2019年01月19日

駅で味わえる江戸城外堀のなごり (虎ノ門駅)

今回は地下鉄の駅で気軽に江戸城の石垣に触れられる展示室のお話です。
<地下展示室から見る石垣>
shirononagori306 (10).JPG


■江戸城外堀跡地下展示室■
<虎ノ門駅>
shirononagori306 (1).JPG
地下鉄の出口はたくさんありますが、展示室は11番出口付近。エスカレーター手前の左側の壁に、こんな表示がしてありますのですぐに分かります。

<江戸城外堀跡 地下展示室>
shirononagori306 (3).JPG
短い階段を上った半地下のような位置に、個室状の展示室があります。あまり人がいないので「ここ入っていいのかな」などと思う方もいるのでは?いいんです。是非立ち寄って下さい。もちろん無料です。展示室奥の正面には石垣が見えています。

<石垣の説明>
shirononagori306 (7).JPG
説明パネルが充実しています。こちらは石垣の断面の説明です。

説明の冒頭だけご紹介します
『正面の石垣は虎ノ門から続く江戸城外堀の一部です。この石垣は寛永3年(1636)に築かれたものですが部分的に不揃いな積み方があることから数度改修されたと考えられています。』なるほどです。

<室内から見た石垣>
shirononagori306 (6).JPG
更に説明文によれば、ここからの眺めは水堀の水面の高さからの眺めのようです。展示室を半地下に設けたのはこれが狙いだったのでしょうか。面白い設定です。

<矢穴と刻印の説明>
shirononagori306 (8).JPG
説明文をまた抜粋すると『石垣表面には石を割った矢穴や大名を示す刻印が見られます。』とのこと。矢穴は石を割る時に彫る穴のこと。くさびを打ち込んで石を割って加工します。刻印の目的は、作業の過程で石の所有者を明らかにしておくためという説が有力ですが、あまりはっきりとはしていません。ただ結果として、刻印が工事を請け負った大名によって違うという楽しみ方ができますね。

<刻印の実物>
shirononagori306 (9).JPG
あれですね。矢筈(やはず)の刻印

<他パネルいろいろ>
shirononagori306 (2).JPG
ちょっと言い訳ですが、光の関係で携帯カメラだと上手く撮れませんでした。雰囲気だけでも

<江戸城外堀普請と虎ノ門>
shirononagori306 (4).JPG
現在の虎の門交差点付近がいわゆる虎ノ門見附(虎御門)だったのですね。

<普請分担>
shirononagori306 (13).JPG
展示室付近の石垣の工事は毛利高直(豊後国佐伯藩)ということですね。先ほどの『矢筈』の刻印も佐伯藩毛利家のものとされています。ただ、工事の分担の厳密な境がわからないので、その下の池田長常(備中松山藩)による工事が混じっていても私にはわかりません。

<江戸城外堀りと現代の東京>
shirononagori306 (5).JPG
内側の堀が目立ちますがここは外堀です。外側の水色の線です。

<明治の写真>
shirononagori306 (12).JPG
虎ノ門見附は「江戸城三十六見附」の一つ。赤坂見附や四谷見附などと同様、江戸城の重要な出入り口です。それらは見張り番が配置された門であることから、見附と呼ばれていました。右側が虎ノ門見附の写真です。構造は高麗門と 渡櫓門からなるいわゆる桝形だったようです。明治7年取り壊されました。そして堀も埋められました。


他に石垣の技術に関する説明もあり、なるほどと感心させられました。具体的には『高石垣を安定させるため上へ行くほど急勾配になるよう反りを入れた』といったことなど。そして心に染みたのは『こうした技術は経験則から培われた』ということですかね。


<石垣(外から撮影)>
shirononagori306 (14).JPG
先ほどの石垣は、地下鉄の出口から地上に出たところからも見学できます。下のスペースの左手が展示室の設けられている場所ですね。そしてあの付近が水面ということです。納得しました。

ということで
地下鉄の駅で味わえる『江戸城外堀のなごり』でした。現地のパネルによる説明はとても丁寧です。私がご紹介したのはほんの一部。虎ノ門駅をご利用の際は、是非立ち寄ってご自身の目で確認してみて下さい。11番出口です。

<展示室入口付近の石>
shirononagori306 (11).JPG

■訪問
銀座線:虎ノ門駅
『江戸城外堀跡地下展示室』
[千代田区霞が関]3丁目



お城巡りランキング

posted by Isuke at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8485839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]