2019年09月08日

家老大石家のなごり(笠間市)大石邸跡

赤穂転封の前は笠間藩主だった浅野家。その家老として知られる大石家の屋敷跡を訪ねました。
<大石邸跡>
shirononagori366 (1).JPG
ここは茨城県笠間市。家老だった大石良欽(よしたか)の屋敷跡です。
銅像は孫にあたる良雄。つまり忠臣蔵大石内蔵助です。まぁ内蔵助本人は赤穂の生れなのですが、四十七士の中には、笠間藩の出身者が3人も含まれています。これだけでも、ここ笠間の地が赤穂浪士と関係が深いことが伝わってきますね。

浅野家は笠間藩以外に真岡藩(栃木県)・真壁藩(茨城県)も治めています。赤穂浪士のうち、赤穂出身は半分程度で、実は次に多いのは北関東出身の武士たちなのです。

<入口付近>
shirononagori366 (3).JPG
綺麗に整備されています。声をかけて頂いた地元の方によると、ちょっと前までは石碑のみだったとのこと。まだ新しいのですね。
<敷地内>
shirononagori366 (6).JPG
屋敷の遺構らしきものは確認できず。雰囲気だけ味わいました。

<石碑と説明板>
shirononagori366 (5).JPG
大石内蔵助良雄の曾祖父・良勝と祖父・良欽が住んでいた屋敷跡という説明がなされています。

<詳細な説明板>
shirononagori366 (4).JPG
こちらには浅野家・大石家と笠間市の関係が詳しく説明されています。大石家は真岡藩時代に浅野家に仕えて、やがて家老職を務める家となりました。ここ笠間市と赤穂市は姉妹都市を提携という説明もありました。両市は浅野家で繋がっているわけですね。ちなみに、赤穂浪士が吉良邸討入って主君・浅野内匠頭の本懐を遂げるのは、浅野家が笠間の地を去ってから57年後の事です。

ということで
笠間藩時代の大石家のなごりのご紹介でした。当ブログがきっかけで、赤穂浪士と関東武士が繋がっていることを知ってもらえたら嬉しいです。

<大石邸跡>
shirononagori366 (2).JPG
現地へ行かれる方は、笠間日動美術館入口のすぐ近くと思って頂ければ迷うこともありません。

■訪問:大石邸跡
[茨城県笠間市笠間]995


お城巡りランキング

posted by Isuke at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[関東]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9170937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  2. 2. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  3. 3. 群馬県庁の土塁 前橋城のなごり
  4. 4. 豊島一族の城跡(練馬城)
  5. 5. 笠間城のなごり
  6. 6. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
  7. 7. 外濠さんぽ 四谷見附から赤坂見附
  8. 8. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  9. 9. 山上道及と唐沢山城
  10. 10. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  11. 11. 東北屈指の名城 会津の若松城
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]