2017年12月31日

上杉顕孝の廟 鷹山ゆかりの地H

<上杉家御廟所>
sn177uesugike (2).jpg
[米沢市御廟]1丁目

この御廟所については、以前当ブログでもご紹介したさせて頂きました。
記事→『荘厳の廟所

今回は九代藩主鷹山、そして藩主になるはずだった鷹山の実子についてご紹介させて頂きます。

<歴代藩主の廟>
sn177uesugike (1).jpg
廟が整然とならんでいます。初代藩主・景勝に始まり、以後12代までがこの地に埋葬されています。


<九代藩主・治憲(鷹山)>
sn177uesugike (4).jpg
一番左が鷹山の廟です。右隣とは屋根の造りが違いますね。倹約のため簡素化し、材質も落としているそうです。

<小さな廟>
sn177uesugike (3).jpg
その鷹山の廟の左側の奥。歴代藩主より一段下ったところに、やや小さな廟が設けられています。

これは鷹山の長男の廟。鷹山は、側室お豊の方との間に子を授かりました。名は顕孝(あきたか)。鷹山同様に細井平洲を師と仰ぎ、将来の藩主となることが期待されました。しかし病気のため若くして他界してしまいました。鷹山の名言「なせば成る・・・」は、顕孝に心構えを示した言葉とも言われています。

倹約質素を貫き、生涯を藩の改革に捧げた上杉鷹山。特別な待遇があるとしたら、この墓所だけかも知れません。鷹山は歴代藩主、そして息子・顕孝とともにこの地に眠っています。


お城巡りランキング
この記事へのコメント
山根さん、コメントありがとうございます(返信遅くて恐縮です)。正室、つまりは幸姫ですね。鷹山は幸姫が短い生涯を閉じるまで側室はおきませんでした。ただその後、後継者を心配する周囲の勧めもあり側室を迎えました。そして誕生したのが顕孝です。
Posted by Isuke2020 at 2018年06月16日 23:16
失礼します。記事読みました。上杉鷹山が、病弱の正室を大事にした話は知ってましたが、こんな事実があったんですね。ちょっと驚きです。
Posted by 山根雄大 at 2018年06月14日 20:44
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7147066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]