2018年06月18日

松の廊下跡 殿中刃傷のなごり

江戸城本丸の隅に小さな石碑があります。

<松之大廊下跡>まつのおおろうか
shirononagori239 (33).JPG
江戸城松之大廊下。つまりここがあの「赤穂事件」の現場ということですね。

■松の廊下■
松の廊下は、江戸城の大広間と白書院(将軍との対面所)を結ぶ廊下でした。その呼び名は、廊下沿いの襖に松と千鳥の絵が描かれていたことに由来します。

L字型の長い長い廊下。約19m×31mといいますから、計50mもあったわけですね。そして幅は約5m。廊下で5mとは、随分広いですね。大立ち回りに充分な広さ。そこで事件は起きました。

■浅野内匠頭長矩■たくみのかみ ながのり
内匠頭は浅野長矩の官名(従五位下 内匠頭)。これにより、浅野内匠頭と呼ばれることが多いですかね。無難にお勤めを済ませていれば、その名が後世に語り継がれることもなかったかも知れません。

<石碑と説明板>
shirononagori241 (1).JPG
丁寧な説明

<説明板アップ>
shirononagori241 (3).JPG
呼び名の由来となった襖絵

1701年4月21日(元禄14年3月14日)のことでした。ここで赤穂藩主である浅野内匠頭が、吉良上野介に斬りかったわけですね。上野介は眉間と背中を斬られたものの傷は浅く、命に関わる痛手にはなりませんでした。しかし、殿中での刃傷(にんじょう)はご法度。ましてこの日は、幕府が朝廷の使者を接待する大事な日。将軍徳川綱吉は激怒し、内匠頭はその日のうちに切腹赤穂浅野家は改易となり、赤穂城も召し上げとなります。これに対し、高家の上野介にお咎めはありませんでした。ここから忠臣蔵、つまり赤穂浪士の話が始まります。

高家とは、幕府の儀式や典礼を司る役職。浅野家は、勅使の接待役となったことで高家・吉良家の指南を受ける立場でしたが、その最中に事件を起こしました。
教える側と教わる側。なんか現代でも目にする構図ですね。それをどう見るかは現代人とちょっと異なるのかもしれませんが、当時の価値観として「喧嘩両成敗」という考え方がありました。つまり、揉め事は双方に問題があるという裁き方ですね。いい悪いは別にして、これを背景に起きてしまった事件を考えると、赤穂の浅野家はお取り潰しで、高家の吉良家は許されたことに疑問を持つのは自然ですね。

shirononagori241 (2).JPG
立ち止まる方が多かったですね。説明文をじっくりと読む方の姿も。赤穂事件への関心の高さがうかがえます。

美談として扱われる赤穂四十七士の仇討ち。私は好きです。ただ、事件は事実として、背景となる経緯についてはどうだったのでしょうか。実は不明な点も多いと聞きます。吉良家には吉良家の言い分があったのでしょう。

真意はわかりません

ただ、赤穂浪士の話に江戸の庶民が熱狂したのは事実。演劇化され、事実とはかけ離れた世界にまで膨らみ、長らく語り継がれています。そこにはいかにも日本人らしい精神性や美意識とともに、権力に抱く庶民の感情が見え隠れしていますね。


お城巡りランキング



posted by Isuke at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7795056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]