2018年11月03日

越ヶ谷御殿跡 / 暗渠と城跡19 川の立体交差地点

つわものどもが夢の跡
埼玉県の越谷市に用事があったついでに、以前から気になっていた場所を訪ねました。

越ヶ谷御殿跡

■御殿跡■
<石碑>
shirononagori282 (5).JPG
越谷市御殿町の元荒川沿いに設置されている石碑です。

<説明板>
shirononagori282 (6).JPG
ちょっと画像が悪く申し訳ございません。

越ヶ谷御殿は徳川家康によって設けられた御殿です。御殿とは、まぁ簡単に言えば将軍の別荘のようなもの。江戸近郊に出かけた際に利用する将軍家用の施設のことですね。越谷市には御殿町という住所が存在しますが、その全域が家康の御殿だったのではないかと考えられています。建造物に関する詳細は不確かながら、家康のみならず、二代将軍となった秀忠もこの地に宿泊し、鷹狩をしていた記録が残されているようです。

当時の移動手段を考えると、江戸から結構な距離だと思うんですがね。わざわざ来たんですね。どっかの会社の話ではありませんが、役職が上過ぎて暇だった?

いやいや、確かに鷹狩りもしましたが、領内の民情視察なども兼ねてあちこち行っていたようです。200年以上も続く幕府の基盤を造った人たちですから、かなり真剣だったのではないでしょうか。家康は江戸から始まる街道の整備にも力を入れました。ここ越谷は奥州街道の宿場となったことで、江戸時代を通して重要な場所となったわけですね。


■将軍家のなごり■
<久伊豆神社>
shirononagori282AD2 (1).JPG
越ヶ谷御殿跡からすぐ近くの久伊豆神社です。神社の紋は立ち葵(たちあおい)です。将軍家の御殿があったことから、葵紋の使用が特別に認められたとされています。この地が徳川将軍家と深い関係だったことの証ですね。

<長い参道>
shirononagori282AD2 (2).JPG
越谷の総鎮守とされている立派な神社です。見どころ沢山ですが、当ブログではこのくらいに。

<参道入口>
shirononagori282 (2).JPG
住所は越谷市越ヶ谷1700。越ヶ谷御殿跡からみて元荒川の対岸になります。


■御殿の解体■
将軍も宿泊する壮大な御殿が築かれたのが1604年。それから50年以上後の話になりますが、江戸の大火(1657年:明暦の大火)により江戸城が焼失した時、越谷の御殿は解体され、城の再建に利用されました。二の丸に移され、将軍の仮殿になったと伝わります。宿場町越谷の繁栄は続きますが、将軍の御殿はここで幕引きとなったわけですね。そして今では、地名と石碑が残るのみとなっています。

shirononagori282 (4).JPG

-------■越ヶ谷御殿■-------
建設年:1604年
解体年:1657年
[埼玉県越谷市御殿町]

ここで一旦終わります。


お城巡りランキング


暗渠と城跡

■川の立体交差地点■
以下はちょっとマニアックです。城跡好きですが、水路好きでもある者のヘンなこだわりですが、100人に1人でも共感頂けたら幸いです。

ご紹介させて頂いた『越ヶ谷御殿跡』の石碑、ちょっと変わったところに設置されていませんかね?

<石碑を後ろから撮影>
shirononagori282 (1).JPG
下は水路になっています。しかもこの水路、ここから地中に隠れます。つまり暗渠となっています。

暗渠
これは「あんきょ」と読みます。地下に埋設された川や水路という意味と思って下さい。

<元荒川>
shirononagori282AD.JPG
水路の行く手には元荒川が流れています。ということは、地中からどかでこの川に合流するのでしょうか?方角的には、そう思うのが自然ですよね。しかし実際は違います。

なんとこの水路
元荒川の川底より下を通過します。つまり、川と用水路が立体交差して交わらないようになっているのです。

越谷市によれば
『葛西用水は「瓦曽根溜井」と称され、江戸時代から川をせき止め、かんがい用水と
して利用されてきた。現在のように元荒川と分離されるまで、大沢の地蔵橋先の御殿町で元荒川と合流していた。』
[出典元:広報こしがやお知らせ版 平成29年(2017年)12月号]
とあります。この続きを私なりに要約すると、もともと豊かで綺麗だった水路の水は、昭和30年代の都市化により水質が悪化し、対策として用水の分離工事が施されたようです。

<葛西用水>
shirononagori282 (3).JPG
葛西用水の別名は逆川(さかさがわ)。この逆川をこの地点で元荒川の下を伏越樋管(ふせごしひかん)でくぐらせます。水が立体交差するわけですね。御殿町から柳町までの新な水路としました。今回ご紹介はこの地点だけですが、逆川には水が立体交差する場所がもう一か所あります。

<駅で撮影した地図>
sn282map.JPG
地図の左手中央。水路が消えて川を潜っている様子がわかります。

2つの水の流れが、交わらないで立体交差する。こういう構造に感動を覚えるのは、ちょっとヘンですかね?

■暗渠と城跡■
当ブログでは「暗渠と城跡」と題して、城の堀や付近の川が暗渠となっているケースを紹介してきました。ただ今回の暗渠は、屋敷跡とは直接関係がありません。目的地の目印とした石碑が、たまたま暗渠の上にあった。たったそれだけです。

とはいえ『城跡』と『暗渠』の両方に興味を持っている者にとっては、一度で二つも楽しめる大変貴重な場所。片方を目的に訪問した方が、当ブログがきっかけで、もう片方にも興味を持ってくれたら嬉しいです。

ということで
拙ブログにお付き合い頂き、ありがとうございました。
posted by Isuke at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[埼玉]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8264085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  2. 2. 岡崎城のなごり
  3. 3. 東京国際フォーラムの太田道灌像
  4. 4. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  5. 5. 足利市の岩山を登る 両崖山城
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  9. 9. 集落の四隅を守る道切り 市川市国府台の辻切り
  10. 10. 浜松城の野面積み
  11. 11. 高天神城のなごり
  12. 12. 岩槻城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]