2018年05月10日

暗渠が生まれる時 とある暗渠

当ブログで時々登場する暗渠
いつもグタグタと思うところを綴っていますが、見て頂くのが一番かと思い、画像を貼らせて頂きます。場所は旧浦和市のとある川。工事が開始されたのを偶然発見し、それ以降できる範囲で定点観測を試みました。

■とある暗渠工事■

<最初の発見>
sirononagori229Ankyo (2).jpg
これより前の画像はありません。この時点では、コンクリと護岸の狭い隙間で、まだ魚が暴れていました。

<気になって再訪>
sirononagori229Ankyo (3).jpg
護岸との隙間は埋められていました。暗渠化工事の方法もいろいろありますが、ここは「ボックスカルバート」による暗渠化です。既成のパーツを繋げていくので、かなりの速度で工事が進んでいきました。

<定点観測>
sirononagori229AnkyoAD (1).jpg
マンホールはああいう構造なんですね

<定点観測>
sirononagori229AnkyoAD (2).jpg
高さが調整されました。

<定点観測>
sirononagori229Ankyo (5).jpg
あっという間。それだけに唖然としてしまいました。

<定点観測>
sirononagori229AnkyoAD (3).jpg
変化なし。雑草が時間の経過を知らせてくれてます。

<定点観測>
sirononagori229Ankyo (4).jpg
この後も時々訪問していますが、どうやらこの地点、しばらくこの状態のようです。

定点観測はここまで。もうちょっとだけ先を見てみましょう。

<下流方面>
sirononagori229Ankyo (6).JPG
観測を続けてきたポイントから下流方面を撮影。柵の向こう側も暗渠化は似たような工程でしたが、舗装は先に終了しているようです。

<完成>
sirononagori229Ankyo (1).JPG
左がもともとの道。まん中の歩道が川。右は川の向こう側の道でした。

sirononagori229Ankyo (7).JPG
歩道が確保されたことで、もともとの道は実質車道のように映ります。やや狭い道でしたので、歩行者には嬉しい暗渠です。

ところで、この暗渠はどこへ繋がるのでしょう。

■水の行き先■
上の画像の位置から、更に下流へ歩くと、地下からゴーゴーという水の音が聞こえてきました。水の姿が見えないだけに、ちょっと奇妙な感じがします。

<暗渠同士の合流地点>
shirononagori229 (5).JPG
筆を入れさせてもらいました。水は直進してきましたが、ここで右側からの流れと合流して、一気に左へ進路を変えます。かなり急な曲がり方。そして合流地点。水の音の理由が分かった気がしました。

<NEW>
shirononagori229 (4).JPG
水の行き先ですが、これまた綺麗な小路に整備されています。勿論、下には水が流れています。

<工事中の画像>
shirononagori229 (7).jpg
ちょっと画像が悪いですが、工事している最中の様子です。このカーブもボックスカルバートによる暗渠化でした。

<行き止まり>
shirononagori229 (6).JPG
小路は散歩コースのように映りますが、実は通り抜けできません。奥は行き止まり。

<水門のバルブ>
shirononagori229 (2).JPG
この先は川。この下が暗渠の出口ということになります。

<鴻沼川>こうぬまがわ
shirononagori229 (1).jpg
水は暗渠を通ってこの川へ出ます。

ということで、今回はこれ以上言わずここまで。当ブログで「道」を指して「川」と呼んでいる意味が伝われば充分です。

万が一ですが、理解を越えて何か感じるものが芽生えてくれれば嬉しいです。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。


------お勧め暗渠本------
静かなブームとなって世間に広まりつつある暗渠の魅力。こんな拙ブログでは伝わらない深さが、本になって出版されています。多数ありますが、当サイトお勧めは「はじめての暗渠散歩」と「暗渠マニアック」。気軽に手に取るなら、前者の方ですかね。

はじめての暗渠散歩(ちくま文庫)
本田創/山英男/吉村生/三土たつお



暗渠マニアック(柏書房)
吉村生/山英男



最近は「街歩き」がブームのようですね。解る気がします。
自分なりのこだわりを持っていると、街の散歩も奥深いものになります。
タグ:暗渠
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。暗渠も造られた時代や場所によって構造はまちまちです。レンガ造りのものから、ドブに簡単な蓋をしただけのものまで。今回ご紹介したケースは、既成の箱状のパーツを繋げていく方法。暗渠の長い歴史のなかでは、比較的新しい方法だと思います。
Posted by Isuke2020 at 2018年06月26日 21:34
こうやって見ると分かりやすいです。よく暗渠といいますが、地面の下はこんな構造になってるんですね!
Posted by Tomoyuki at 2018年06月26日 07:54
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7642237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]