2018年02月24日

慶次清水 前田慶次ゆかりの里

戦国武将ファンです。そして漫画「花の慶次」ファン。今回は、天下御免の傾奇者(かぶきもの)前田慶次郎ゆかりの里を訪問した時の記録です。

■慶次清水■けいじしみず

<慶次清水>
shirononagori203doumori (1).jpg
前田慶次ゆかりの清水です。場所は山形県米沢市の郊外。ここで晩年を過ごした慶次が、飲用水として使っていたと伝わる湧き水。住処とした「無苦庵(むくあん)」の飲料水確保のために掘られたとも伝わります。

風流を楽しんで隠居生活を送ったとされる慶次。この付近は手つかずの自然が残されていますので、もしかしたら昔もこんな雰囲気だったのかもしれませんね。この訪問は晩秋。冬になれば雪景色です。

<現役の湧水>
shirononagori203doumori (5).JPG
かつてはもっと水量があったそうですが、いまはこの程度。それでも現役。静かに、そして人知れず水が湧き続けています。

<説明板 >
shirononagori203doumori (3).JPG
初めての方でも分りやすい。むかしは何もありませんでした。慶次ファンとしては嬉しいですね。

<樵路躑躅>
shirononagori203doumori (4).JPG
慶次の晩年の歌が紹介されています。万世ふるさとづくり委員会さん、ありがとうございます。慶次ファンですので、これは良く知る内容。高畠町の亀岡文殊堂での詩会の時のものですね。武人でありながら歌人でもある前田慶次。ちょっとだけ紹介させて下さい。

山柴に 岩根のつつじ かりこめて 花をきこりの 負い帰る道

意訳『山柴の中に岩の根っこに咲いていたつつじが刈り込められている。それを背負って家路に帰るきこりの姿が花をまとっているようだ。』

今回は私のヘンな解釈ではなく、万世ふるさとづくり委員会さんの意訳をそのまま転記してます。さすが、スッキリとして分かりやすいです。

暮らしに生きる人の背中に花を見る。風流人であり、人を慈しむ慶次の思いが伝わってくるような気がします。このヘンは過去に当ブログでも紹介させて頂いているので、よろしければのぞいてみて下さい。
記事へすすむ→出羽の歌会


■慶次晩年の地■
米沢市万世町堂森。この地は慶次が晩年過ごした場所です。戦国の世を駆け抜けた前田慶次は、上杉家に従って米沢へ移り住み、この地で生涯を閉じました。

<八幡原野球場周辺>
shirononagori203doumori (2).JPG
慶次清水の場所は八幡原野球場西側の雑木林の中。むかしは分りにくかったのですが、最近は幟がたてられていて、初めての訪問でも安心。画像のような景色が現れたら、慶次清水はもうすぐそばです。

この付近、慶次ゆかりの寺「堂森善光寺」の北東に位置します。堂森善光寺から歩いて10分強で到着しますが、山を半周するためでしょうか、何となく遠く感じます(個人的に)。

<堂森善光寺>どうもりぜんこうじ
shirononagori203doumori (6).JPG
こちらが前田慶次の供養塔がある善光寺。

<山門>
shirononagori203doumori (7).JPG
真言宗豊山派の寺院。慶次ファンにとっては、いわゆる「聖地」かもしれません。私も何度も足を運んでいます。何があるの?と良く聞かれますが、慶次の魂としかいいようがありません。

<前田慶次供養塔>
shirononagori203doumori 9b.JPG

shirononagori203doumori (9).JPG
毎年6月に供養祭が行われ、多くの慶次ファンが訪れます。

<慶次の力石>
shirononagori203doumori (8).JPG
地元民と親しんだ慶次。この石で力試しをしたと伝えられます。漫画や小説だと誰にも負けそうにありませんが、晩年の慶次ですから、実際はどうだったのでしょうね。

<裏山へ>
shirononagori203doumori (10).JPG
裏山の月見平へ。通り道となる墓所には、上杉二十五将のひとり志駄義秀(しだよしひで)のお墓もあります。

shirononagori203doumori (11).JPG
この日はあいにくの雨で足場が悪かったのですが、せっかくですので登ってみました。斜面にも墓石が多数。一般の方のお墓も含まれるので、なるべく避けて撮影してます。

<月見平からの眺め>
shirononagori203doumori (12).JPG
ちょっと霞んでますが、晴れの日はもっと遠くまで見渡せます。


■そもそも慶次とは■
戦国一の「かぶき者」こと前田慶次郎利益(まえだけいじろうとします)。大変謎の多い武将ですが、戦国末期から江戸初期にかけて実在した人物です。謎が多い。資料も少ない。それなのに逸話はたくさんの人気キャラクターです。

「話に尾ひれがついてんじゃないの?」

はい。そう思います。それを受け入れながらも、語り継がれる話にどうしても戦国ロマンを感じてしまう。私にとって前田慶次郎とはそういう男です。


■名前が沢山■
私の説明は長くなるので、また「ウィキペディア」さんの一部をそのまま引用させてもらいます。
『前田利益(まえだ とします)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将。小説や漫画の影響で現在では前田慶次/慶次郎の通称で知られるが、宗兵衛、利益、利太、利大、利貞など複数の名前を用いており、道号でも、穀蔵院飄戸斎(こくぞういん ひょっとこさい)や穀蔵院忽之斎(こくぞういん ひょつとさい)、または龍砕軒不便斎(りゅうさいけんふべんさい)と時期によって名乗りが異なる。
滝川一族の出身で、前田利家の義理の甥。子は一男三女(一男五女という説も有る)をもうけた。兜は、南蛮笠式兜。』
[出典元:wikipedia]


その存在を知ったきっかけは「花の慶次」です。よって私にとって慶次の名は利益です。


■生きるまで生きたらば■
苦しみの無い庵「無苦庵」で隠居生活を楽しんでいた慶次。以下は慶次が自画像に書き添えた文。慶次ファンの方なら、これがもっと長い文だと知っていますね。今回はその一部。最後のところだけ。

九品蓮台に至らんと思う欲心なければ、八萬地獄に落つべき罪もなし。生きるまで生きたらば、死ぬるでもあらうかとおもふ

大体の意味
『極楽浄土へ迎えられたい欲もないが、地獄に落ちるような罪もない。命が尽きるまで生きたら、ただ死ぬということだろう。』
個人的な思いも入った意訳ですが、あまり間違えていないと思います。晩年の慶次の心境、何となく伝わってきますね。

慶次といえば
乱世を自由奔放に生きた
というイメージが浸透しています。羨ましい・・・

ただどうでしょう。伝わる史実をちょっと冷めた目で見てみたり、あるいは『花の慶次』の原作である「一夢庵風流記」をじっくり読むとそんなに環境に恵まれていたとは思えません。まぁ喰うに困るレベルではありませんが、嫌なこと、不自由さや理不尽さも充分に見受けられます。慶次はそれとどう向き合ったのか何を優先して生きたのか。そこに心魅かれるのだと思います。

どうであれ、悔いは残さない。

澄んだ湧水の如きこの清々しさ。これが語り継がれる理由ではないでしょうか。

shirononsgori203keiji.JPG

---↓参加中です!---

お城巡りランキング
タグ:山形への旅
posted by Isuke at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかりの地
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7358402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 巣鴨駅近く 徳川慶喜ゆかりの地
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  5. 5. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 難航不落 金山城のなごり
  8. 8. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  9. 9. 東北屈指の名城 会津の若松城
  10. 10. 世田谷区に2つの城向橋(暗渠と城跡24) 橋跡に漂う城のなごり
  11. 11. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  12. 12. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]