2019年08月17日

最年少の将軍・徳川家継のなごり 旧有章院霊廟二天門

今回は日比谷通りから見える重要文化家財のご紹介です。徳川将軍家ゆかりの門です。

<旧有章院霊廟二天門>
shirononagori362 (2).JPG

■有章院霊廟■ゆうしょういんれいびょう
まず有章院ですが、これは将軍・徳川家継の院号です。家継?でピンとこない方でも、幼くして就任した将軍の話は聞いた事があるかもしれませんね。それが第7代将軍・家継です。第6代将軍・徳川家宣の四男ですが、兄弟はみな体が弱く早世し、その結果僅か4歳で将軍となりました(1713年)。新井白石などから教育を受け、将来を期待されましたが、風邪を悪化させて病の床に臥し、そのまま亡くなりました(1716年)。在位は3年でした。

<三つ葉葵>
shirononagori362 (6).JPG

家継の霊廟は、第8代将軍の徳川吉宗により1717年に建立されました。日光の東照宮を意識した豪華なものだったそうです。しかし、1945年の空襲により、当時国宝だった霊廟は大半が焼失。霊廟の表門が焼失を免れ、現在は東京プリンスホテルの敷地内に佇んでいます。国指定重要文化財です。土葬されていた家継の遺体は、増上寺内の徳川将軍墓所に移されています。15人の将軍のうち6名。家継の他に秀忠(2代)・家宣(6代)・家重(9代)・家慶(12代)・家茂(14代)がこの墓所で眠っています。

shirononagori362 (4).JPG

実はこの立派な門、修繕が終わったばかりなのです。修繕前は、朱塗りや金箔が剥げ落ち、やや痛々しいが漂う門でした。保存修理工事を大成建設が請け負うことになり、それ以降は長らく工事用のベールに包まれ、中を伺うことはできませんでした。

それが先月一部が見えるように
<2019年7月撮影>
shirononagori362 (10).JPG
作業現場を囲む壁はそのままですが、覆いが外されていました。いよいよかという期待を持ちながらも、その後なかなか明るいうちに訪問することができず、ようやくその全容を確認することができました。

<2019年8月撮影>
shirononagori362 (5).JPG
二天門、 つまり左右一対の天を安置した門です。この門の場合、多聞天と広目天。

<多聞天>たもんてん
shirononagori362 (9).JPG
右側が多聞天。北方を守る神です。別名の毘沙門天の方がよく知られていますかね。

<広目天>こうもくてん
shirononagori362 (8).JPG
左側は広目天。西方を守る神です。

この二神と増長天(南方を守る神)、持国天(東方を守る神)で、いわゆる四天王ですね。

かつての家継(有章院)の霊廟は、父であり6代将軍である家宣の文照院霊廟と並んでいたそうです。焼けてしまった文照院の門には、増長天と持国天の像が置かれていました。

ということで
改修工事が終わったばかりの旧有章院霊廟二天門のご紹介でした。当ブログがきっかけで、足を止めてくれる人がいたら嬉しいです。

shirononagori362 (7).JPG

■訪問:
旧有章院霊廟二天門

[東京都港区芝公園]3



お城巡りランキング

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9085718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  3. 3. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  4. 4. 難航不落 金山城のなごり
  5. 5. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
  6. 6. 豊島一族の城跡 練馬城
  7. 7. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  8. 8. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  9. 9. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]