2017年12月28日

山中の塩田跡 鷹山ゆかりの地E

鷹山の足跡をたどる旅
今回は米沢市の小野川町です。

財政難の藩を救うため、率先垂範で倹約を促す一方、農業を奨励し、更に数々の殖産興業政策を打ち出した上杉鷹山。人里離れた山奥にもそのなごりがあると聞き、訪問してみました。

<上杉鷹山公塩田碑>
sirononagori174onogawa (1).jpg
塩田跡地の石碑です。

塩田というと、みなさんはどういうイメージを持つでしょうか?私の場合、例えば赤穂とか、漠然と海の近くというイメージなのですが・・・なんでこんな山奥に?

この地の温泉の湯は塩味が強い。そこで塩田が試みられたようです。これも鷹山が掲げた沢山の経済政策の一つ。財政難脱却を目指す米沢藩の製塩事業です。

<案内板>
sirononagori174onogawa (4).JPG
下の方の絵。こんな感じだったようですね。

■小野川温泉■
山奥ではありますが、市街地からそんなに遠い訳ではありません(10q未満)。古くから地元民に親しまれ、もともと米沢の領主だった伊達氏にも慕われた温泉地です。

現在では、小野小町に由来する「美人湯」が売りとなっており、遠方から訪れる人も多い行楽地となっています。

<鬼面川>
sirononagori174onogawa (2).JPG
きめんがわではなく「おものがわ」と読みます。最上川の源流のひとつです。

病により衰弱した小野小町が顔を映したといわれる川。なんでも、川面に写った姿が(本人にしてみれば醜く)鬼のようだったとか。しかしこの地で温泉につかると、病が癒えた上に美女に生まれ変わった。小野川温泉はそんな伝説のある場所です。

それにしても自然豊かで風情のある場所。いいですね。夏にはホタル舞うそうです。平凡な会社員が、里山の温泉宿に泊まって晩秋の米沢を満喫した・・・わけではありません。そういうの、いつかはしてみたいですが、宿泊は市街地のビジネスホテル。小野川は小説『上杉鷹山』にも登場するので足を延ばしました。

<足湯>
sirononagori174onogawa (5).JPG
無料です。おカネなくても気分は味わえます。

注)温泉にご興味を持たれた方は、どうぞちゃんとした旅のサイトを参考にして下さい。この記事は、交通費で精一杯の貧乏旅行。温泉の魅力は伝えられません(小野川温泉のためにひとことでした)。

<山側からの眺め>
sirononagori174onogawa (7).JPG
甲子大黒天などがある山から撮影。冒頭の塩田を含む小野川温泉全体を見下ろせます。いかにも温泉地という景色ですね。

(話を鷹山に戻します)

■政策は枠組み作り■
多くの政策を試みた鷹山。これに応える家臣たちと領民。全体の調和なくして、改革は成しえなかったことでしょう。
米沢の人、というより日本人全般がそうだと思うのですが、基本的には真面目な人が多いような気がします。ただ、どちらかと言えば決まったことをきっちりやる気質。だからこそ伝統が守られたり、良いものを更に良くする細かい工夫を思いついたり、魅力的な側面が沢山ありますね。成功する改革者は、枠組みそのものを構築、あるいは修正できる人ではないでしょうか。枠組みを提供すると、もともと真面目な人たちが良い仕事をしてくれる。そして富を生む。働く人も全体も豊かになる。
鷹山の時代のたくさんの枠組みは、のちに米沢の主力産業となったり、あるいは名物となるものに繋がっています。
人が意欲的に働き続けられる枠組みの構築。つまりは環境作り。現在の企業でも求められているテーマですね。

■つわものどもが夢の跡■
sirononagori174onogawa (3).JPG
これも枠組みの一つでした。塩田は大事業とまではならなかったようですが、財政を何とかしたかった鷹山の夢の跡です。


お城巡りランキング

■参考本
上杉鷹山
[著者:童門冬二]

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7138111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 慶次清水 前田慶次ゆかりの里
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
  4. 4. 岩槻城のなごり
  5. 5. 長谷堂古戦場 秋の訪問記
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  8. 8. 難航不落 金山城のなごり
  9. 9. 関東一の山城 唐沢山城
  10. 10. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  11. 11. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  12. 12. 上杉謙信の軍旗 毘沙門天と懸かり乱れ龍
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]