2017年03月09日

豊島一族の城跡(練馬城)

つわものどもが夢の跡
豊島一族の練馬氏の居城跡を訪ねました。

<練馬城跡>
1nerima2.jpg
ちょっと画像として無理がありますかね。城跡好きとしては大変厳しい状況になっていますが、ここは練馬城跡です。現在は遊園地「としまえん」。有名な場所です。

ここも豊島一族が築城した城で、本拠である石神井城とともに重要な拠点でした。太田道灌との戦いに敗れた後、廃城になったようです。ちなみにですが、「としまえんの」名は豊島氏に由来しています。ここは豊島区ではなく練馬区なので、場所に由来する名前ではありません。

上の画像ですが、入口付近から撮影しました。斜面が削られており、遠くから見ると何らかの遺構に見えなくもない。もっとよく確認するためには入園するしかありませんが・・・迷いました。

というのも、先達の方々のブログを見ても、入園してまで調べたものは少ない。ということは、期待ができません。そして何より、オッサンが独りで遊園地へ入ることに、強烈な違和感を覚えずにはいられません。

喫煙所まで戻って(私はスモーカーです)、缶コーヒーを飲みながらしばらく考えました。

「とりあえず周辺を調べよう」

ちょっと入園は遠慮して、立ち入っても良い範囲で探索を続けました。

<土の段差>
1nerima3.jpg
こういうのも土塁のなごりのような気もしますが、、、違うのですね、、、

<川と遊園地>
1nerima4.jpg
敷地内を石神井川が流れています。

城跡は起伏に富んでいます。その高低差を実感しながら、結構長い距離を早足で歩き回りました。その結論として、遺構は「ない」と思った方がいいですね。専門家による調査では、堀跡が確認されています。ただ素人が(つまり私のような初級城マニアが)見て実感できるような遺構はありません。

ここが城だったことは明らかなので、あとはのんびりと地形を楽しみました。

<川と丘>
1nerima.jpg
水面からは10メール弱ですかね。城跡は石神井川沿いの丘陵地となっています。北側は石神井川、東側と西側は深い谷地となる地形です。

<東側の谷>
1nerima6.jpg
右側が練馬城跡。現地では堀切りかと期待しましたが、帰宅して調べたら違うようです。このV字型の底辺部分に水堀跡と推定されている池があります。

<庭園の池>
1nerima5.jpg
ここ「向山庭園」の池は、練馬城の濠跡と推定されています。城跡に隣接しており、そういわれると場所も地形も説得力はあります(石垣そのものは庭園のもので城とは無関係です)。遺構とまで言えませんが、城のなごりが漂い、いい感じの場所です(入るだけなら無料、コンパクトで綺麗な庭です)。

歩き疲れましたが、最後に少し癒されました。

[東京都練馬区向山]

※豊島一族の城跡(平塚城)へつづく。といってもまだ行ったことがないので今度の土曜日に訪問します!


お城巡りランキング


タグ:豊島一族
posted by Isuke at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[都内]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6032308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 永田陣屋 伊奈忠次が築いた陣屋跡
  3. 3. 神流川の戦い 滝川一益vs北条氏邦・氏直
  4. 4. 上州のおんな城主・妙印尼輝子(新田金山城)
  5. 5. 諏訪大明神を祀った城 諏訪原城のなごり
  6. 6. 難航不落 金山城のなごり
  7. 7. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  8. 8. 鮭延秀綱の軌跡(鮭延城から鮭延寺)
  9. 9. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]