2017年09月09日

在来線の旅 猪苗代城訪問追記   

(猪苗代城訪問の追記です)
訪問記は→こちら

■お城巡り■
<猪苗代城跡>
shirononagori inawashirojo (5).JPG
中世においては猪苗代氏代々の居城。猪苗代氏が去っても、この場所は長らく城として機能し続けました。江戸期には会津若松城の支城という位置付け。その会津若松城が鶴ヶ城と呼ばれたのに対し、猪苗代城は亀ヶ城と呼ばれました。本城と支城、鶴と亀というコンビですね。

連続して配置された曲輪(くるわ)や石垣・土塁・空堀など、遺構がたくさんの山城です。特に尾根を削って作る「堀切」は見応えがありました。

<堀切>ほりきり
shirononagori inawashirojo (3).JPG
城用語では、山の尾根を削って造る堀を「堀切」と呼びます。堀は通行を妨害するもの。普段は橋を掛けていたのかも知れません。不便ですからね。

訪問記では「城跡」らしい画像を選んで投稿していますが、町が管理している公園ですので、整然と整備されたエリアもあります。若いお母さんが小さな子供を遊ばせている光景と出会いました。静かで良い所です。
SN120Inawashiro (4).JPG
SN120Inawashiro (5).JPG
[福島県耶麻郡猪苗代町古城町]

■現地在来線の旅■
<猪苗代駅>到着時
SN120Inawashiro.jpg
郡山までは新幹線。その先は在来線で移動。ここまでクルマで来れる自信がないので。磐越西線(ばんえつさいせん)の旅です。山あり川あり、水田ありの会津。ゆっくりと車窓を楽しむことができました。また、猪苗代まで来てしまえば、あと5駅30分強で会津若松です。

<野口英世>
SN120Inawashiro (3).JPG
ご本人及び猪苗代の皆様に失礼ながら、到着した時点では「なんでここに?」と思ってしまいました。そう、猪苗代のご出身ですよね。むかし三上博史さんが野口英世を演じた「遠き落日」という映画、そういえば舞台はここだったなぁ。などと、じわりじわりと思い出しました。まぁ現地ではその程度でしたが、帰宅してから調べたら、野口英世さんは子供の頃、猪苗代城跡でよく遊んでいたそうです。故郷に歴史の深い城跡があって、そこで遊んだなんて、大人になっても忘れられない思い出ですね。羨ましい。そして更に分かったのは、仙台藩士として伊達家に仕えた猪苗代氏の子孫にあたるそうです。ではご先祖さまと関係のある城なのですね。ご本人が意識してたかどうかは別にして。こういうことを事前に知っていれば、旅先でそういう見方もできたかも知れません。まぁ後からでも知らないよりいいや。※私は訪問しませんでしたが「野口英世記念館」が人気のようです。

<この日の相棒>
SN120Inawashiro (2).jpg
猪苗代城は駅から微妙な距離(約1.5km)。更に、城の周辺も見てまわりたかったので、レンタル自転車を利用しました。恒例により一人旅なので、とても頼もしく感じた相棒です。ありがとう。晴れていますが、この時既に、激しく雨が降るであろうことを風が教えてくれました。夕立が多い関東の田舎で育ちましたので、肌で分ります。そのイヤな予感も何となく懐かしく、子供のように必死にペダルをこいで駅へと向かいました。

<雨の猪苗代駅>帰り
SN120Inawashiro (1).jpg
たどりついたら雨降り。いつも、じゃないからこれもまぁいい思い出です。

猪苗代は自然豊かで観光スポットの多い町。私は目的が限定されていたので、「在来線」プラス残りは「自転車」で頑張りましたが、本格的な観光したい方はやはりクルマですかね?まぁどちらにしても、もっとゆっくりしたい町でした。


お城巡りランキング



posted by Isuke at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 城跡[東北]
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6684079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
記事ランキング
[アクセスランキング]
  1. 1. 足利市の岩山を登る 両崖山城
  2. 2. 山城山頂に残る神秘の溜池 金山城 日ノ池
  3. 3. 火の玉不動 大宮宿の水路と刑場のなごり
  4. 4. 犬戻り猿戻り(高天神城)横田甚五郎が抜け去った尾根道
  5. 5. 関東の連れ小便・政宗白装束の舞台 (石垣山城)
  6. 6. 集落の四隅を守る道切り 市川市国府台の辻切り
  7. 7. 大石内蔵助 終焉の地 細川家下屋敷跡
  8. 8. 難航不落 金山城のなごり
  9. 9. レンガの街のなごり あかね通りと福川鉄橋跡
  10. 10. 高天神城のなごり
  11. 11. 岡崎城のなごり
  12. 12. 浜松城の野面積み
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
最新記事
プロフィール
Isukeさんの画像
Isuke
もともとは無趣味の仕事人間。土日は家でゴロゴロ。本ブログは、そんな男が急に城跡巡りに目覚め、てくてくと歩き始めた記録です。
プロフィール

お城巡りランキングに参加中 [参加させて頂いた雑誌]
[当サイトお勧め本]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]