2017年11月06日

荘厳の廟所 上杉家歴代の墓

<上杉家廟所>うえすぎけびょうしょ
sirononsgori 151UESUGI (5).jpg
荘厳という言葉しか思いつきません。ここは歴代藩主、そして謙信公の眠られている場所です。

樹齢400年を越える杉木立に囲まれた空間。飾り無く整然と立ち並ぶ御堂に圧倒されます。人によりますが、私はここを訪問すると凛とした気持ちになれます。

凛とする

ただ忙しく日常に埋もれていると、なかなかそんな気分になれません。静寂につつまれたこの空間。とても好きです。関東の人間なので頻繁には来れませんが、ここ5年くらいは毎年、最低でも1回は訪問しています。


<入口>
sirononsgori 151UESUGI (3).jpg
この時はちょっと早く来すぎてしまい、まだ開いてませんでした。朝は9時からです。この日の最初の訪問者となりました。

<参道>
sirononsgori 151UESUGI (2).jpg
厳格な雰囲気が漂います。もう何度目か忘れましたが、いつも無口になります。

<説明板>
sirononsgori 151UESUGI (6).jpg
上杉景勝没後、米沢藩主代々の墓所となりました。米沢藩主としては景勝が初代ですが、謙信を初代として上杉家歴代当主の名が連なります。第十代(つまり米沢藩主としては九代)が鷹山公。第12代斉定までの墓所になります。

sirononsgori 151UESUGI (7).jpg
中央が謙信公です。明治の城解体により、米沢城本丸にあった謙信の墓所がこの地に移されました。参道正面奥です。最初から真ん中に設けられていたわけではありません。

sirononsgori 151UESUGI (1).jpg
手前(左)の御堂は、造りが少し異なります。倹約を奨励した鷹山公、構造を「入母屋造り(いりもやづくり)」から「宝形造り(ほうぎょうづくり)」へ簡略化し、更に材質も落とされたそうです。こんなところまで・・・。事情を知れば、決して見劣りするものではありません。

<龍と毘>
sirononsgori 151UESUGI (4).jpg
かつて陣に掲げていた軍旗。御廟所の入り口に欠かさず掲げられています。米沢での上杉家は、何もかも順調だった訳ではありません。苦難に立ち向かい、歴史を刻んできました。そういう意味でも、掲げられた謙信の軍旗には感慨深いものがあります。

何度でも訪れたい場所です。

------■上杉家御廟所■------
拝観時間:
午前9:00〜午後5:00
[山形県米沢市御廟]1-5-30

当ブログ、お墓の画像は控えめにしておりますが、今回は例外としました。


お城巡りランキング
posted by Isuke at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[東北]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6940656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 豊島一族の城跡 練馬城
  2. 2. 高天神城のなごり
  3. 3. 暗渠と城跡23 渋谷川と渋谷城
  4. 4. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  5. 5. 伊奈一族の拠点 伊奈氏屋敷跡(伊奈町) 
  6. 6. 山上道及と唐沢山城
  7. 7. 深大寺城 調布市「ふるき郭」
  8. 8. 城跡として訪ねる豪徳寺(世田谷城)
  9. 9. 難航不落 金山城のなごり
  10. 10. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  11. 11. 暗渠と城跡26 堀跡を歩く(岩槻)
  12. 12. 道灌橋の跡と井草川の暗渠 (陣幕)
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]