2019年04月30日

平成から令和へ 

本日は平成31年4月30日。平成最後の日です。新元号「令和」が 発表された日、私は仕事の関係で赤坂見附にいました。

<平成31年4月1日の赤坂見附付近>
Isuke2020H310401.jpg
桜が満開でした。手前は江戸城の外濠『弁慶濠』です。奥の石垣が赤坂見附。その向こう側はかつての『溜池』になります。予定より早く到着したため、しばしこの眺めに見惚れていました。

<つわものどもが夢の跡>
Isuke2020H310401c.JPG
江戸城三十六見附の一つ「赤坂見附」のなごりです。現在は石垣のみ。工事は黒田家が担当しました。黒田官兵衛の孫の代のお仕事です。

<和食>
Isuke2020H310401B.jpg
外出先での用事は昼前には終了。昼休みも兼ねて昼食をとっている最中に、携帯のニュースで新年号を知りました。

令和か・・・

なんとなく不思議な気分のまま、帰路に日枝神社へ立ち寄り

<日枝神社>
shirononagori323 (2).JPG
新しい時代に何を願うでもなく手を合わせ

<つわものどもが夢の跡>
shirononagori323 (7).JPG
土塁跡とされる場所を確認し

会社へ戻りました。

正直、この時は実感が湧きませんでした。しかし約ひと月が経過し、令和という響きにも慣れ、いよいよ今日で平成も終わるかと思うと、何やら感慨深いものがあります。

天皇退位に伴う改元。今回のことで、退位される今上天皇の在位は、歴代で10番目に長いということを知りました。どうしても比較してしまう昭和天皇は62年、これは歴代1位で特筆して長いということになります。2位は昭和天皇の45年6カ月で、こちらも群を抜いて長い在位だったことになります。また、生前の退位は珍しいことではなく、125代のうち58人とのこと。このような歴史と無関係ではないブログをやっているわりに「自分は何も知らないなぁ」と実感させられました。


<平成31年4月30日の散歩>
Isuke2020H310430B.JPG
平成最後の日、さいたま市は朝から雨でした。遠出はせず、旧浦和市民にとって憩いの場所である「別所沼公園」を散歩。

本日で終わる平成がどんな時代だったのか。いろんな評論があろうかと思いますが、それは各々が各々の立場で受け入れ、決めて良いことかと思います。明日から始まる令和という時代への期待についても、同じことが言えると思います。ただどうであれ、「昔は良かった」と感じる人より、「昔よりいい」あるいは「昔よりマシ」と感じる人の方が多くなることを願っています。当然ながら私本人も、「昔よりいい」と思えるようになりますように。

<弁天島>
Isuke2020H310430.jpg
祀られている弁財天に手を合わせて、公園をあとにしました。

ということで
拙ブログはまだまだ続けていくつもりですので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


お城巡りランキング

posted by Isuke at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8767472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 難航不落 金山城のなごり
  2. 2. 武士たちから始まる茶畑
  3. 3. 山上道及と唐沢山城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  7. 7. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  8. 8. 消えた見沼の浮き城 寿能城
  9. 9. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]