2018年02月05日

水堀に積もる雪 米沢城の冬

ある程度まとまった休暇がとれるのは夏から秋。旅もその時期が多くなります。ただ何度も山形を訪問するうちに「冬を肌で感じないと」いけないような気持ちになり(ちょっとこういう点においてバカです)、無理矢理休みを取って訪問しました。住むことはできませんが、ちょっとだけでもと思い・・・

■米沢城■本丸跡
<水堀>
shirononagori196yomezawa (1).JPG
雪が降り積もる米沢。きゅっきゅっと雪を踏みしめてかつての本丸付近を探索。ここは水堀です。凍った水面に雪が積もり、遠くの方は境界線もはっきりしません。私の憧れる上杉家の皆さんも、こんな景色を見ていたのですね…。

それにしても誰とも合いません。とても静かで、自分の足音しか聞こえない。白い雪に足跡をつけながら、とぼとぼと一人歩き続けました。


■上杉家御廟所■うえすぎけごびょうしょ
<上杉家墓所>
shirononagori196yomezawa (2).JPG
上杉景勝から始まる米沢藩主たち、そして謙信公のお墓です。すっかり雪に覆われています。

shirononagori196yomezawa (3).JPG
何度も訪問していますが、いつもにもまして毅然と映ります。

今回の訪問で、寒さと足元の悪さだけは実感しました。ただ私が訪問した日は、曇り時々雪で風は少なめ。地元の人にしてみれば、穏やかな日だったのかも知れません。

雪はしんしんと降るだけでなく、激しく降ったり、あるいはずっと降りつづけたり・・・。これと向き合うには、旅行者の私などが想像もできない覚悟が必要なのでしょうね。まぁこの地で生まれ育った方は、その覚悟も準備も当たり前に身に着けているのかもしれませんが・・・。


(再び米沢城跡)

<上杉鷹山公>
shirononagori196yomezawa (4).JPG
鷹山公はもともと江戸の出身。日向高鍋藩主の次男であることから、九州の出身という誤解もありますが、生まれたのは江戸藩邸です。名門・上杉家の養子となり、十代後半で米沢へ移るわけですが、最初はまいったでしょうね。

家臣は言う事を聞かない、藩は破産寸前、そして江戸と比べるとそうとう寒い。鷹山公はそれでもめげませんでした。まぁ「まいったなぁこりゃ」くらいは思ったでしょう。でも、現実を受け入れる。そして自分がなすべき事をする。本当に強い方ですね。

なせば成る なさねば成らぬ
何事も成らぬは 人のなさぬなりけり

画像左側の石碑に、その名言が刻まれています。 

ということで、冬の米沢でした。
今年は関東も寒く、平野部でも雪が積もりましたね。米沢とは比べものになりませんが、春が待ち遠しいです。

---↓参加中です!---

お城巡りランキング
posted by Isuke at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 城跡[東北]
この記事へのコメント
GORIさん。お読み頂きありがとうございます。冬の不自由さ、そこから生まれる文化とか独特の食べ物とか…諸々。旅したぐらいで分るはずもありませんが、その欠片くらいは感じたような気がします。毎年「上杉雪灯篭まつり」というイベントがありますので、それに合わせての訪問も良いかと思います。
Posted by Isuke2020 at 2018年02月06日 20:54
こんにちはGORIです。

米沢って実は父方の実家があるところなんです。冬は雪深いところというのは父から何度も聞かされていましたが、実際にその深さを経験したことがありませんでした。夏場に行くよりも、ホンモノの米沢(北国)を感じられるのが冬場なのかもしれませんね。
Posted by GORI at 2018年02月06日 14:10
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7281039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]