2018年08月17日

その道は水路 花と緑の散歩道 (さいたま市)

今回はさいたま市の緑道の話です。

■花と緑の散歩道■
<緑道>
SN256Ankyo (2).jpg
春には桜が咲き誇る緑道です。

画像はさいたま市(旧浦和市)の花と緑の散歩道。市民の憩いの場所である別所沼公園から、JR武蔵浦和駅近まで続く緑道です。約2キロの道のりには、桜のほかに四季折々の植物が植えられており、その名の通り花と緑を楽しめる散歩道として市民に親しまれています。

■別所排水路■べっしょぬまはいすいろ
この道、元々は別所沼から伸びる水路でした。
<別所沼>
SN256Ankyo (4).jpg

現在はその水路に蓋がなされ、水面を見ることはできません。

<水路の道>
SN256Ankyo (1).jpg
緑道をちょっと横から撮影

まぁ私もむかしはこんな角度から道を眺めるなんてことはしませんでしたが、もう癖になってしまいました。良く見ると、水路に蓋をしただけの構造だということが判ります。丁寧に舗装してあるので意識されませんが、これはやはり水路です。

こういう構造を暗渠といいます。見慣れないこの字は「あんきょ」と読みます。地下に埋設された川や水路という意味ですね。この緑道も暗渠化された水路。誰も意識しないだけで、今も水路としての役割を果たしています。

<橋のなごり>
SN256Ankyo (3).jpg
橋から転落しても大丈夫。橋の構造だけが残り、水路は姿を消しました。

この先を進んで行くと、武蔵浦和駅に到着します。花と緑の散歩道はそこで終了。ただ暗渠そのものはもうちょっと先まで続き、市内を流れる笹目川に合流します。その笹目川はやがて荒川と合流しますので、ちょっと極端な言い方ですが、水路のずっとずっと先は海ということになりますね。

で、なんでわざわざこんなことを取り上げるのか?

「暗渠」という視点は、ちょっと変わってるかもしれませんね。ただ、人知れず頑張っているものを応援したくなる気持ちは、みなさんも同じではないでしょうか。

道が綺麗なだけじゃない。ちゃんと水も流れ、水路としての役割を担っている。緑道を通ることがあったら、そんな目で見てあげて下さい。


------お勧め暗渠本------
私のブログでは伝わらない暗渠の魅力が、本になって出版されています。当サイトお勧めは「はじめての暗渠散歩」です。あまり身構える必要はありません。どなたでも気軽に読めるように書かれた一冊です。

はじめての暗渠散歩(ちくま文庫)
本田創/山英男/吉村生/三土たつお

タグ:暗渠
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8004075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]