしての訪問です。

<本堂>
shirononagori454 (7).jpg
臨済宗円覚寺派の寺院

<合城山>
shirononagori454 (2).jpg
山号は合城山

<合城山知楽院>
shirononagori461ad (3).jpg
知楽院の名は、太田資頼(すけより)の法号に由来します。資頼は知楽斎道可と号しました。あの太田道灌の孫にあたり(諸説あり)、もともとは扇谷上杉氏に仕えていましたが、小田原北条氏に寝返って岩槻城を攻め落とした実績があります。岩槻太田氏の祖ともいうべき人物ということですね。岩槻の戦国武将として名高い太田 資正(三楽斎)は資頼の次男です。

訪れて良かった

岩槻太田氏ゆかりの地を訪ねたことに満足し、岩槻城方面へ向かうことにしました。境内を出て待っていたのは坂道。振り返って撮影するとこんな感じでした。

shirononagori454 (5).jpg
知楽院は高台にあるのだなぁ

shirononagori454 (6).jpg
谷の方は何かあんのかな

sn461 (3).jpg
麓にありがちな水路か

城へ向かうのに低地へ降りた。起伏があるのは当たり前ですので、特筆するようなことではないでしょう。

ただ知楽院さんの位置や方角、そして太田資頼ゆかりの寺といった背景まで加味すると、あの丘の一帯は戦と関連ある何らかの拠点だったのではないか?という思いがこみ上げ、何度も振り返ることになりました。

shirononagori461j.jpg
台地の隅か

岩槻城の出城?を想像したのではなく、その逆です。岩槻城を攻める陣城として最適な場所だと感じました。あくまで個人的に

<岩槻城の縄張り>
shirononagoriMAPiwa (5).jpg
[出典:岩槻城址公園説明板]
蛇行する元荒川を天然堀とする岩槻城は、南側が手薄になります。知楽院さんの高台は、まさに城の南側。昔は湿地だったであろう低地を挟んで、岩槻城と対峙するのに丁度いい場所になります。

shirononagori461ad (2).jpg

太田資頼が岩槻城を攻めた時
あの高台を拠点としたのでは?

などと考えさせられました。そして、岩槻城はこの方角から攻められることを想定して、のちの時代に新曲輪と呼ばれる新たな出丸が拡張されたのではないかと。

まぁただ証拠はありません。専門家でもない城好きの会社員が、現地でそんな気がしたというだけの内容です。その程度に解釈願います。ただ、私と同じく、徐々に拡張していった岩槻城の縄張りや周辺の地形から、それはあり得るのではないかと思ってくてる人がいたら幸いです。

<知楽院入口>
shirononagori461ad (1).jpg
坂道を下った先は岩槻城。新曲輪が待っています。

■訪問:知楽院
[さいたま市岩槻区城町]


お城巡りランキング
posted by Isuke at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10083241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]