2020年07月28日

暗渠と城跡25 岩槻城大構え最南端の堀跡

つわものどもが夢の跡
街ごと堀と土塁で囲んだ岩槻城総構え。今回はその最南端の堀跡と高台の話です。

Ankyo&Shiro Iwatsuki (10).jpg

■大構え■おおがまえ
城だけでなく、城下町も含めて外周を堀や土塁で囲んだ構造のことを総構え(そうがまえ)、あるいは総曲輪(そうぐるわ)といいます。小田原が有名ですが、ここ岩槻も同じ。岩槻では大構え(おおがまえ)と呼んでいますが、意味は同じです。現地での表示を見ると『え』は不要で『大構』で良いようです。
<岩槻城の縄張り>
shirononagoriMAPiwatsukijo.jpg
shirononagoriMAPiwa (5).jpg
岩槻城址公園で撮影しました。城の北側は天然の川として、南側については、城下町を取り囲むように堀が設けられています。これが大構です。

さて
今回のご紹介はその『大構え』の最も南側に位置する堀跡です。上の図だと南側が切れてしまっているので、画像を追加します。

shirononagoriMAPiwa (7).jpg
ここが大構えの最南端の堀。堀は既に埋められて存在していませんが、すぐ上(北)の富士浅間神社を目印に、位置を確認することはできます。

<富士浅間神社>ふじせんげんじんじゃ
Ankyo&Shiro Iwatsuki (11).jpg

Ankyo&Shiro Iwatsuki (7).jpg
Ankyo&Shiro Iwatsuki (3).jpg
Ankyo&Shiro Iwatsuki (8).jpg
岩槻太田氏ゆかりの神社です。社殿は1991年に再建されたものです。

Ankyo&Shiro Iwatsuki (6).jpg
説明によれば、当神社は岩槻城主の太田氏が、城下で最も標高の高い当地に冨士山頂から神霊を勧請したことに始まるようです。

そもそもこの付近一帯が台地の上に位置しています。更に高台にある富士浅間神社の境内が、城下最高峰ということですね。

そして
地図にも記されていた通り、富士浅間神社の南側が大構えの堀です

Ankyo&Shiro Iwatsuki (9)p.jpg
こちらがかつての堀の現在の姿です。右手の斜面が富士浅間神社です。

すっかり埋められていますね。蓋をされた水路だけが、かつて水堀だったなごりをそれとなく留めています。大構の堀の内側は基本的には土塁。この地点においては、富士浅間神社が鎮座する城下最高峰の丘がその役割を担っていたのでしょう。岩槻城大構えの最南端にして、最も高い土の壁が立ちはだかった場所ということですね。

Ankyo&Shiro Iwatsuki (13).jpg
地図で堀がカーブしている地点

Ankyo&Shiro Iwatsuki (12).jpg
その先はしばらく直線だったわけですね

以上
岩槻城大構えの最南端の堀跡でした。岩槻を散策してみたいという人の参考になれば嬉しいです。

■訪問:富士浅間神社
[さいたま市岩槻区府内]


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10072841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]