2018年05月17日

暗渠の道 海へ繋がる浦和白幡緑道 

また暗渠の話です。
今回は旧浦和市にある「白幡沼」を題材にしました。

<白幡沼>
shirahatanuma (1).JPG
現在の住所だと、さいたま市南区白幡。

護岸が整備され、地元の人たちの憩いの場所となっています。大昔なら湿地の多かった浦和も、いまではすっかり市街地化され、こういった景色は貴重です。生息する野鳥にカメラを向ける人もちらほら。街に残されたのどかな沼です。

<拳沼>こぶしぬま
shirahatanuma (3).JPG
台地が途切れたところにポツンと存在するこの沼。巨人が転んだ時に手をつき、その時にできた窪みに水が溜ったという伝説があります。日本の各地で伝承される巨人伝説の類ですね。足跡は時々耳にしますが、ここ白幡で伝わる話では手。これにより、この沼は拳沼と呼ばれています。

この穏やかな沼
海と繋がっている


などと想像する人は少ないかも知れませんね。まぁちょっと大げさなテーマに聞こえますが、実際にそうです。

<白幡緑道>
shirahatanuma (4).JPG
画像の左手が白幡沼です。沼沿いのいい感じの緑道、これが暗渠になっていて、地下には水が流れています。

<暗渠>
shirahatanuma (5).JPG
道の向こうまで続いていますね。ではちょっと辿ってみますか

<暗渠>
shirahatanuma (6).JPG

<暗渠と車止め>
shirahatanuma (7).JPG
またちょっと道を渡って

<終わりが近い>
shirahatanuma (8).JPG
向うのほうに水門が見えてきました。もう一回道を渡ればく暗渠のゴールです。

<水門>
shirahatanuma (10).JPG
水門が暗渠の出口。上はJR武蔵野線の高架です。

<笹目川の水門>
shirahatanuma (11).JPG
笹目川の始まり。水はここから南に流れていきます。

<もともと自然の川>
shirahatanuma (12).JPG
いまでこそいろんな排水路の水がここに集まってきますが、もともとは先ほどの白幡沼を水源とする自然の川です。そして今でも、白幡沼と繋がっています。

<浦和の笹目川>
shirahatanuma (13).JPG
この笹目川は荒川の支流です。

<戸田の笹目川>
shirononagori201toda (1).JPG
似た画像ですが、こちらは戸田市内の笹目川。この先で荒川と合流します。

白幡沼の水は、笹目川経由で荒川へ流れ出て、やがて海へ

ということです。


<おまけ>
shirahatanuma toda.jpg
ちなみに、笹目川と荒川の合流点は戸田競艇場。白幡沼は暗渠によって競艇場とも繋がっているわけですね。

以上です。

白幡沼と白幡緑道を題材に、やや大げさに書いてみました。ただ、街中にポツンとある沼が、緑道を経由して海と繋がっていることは事実。そこから何を連想するか。まぁそれは読んで頂いた方に委ねたいと思います。

拙ブログ、最後までお付き合い頂きありがとうございます。

------お勧め暗渠本------
静かなブームとなって世間に広まりつつある暗渠の魅力。こんな拙ブログでは伝わらない深さが、本になって出版されています。当サイトお勧めは「はじめての暗渠散歩」です。あまり身構える必要はありません。どなたでも気軽に読めるように書かれた一冊です。

はじめての暗渠散歩(ちくま文庫)
本田創/山英男/吉村生/三土たつお

タグ:暗渠
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7670161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]