2019年06月06日

関ヶ原に来ました!品川区の (島津家抱屋敷跡)

大井町駅の南側を散策中にこんな公園と出会いました。

<関ヶ原公園>
shirononagori341 (3).JPG
関ヶ原!いわゆる関ヶ原と関係あるのでは?

戦国武将好きとしては、どうしても期待してしまいます。ここは現在の住所だと東大井六丁目。かつては大井関ヶ原町と呼ばれていました。公園の名はそのなごりですね。

説明板を見つけました。もしかしたら、地名の由来が分かるかもしれません。

<説明書き>
shirononagori341 (5).JPG
地名の由来については特に記載がないようです。残念。じゃ何が書かれているのか?

どうもここ関ヶ原一帯は、かつては島津家の屋敷だったようです。関ヶ原、そして島津家。なおさら由来が気になります。天下分け目の戦いで西軍に与しながら、お家断絶どころか減封もなかった島津家。何かの縁を感じずにはいられません。

関係ないよ!

はい。ほぼ関係ないと思います。ただ、関ヶ原の戦い後の「奇跡」ともいうべき島津家の生き残り。どうしても妄想したくなります。

<説明板>
shirononagori341 (4).JPG
会社員ブログとはいえ、こんな内容で終わると訪問頂いた方に申し訳ないので、品川区教育委員会さんのちゃんとした説明書きを一部抜粋させて頂きます。『』内が転記です。

『この付近より東海道線を越えた地域を含む広大な地は、鹿児島藩島津家の抱屋敷(万治2年(1658)買得)および抱地(天保3年(1832)取得)であった。敷地は約1万8千坪に及ぶ。安政3年(1856)当時、藩主島津斉彬の父で前藩主の斉興(松平大隅守)がこの抱屋敷で隠居生活を送っていたため、絵図上では「松平大隅守」と表記されている場合がある。』
とのこと。後半省略しています。

あの島津斉彬(なりあきら)のお父様が隠居生活を送った屋敷ということですね。抱屋敷?これは「かかえやしき」と読みます。いろんな意味がありますが、ここでは幕府から公給されるのとは別に、自費で調達した屋敷のこととお考え下さい。抱地も同様の意味で良いかと。

島津家の上屋敷は現在の三田にありましたので、江戸城からみて更に郊外に自費で設けた屋敷、いわば別荘のような屋敷だったのかもしれません。

<公園沿いの道>
shirononagori341 (6).JPG
これは関ヶ原公園沿いの道。ただの道ではなく、かつての川跡です。川は地下に埋設されており、その流れを見ることはできません。いわゆる暗渠(あんきょ)ですね。立会川の暗渠です。

斉彬の父・斉興は、藩政改革に取り組んで成果を上げた藩主。幕府とのかけひきや息子・斉彬との確執やら、とにかく波乱万丈の人生でしたが、この地で暮らした頃はどんな心境だったのでしょうか。

いまとは異なり、きっとのどかな景色が広がっていたのでしょう。もしかしたら、さらさらと流れる立会川に、心を癒されるなんてこともあったかもしれませんね。

<立会川の暗渠>
shirononagori341 (7).JPG
そんなことを勝手に想像しながらてくてくと。目黒区から流れてきたこの川の水は、東京湾へと注ぎ込みます。特に行く先も決めていないので、蛇行する水の流れを追って川下へと向かうことにしました。

■訪問
関ヶ原公園
[東京都品川区東大井] 6丁目



お城巡りランキング

タグ:暗渠
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8867428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  2. 2. 早雲生涯の居城 韮山城のなごり
  3. 3. 伊達家上屋敷跡 政宗終焉の地
  4. 4. 関東一の山城 唐沢山城
  5. 5. 北の関ヶ原・激戦の山城 長谷堂城
  6. 6. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  7. 7. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  8. 8. 刑場近くの橋のなごり 泪橋と思川
  9. 9. 起死回生の奇襲劇 河越夜戦跡(東明寺)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isuke 2020さんの画像
Isuke 2020
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、ててくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]