2017年11月14日

空に吸われし十五の心  (不来方のお城)

(盛岡城の追記です)

<お城からの眺め>
shirononagori moriokajo (8).JPG
盛岡城跡公園からの眺めです。

■不来方城■
不来方城(こずかたじょう)。これは盛岡城の別称です。現在の盛岡は、古くは不来方と呼ばれていました。神様に捕まった鬼が「二度と来ない」と約束した方向。そう伝承されています。ちなみに、その証として鬼が岩に手形を残したことが岩手の名の由来。

なんだか昔の人たちの願いが込められている感じがしますね。由来を知ると、なおさら素敵な名前です。

<不来方のお城>
shirononagori moriokajo (6).JPG
深まる秋・・・

■啄木の歌■
地元出身の石川啄木が、この不来方城(盛岡城)を題材にした歌を残しています。

不来方のお城の草に寝ころびて
空に吸われし
十五の心


啄木は盛岡中学(盛岡第一高校)の卒業生。学校近くの城跡で草原に寝転び、空を見つめた経験があったのでしょう。素敵な歌だと思います。心の奥底の何かが、揺さぶられるような気がします。

誰でもかつて十五歳でした。皆さんにも似たような瞬間があったのではないでしょうか。あの時の気持ち、どこへ行ったのでしょうね。


城巡りを中心とした拙ブログですが、せっかく盛岡城を訪問しましたので、「不来方」の名、そして「啄木の歌」を紹介させて頂きました。たまたま読んで頂いた方が、何かしら感じてもらえればもらえれば嬉しいです。

shirononagori moriokajo ishigaki3.JPG
不来方のお城にて見あげた空。蒼天の日にまた来ますかね。

-----■不来方城■-----
正式名:盛岡城
築城者:南部信直
築城年:1598年
城 主:南部氏
廃城年:1871年

[岩手県盛岡市内丸]


お城巡りランキング
posted by Isuke at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 城跡[東北]
この記事へのコメント
fumfumさん、ありがとうございます。石川啄木を紹介しながら、少しだけ尾崎豊さんも意識して書きました。やや目線を高くし過ぎたか?と思っていたので、コメントは素直に嬉しいです。
Posted by Isuke2020 at 2018年06月13日 21:26
偶然サイトにおじゃましました。この記事、なんとなく尾崎豊さんの「十五の夜」を思い出します。素敵なメッセージですね。
Posted by fumfum at 2018年06月13日 14:11
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6969999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  2. 2. 外濠さんぽ 四谷見附から赤坂見附
  3. 3. 空に吸われし十五の心  (不来方のお城)
  4. 4. 山上道及と唐沢山城
  5. 5. 多功城のなごり 宇都宮一族の城跡
  6. 6. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  7. 7. 東北屈指の名城 会津の若松城
  8. 8. 群馬県庁の土塁 前橋城のなごり
  9. 9. 武田勝頼「素肌攻め」の城跡 膳城
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]