2018年10月28日

暗渠と城跡18 谷戸の水と興国寺城

(興国寺城の追記です)

暗渠と城跡

山麓の地形を利用して築かれた興国寺城。高台から低地へ降り立つと、見事な暗渠が続いていました。
<低地と山城>
shirononagori278 (33).JPG
[沼津市根古屋]
深い谷戸から続く暗渠。奥の山が城跡です。

■暗渠と城跡■あんきょ
当ブログでは、都市化によって埋もれてしまった川と城を、「暗渠と城跡」と題して投稿させてもらっています。

コンセプトとしては
「暗渠に気付くアンテナがあると、街の中の城跡巡りが一層楽しくなる。川のなごりを感じることは、城のなごりを感じるのと同じ」
とまぁこんな感じです。水は川や沼、湿地といった形で城の防衛に大きく貢献しますからね。姿を消した水を感じれば、同じ縄張り図を見ても感慨深いものがあります。

ただ都市化が極端に進むと、視界を遮る高いビルが立ち並び、川跡と城跡を実感しにくい場合もありますね。まぁそれを乗り越えて実感に至るというプロセスも、楽しみといえば楽しみなのですが・・・

今回のご紹介の「暗渠と城跡」は、構造として極めて分かり易い状態。周辺に遮るモノがなにもありません。いわば「都市から建物を取り除けば、暗渠と城跡はこんな感じ」という仮想の構造見本です。こういうある意味中途半端というか、開発途上の状態を頭に入れておくと、街中の城巡りでも、より想像力が働くのではないでしょうか。

■山の麓の城■
静岡県の東部の愛鷹山(あしたかやま)、ご存じでしょうか?富士山の南隣に位置する山。東海道から見れば、手前にある山です。富士山麓同様、愛鷹山の麓も水が豊富。地図で見ると、あちらこちらに山側から海に向う水の流れが確認できます。

今回訪問の興国寺城は、そんな山の麓の最先端に位置します。平野との境目のような場所。
城の東と西の両サイドが谷戸。つまり、水が山のすそのを浸食して形成した谷です。南側で台地(山の裾)が途切れますので、何もしなくても三方は低地。そんな場所です。

山に降った水は、川となって流れ落ち、高低差を失ったところで溜まりやすくなる。つまり、城跡付近の低地には水が溜まりやすい。まさに天然の要害だったと考えられます。
縄張りで重要なのは、まずはこういう場所選び。地の利の無い場所で堅固な城を築くには、相当な労力が必要になります。曲輪や堀の配置を考える前に、どんな場所を選ぶかは築城者の腕の見せ所です。

これはここ興国寺城のような山麓の城に限らず、いま東京23区内で都市に埋もれてしまっている城にとっても同じです。世田谷城、奥沢城、、、これらはあまりに都市化されて実感が湧きにくいですが、ビルを取り除き、コンクリを剥がせば、武蔵野台地の地形を上手く利用していることがわかります。街の構造物を無視して、地形に注意を払い、想像してみる。これが街の中の城巡りのコツなんです。

さて、話を興国寺城周辺に戻します。

<山城の西側より>
shirononagori278 (35).JPG
谷戸から山を撮影。手前の低地には自然の川が流れ、湿地帯だったのでしょうね。

<平らな土地>
shirononagori278 (34).JPG
水は地表から姿を消し、平らな区画が広がっています。駐車場ではないのですが、探索中に車を止めさせてもらいました。

<暗渠>
shirononagori278 (36).JPG
湧き水が豊富なエリア。人が手を加えなければ、いまでもあちらこちらが水辺になっていることでしょう。周辺の水は効率よくこのコンクリの川に集まり、更に下流へ向かいます。蛇行もせず、溢れることもない。いわば優等生の川ですね(人にとって)。まだまだ余裕をもって眺めることができますが、いつかは周辺もコンクリに覆われ、建物が建ち並ぶのでしょうね。

<暗渠の行先>
shirononagori278 (37).JPG
人知れず大活躍しているこの暗渠は、道の向こうまで続いています。更に南で開渠となり、高橋川へ合流してから海へと繋がります。

<かつての水辺>
shirononagori278 (1).JPG
私はここまで「湿地」と説明してきましたが、ある程度の規模の沼があったとも考えられています。かつての沼津には、大小の沼があちらこちらに点在しており、それらを総称して浮島沼と呼ぶそうです。厳密なところまでは分かりませんが、この付近でも高台の直前まで、沼が迫っていた可能性もありますね。そして谷戸、そこに広がっていたであろう泥田。城を守っていたとされる水辺の話を、まだなんとなく受け入れやすい景色です。


<城の南端>
shirononagori278 (2).JPG
城跡の目の前まで道路が迫っています。訪問者が勝手なことを言って申し訳ありませんが、歴史ある貴重な城跡、もうしばらくはこののどかさと共存して欲しいですね。コンクリで覆われた街なかより、やはりこうして自然の中で城跡を味わいたいものです。自然の地形や水の流れを活かして、城は築かれるのですから。

姿は見えませんが、暗渠も水の流れ。それを意識した上で、広々とした平地を眺めれば、かつての湿地の姿が容易に想像できます。


お城巡りランキング
タグ:暗渠と城跡
posted by Isuke at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[中部]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8243020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]