2019年01月02日

静勝寺の太田道灌堂 (稲付城跡)

つわものどもが夢の跡
太田道灌が築城した伝わる東京都北区の稲付城。現在は静勝寺となっています。今回はその境内にある太田道灌堂の話です。

<太田道灌堂>
shirononagori296 (3).JPG
太田道灌の坐像が納められています。


■稲付城■いねつけじょう
<稲付城跡>
shirononagori296 (1).JPG
この城跡については、当ブログでも何度かご紹介させて頂いております。赤羽駅から近いため、埼玉県民の私にとっては気軽に訪問しやすい城跡。山城です。

<説明板>
shirononagori296 (9).JPG
道灌築城と伝わります。同じく道灌築城の江戸城、そして岩槻城を中継基地として機能したと考えられています。


■静勝寺■じょうしょうじ
かつての城の本丸部分は現在静勝寺となっています。

<山門>
shirononagori296 (2).JPG
階段を登りきった所。北側の山門です(山門はもう一か所あります)。

<本堂>
shirononagori296 (8).JPG
他に弁天堂や観音堂などなど。立派なお寺ですが、話を道灌堂に絞らせて頂きます。


■太田道灌堂■

<太田道灌堂>
shirononagori296 (6).JPG
ここへは何度も来ています。しかし、扉が開いているのは初めて。道灌の命日にちなみ、毎月26日に扉開されるという話は聞いていたのですが、なかなかそういう日に訪問できず。今回は三が日ということで特別なのでしょうか。

<太田道灌の坐像>
shirononagori296 (4).JPG
初めて見る道灌像。良く見ると、道灌は頭を丸めた上に仏具を手にしています。私が勝手に思っている武将・道灌とは、ちょっとイメージが違いますね。まぁそもそも、道灌は太田資長(すけなが)の法名。厳密に言えば出家したあとの呼び名です。これが「道灌」らしいのかもしれません。いずれにしても貴重な木造。お目にかかれて嬉しかったですね。

<説明板>
shirononagori296 (5).JPG
一部だけ抜粋します。
『像は、道灌が没してから二百年以上も後に像立されたものでありますが、その風貌を伝える唯一の木造として大変に貴重で、平成元年 1月に北区の指定有形文化財に指定されました。』


■道灌ゆかりの静勝寺■
道灌の死後、孫の資高とその子である康資がこの地に館を築いていたと伝わります。廃城後、城跡に道灌を弔う堂が建立されて道灌寺となったことが、静勝寺のはじまりとされています。正式名は自得山(じとくざん)静勝寺。太田道灌とその父・道真(資清)の戒名によりそう改められました。

道真:自得院殿実慶道真庵主
道灌:香月院殿春苑静勝道灌大居士

『自得』は父、『静勝』は道灌です。

<静勝寺>
shirononagori296 (7).JPG
道灌寺という意味ですね

■訪問
自得山静勝寺
[北区赤羽西]1-21-17


お城巡りランキング
タグ:太田道灌
posted by Isuke at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8437646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 外濠さんぽ 四谷見附から赤坂見附
  3. 3. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  4. 4. 山上道及と唐沢山城
  5. 5. 多功城のなごり 宇都宮一族の城跡
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 東北屈指の名城 会津の若松城
  8. 8. 群馬県庁の土塁 前橋城のなごり
  9. 9. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]