2020年04月28日

上州のおんな城主・妙印尼輝子(新田金山城)

つわものどもが夢の跡
今回は名城を舞台に活躍したおんな城主の話です
<新田金山城>にったかなやまじょう
kanayamajo sn424.jpg
こちらは群馬県太田市の金山城。関東七名城のひとつに数えられる山城です。

■妙印尼輝子■みょういんにてるこ
この方は金山城を拠点とする由良家当主・成繁の正室です。由良家に嫁ぎ、のちに当主となる由良国繁、足利長尾氏の家督を継ぐことになる顕長らを生み、夫の死後に出家して妙印尼を名乗りました。諸説ありますが、妙印尼は館林城主の赤井氏の出と推定されています。そうすると、元の名は赤井輝子ということになりますかね。

<物見台>ものみだい
shirononagori413  (11).jpg
外敵を見張るために設ける土台

妙印尼の嫁ぎ先である由良家は、もともとは金山城を築いた岩松家の家臣という立場でした。詳細は省略しますが、下克上により金山城城主となります。戦国の世に突入すると、関東の多くの武将がそうであるように、上杉・武田・北条の巨大勢力に翻弄され続けます。しかし、由良家は堅城・金山城を拠点に巧みに生き残り、着実に地元での勢力を拡大。やがては現在の群馬県東部の覇者にまで昇りつめます。

■関東覇者との対立■
戦国時代も末期をむかえると、それまで有力武将がしのぎを削ってきた関東は、ほぼ小田原の北条家が支配するところとなっていました。第5代当主となった北条氏直は、常陸の佐竹を攻めることを口実に、金山城の借用という無理難題を由良家に突き付けます。この時、当主の由良国繁と弟の長尾顕長、つまり妙印尼の息子二人は、氏直の要請で小田原城に赴いたまま実質幽閉されてしまいます。これでは、もはや打つ手がありませんね。

由良家の家臣団は、北条家に対し当主らの変換を求めます。これに対し、北条側は北条氏邦・氏照が兵を率いて城主不在の金山城を攻撃することとなりました。

北条家屈指のつわものが率いる軍勢です。状況からして、由良家はもう万事休すという感じですね。

<堀切>ほりきり
shirononagori413  (3).jpg
山の斜面を削って設ける堀

しかし
当主の母である妙印尼は、残った家臣たちを指揮して籠城戦にもちこみます。リーダー不在で強敵を前にした者たちを束ねるには、それ相応の統率力が必要です。妙印尼はこれをやってのけ、更には北条家と対立する常陸の佐竹義重(18代当主)と連携し、関東の覇者に立ち向かいました実質的な城主ですね。

妙印尼輝子
この時すでに71歳です

凄いとしか言いようがありません。戦国時代屈指のおんな城主ではありませんか。

交渉の結果、同年和議が成立。由良家は当主の解放と引き換えに堅城・金山城を北条側に明け渡し、桐生城に移ることとなりました。まぁ最後は開城したわけですが、滅ぼされず和議まで持ち込んだだけでも大仕事と言えるのではないでしょうか。

<大手虎口>おおて・こぐち
shirononagori413  (17).jpg
大手は城の正面・虎口は入り口の意味

■秀吉の北条征伐■
1590年、豊臣秀吉が大軍を率いて北条征伐に乗り出します。この時、妙印尼の息子二人(由良国繁・長尾顕長)は北条方として小田原城に籠城しました。妙印尼は息子に代わって桐生城を守っていましたが、前田利家を通じて降伏そして孫である由良貞繁(当主の息子)を大将として、北条配下の 松井田城を攻めるいわゆる北国軍(前田利家や上杉景勝らの連合軍)に参陣します。つまり豊臣軍の一員として戦ったわけですね。これが秀吉に認められ、小田原征伐の戦後処理において、常陸牛久に5400石を与えられています。

当主が北条に味方していながら
由良家の存続に成功

当主の母として、元当主の妻として、大役を果たしたわけですね。ちなみに、この時既に76歳でした。妙印尼は移住先の牛久にて81歳で没します。当時の81歳ですから大往生ですね。

■つわものどもが夢の跡■
<城内の大ケヤキ>
shirononagori413add (3).jpg
推定樹齢が800 年の大木

北条軍を相手に金山城で籠城戦を指揮した妙印尼輝子。同じ時代に、石田三成が率いる軍勢による水攻めに耐えた忍城のなかに、妙印尼輝子の孫娘がいました。『のぼうの城』でも大きく取り上げられた甲斐姫です。母が妙印尼の娘、父は忍城城主の成田氏長です。のちに秀吉の側室となる甲斐姫は、美貌だけでなく、武芸にも秀でていたそうです。

上州の女は強いですね

そう言い切ってしまうと怒られそうですが、私の妻も群馬の女ですのでお許し下さい。

<金山の遠景>
shirononagori413add (2).JPG
関東平野を見下ろせる群馬の山

■画像:金山城
[群馬県太田市金山町]

金山城のご紹介は↓こちらになります
→『記事へ進む


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[関東]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9819605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  2. 2. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  3. 3. 岡崎城のなごり
  4. 4. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  5. 5. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 浜松城のなごり 家康が17年間居城とした城
  8. 8. 鳥居元忠を祀る神社(壬生町)精忠神社
  9. 9. 久地円筒分水と溝口暗渠散歩(川崎市)
  10. 10. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  11. 11. 山上道及と唐沢山城
  12. 12. 高天神城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]