2017年02月19日

筑西市の三館 (下館・中館・上館)

三つの館跡。最後に上館を目指して北上します。

その前に、もう一度中館(伊佐城跡)付近の五行川。下館・中館・上館は全てこの川の西岸に位置します。別名『勤行川(ごんぎょうがわ)』。伊達藩が伊佐城を調査した時の記録では勤行川と記されているそうです。

<五行川>勤行川
river1655.jpg
東の彼方には筑波山。ここ筑西市の名の由来ですね。

さて、歩き疲れたので電車を利用しますかね。

<真岡鐵道>
mokatetsudo 1.jpg
下館駅(茨城県)と茂木駅(栃木県)を結ぶ第三セクターの鉄道。土日祝日にはSLが1日1往復運行します。私は普通の電車にて移動。

<ひぐち駅>
mokatetsudo 2.jpg
無人駅です。城の住所だとここが最寄駅かと思いましたが、次の駅で降ります。

<久下田駅>
到着しました。
mokatetsudo3.JPG
改札がありますが、今はここも無人駅です。車内で清算します。
mokatetsudo4.jpg
ここから歩きます。


久下田(くげた)というのは栃木県の地名。

駅はちょうど県境にあり、西(駅舎正面)は栃木県、東側は線路を越えてすぐに茨城県になります。形としては「茨城にある久下田城」を目指すことに・・・。紛らわしいですが、まぁ東京ディズニーランドを目指して千葉県に行くのと感覚はいっしょですかね。

<水路になった堀>
mokatetsudokarakamidate 2.jpg
歩き出して間もなく、それらしい雰囲気。そもそも、先ほどの駅を出てすぐの堀状の地形も、城のなごりではないかと思いたくなる鋭角なものでした。

再び気持ちが高揚してきます。

三つの館のうち上館にあたるこの地には、のちに下館城の北方を守る支城が築かれました。その城は広範囲に及んでいたらしく、もしかしたら、もうとっくに城内に足を踏み入れているのかもしれません。

<本丸>
mokatetsudokarakamidate 3.jpg
こんな所を歩いていいのかな?などと思って進んでいくと、突然目の前にゴールが。ここが主郭の入口になります。周囲には堀がはっきりと残されています。冬の訪問ですが、草が凄いことに・・・

こういう「放っとかれた城跡」は基本的に好きです。

つわものどもが夢の跡
それを感じることができるから・・・

ただ中をのぞいて一瞬躊躇。「荒城」という言葉を久しぶりに思い出しました。

(次の記事へつづきます)

[茨城県筑西市樋口]
※久下田駅から徒歩10分強
(あまり寄り道しない場合)


お城巡りランキング
タグ:城のなごり
posted by Isuke at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[関東]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5961375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  2. 2. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  3. 3. 岡崎城のなごり
  4. 4. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
  5. 5. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 浜松城のなごり 家康が17年間居城とした城
  8. 8. 鳥居元忠を祀る神社(壬生町)精忠神社
  9. 9. 久地円筒分水と溝口暗渠散歩(川崎市)
  10. 10. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  11. 11. 山上道及と唐沢山城
  12. 12. 高天神城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]

クルマで行く山城さんぽ100 絶対インスタにアップしたい「絶対見たい名城」30選 (CARTOP MOOK ACTIVE LIFE 009)

[当サイトお勧め本]

図説・戦う城の科学 古代山城から近世城郭まで軍事要塞たる城の構造と攻防 (サイエンス・アイ新書) [ 萩原さちこ ]

小説上杉鷹山 (集英社文庫) [ 童門冬二 ]