2019年05月26日

新河岸川沿いの寺尾城比定地(川越市)

つわものどもが夢の跡
小田原北条氏家臣の城跡と言われる場所を訪ねました。

<寺尾城比定地>
shirononagori338 (7).JPG
訪問は新河岸川沿いの日枝神社(川越市)です。

■あくまで比定地■
かつてこの付近に北条氏の家臣・諏訪右馬亮(うまのすけ)の守る寺尾城があったという説があります。ご紹介の前に言っておきますが、それ自体が定かではなく、それらしい遺構もありません。そんな内容で良ければお付き合いください。

<目的地>
shirononagori338 (2).JPG
こちらが今回の目的地と定めた日枝神社です。左手に見えているのは新河岸川。ここは旭橋の近くの高台です。

<日枝神社>
shirononagori338 (3).JPG
shirononagori338 (4).JPG
創建は明らかではありませんが風格が漂います。

<斜面>
shirononagori338 (6).JPG
こういった高低差は人の手によるものでしょうか?それなら城の遺構と言えますが、定かではありません。

<高低差>
shirononagori338 (5).JPG
日枝神社を低い位置から撮影。まぁこんな感じです。周辺を見て歩きましたが、この付近だとやはりこの日枝神社周辺を主郭、あるいは物見とするのが妥当と思われます。

<新河岸川>
shirononagori337 (4).JPG
寺尾城跡と思われる高台はこの画像の右手の森です。見晴らしの良い低地沿いの高台に築かれた城ということになりますね。

■謎多き川越の寺尾城■
寺尾城の主とされる諏訪右馬亮は、河越夜戦の際に、北条家臣として上杉方との折衝に当ったと「北条記」に記されているそうです。今回訪問の地がその拠点だとすれば、川越城の南側の出城のような役割を担っていたのかもしれません。そうだとしたら、北条氏の戦略上とても重要な城だったことになりますね。

ただ、この地が寺尾城だと言い切るには根拠は乏しく、更には寺尾城の存在そのものもはっきりとはしていないそうです。だとしたら、これはもう「そうだったら面白いのになぁ〜」という想像で楽しむしかありません。

ということで
今回はあくまで比定地を訪ねてみたという内容でした。拙ブログ、最後までお付き合い頂きありがとうございます。

-------■ 寺 尾 城 ■-------
別 名:諏訪右馬亮居城
築城年:不明
築城者:諏訪右馬亮?
城 主:諏訪右馬亮?
[埼玉県川越市寺尾]
posted by Isuke at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
じゃんさん
コメントありがとうございます。雰囲気のある神社ですよね。落ち着くので、少し休憩させて頂きました。あと、緩やかなカーブとか、そういった想像は私も良くします。それも楽しみなので。氷川神社も行きましたが、ちょっと高台になっていて、こっちの方が城跡っぽいなと、勝手に想像して楽しんでます。

Posted by Isuke at 2019年05月31日 22:14
今晩は。勤め先の上福岡から自宅のある川越まで、ランニングして帰る事があるのですが、その時、この日枝神社の前を走ります。何というか、お気に入りと言いますか、ここから少し北にある氷川神社と合わせて、タダならぬ雰囲気が好きです。そうでしたか、城跡の可能祭があったとは…実に面白いですね。個人的には、道路の曲がり角の具合が気になってました。カクっと曲がらないで、緩やかにカーブするような…。根拠は無いのですが。失礼致しました。
Posted by じゃん at 2019年05月30日 01:47
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8837867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 永田陣屋 伊奈忠次が築いた陣屋跡
  3. 3. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  4. 4. 上州のおんな城主・妙印尼輝子(新田金山城)
  5. 5. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
  6. 6. 難航不落 金山城のなごり
  7. 7. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  8. 8. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  9. 9. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]