2018年09月02日

旅のとも 米沢名物 牛肉どまん中

東北旅行の楽しみの一つに駅弁があります。特にランチ。移動しながら食事がとれるので、時間の節約にもなります。

牛肉どまん中

<新幹線の車内にて>
shirononagori262 (8).JPG
価格:1,250円(税込)私の定番です。

最近はバラエティが増えましたが、基本である醤油味を買い求めています。

上杉ファンなので、東北を旅する時には必ずといってよいほど米沢に立ち寄ります。上杉家ゆかりの地。何度行っても飽きません。

<上杉神社にて>
shirononagori262ken.JPG
ゆっくりと何泊もするような贅沢旅行なら良いのですが、休みも予算も限られる会社員の一人旅です。現地での時間は貴重。それでいて、現地らしい気分も味わいたい。牛肉どまん中は、そんな私に救いの手を差し伸べてくれる有難い駅弁なのです。


<米沢駅>
shirononagori262 (4).JPG
そもそも、簡単に米沢へ来れるようになったのは新幹線のおかげ。そして「牛肉どまん中」は、この山形新幹線開業と共に誕生した弁当なのです。米沢へ来るたびにお弁当を買い求める私は、すっかり製造者の販売戦略にはまっているわけですね。

<米沢駅ホーム>
shirononagori262 (5).JPG
駅では米沢牛がお出迎え

米沢で牛肉

本場という感じがしますよね

shirononagori262 (6).JPG

ただ・・・
実はこのお弁当に「米沢牛」は使われていないそうです。「米沢名物 牛肉どまん中」と聞くと錯覚しますが、米沢牛使用とはどこにも書いてません。

じゃダメなのか?
いいえ。OKです
美味しいから

神戸で焼き肉を食べて、ぜんぶ神戸牛だなんて思いませんよね。それと同じですね。絶妙のタレと適度に保たれた肉の脂の融合、そして美味しいお米。もうそれで満足です。

<パッケージ上部>
shirononagori262 (10).JPG
ところで、パッケージ上部のシルバーの部分。ここだけ妙に凝ってるというか、全体のほんわり感とちょっと雰囲気が違いますね。描かれた謎の人物。この男性は誰?

<米沢牛の恩人>
shirononagori262 (1).JPG
ここは松岬神社の東側の公園。上杉鷹山像の裏手です。むかしは無かったような気がしますが、米沢牛を世に広めたとされるチャールズ・へンリー・ダラスの顕彰碑が建てられています。そう、あのパッケージに描かれている人物はこの方なのです。
また厳密なことを言うと、「牛肉どまん中」に米沢牛は使われていませんよね。ですから、ダラス氏は「米沢牛」を広めた方というより、米沢に肉食文化を広めた方という受けとめ方が良いかと思います。

ダラス氏は英国人。明治初期に東京開成学校(東大の前身)の教授として来日し、後に米沢の旧藩校興譲館洋学舎へ教師として招かれました。

<過去のパッケージ>
shirononagori262 (2).JPG
一時期こんなパッケージだったこともあります。これは記念に持ち帰りました。「花の慶次」好きですので。

<米沢駅ホームの売店>
shirononagori262 (3).JPG
ということで、大好きな駅弁のご紹介でした。旅のともに如何でしょうか?

ちなみに、ネーミングの「どまんなか」は米の品種です。山形県のオリジナル品種「どまんなか」がこのお弁当には使われている。そういう意味ですね。


shirononagori262 (7).JPG
はい。また来ますよ!





タグ:山形への旅
posted by Isuke at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8056423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 難航不落 金山城のなごり
  2. 2. 武士たちから始まる茶畑
  3. 3. 山上道及と唐沢山城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  7. 7. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  8. 8. 消えた見沼の浮き城 寿能城
  9. 9. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]