広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年09月26日

腹腔鏡手術 退院の日 看護師さんへの感謝

先生から、母に、あまり甘やかさないように言われながら、
退院の日は、雨だった。

傘を持つ。

荷物が増えてしまった。

バスで病院を後にする。

看護師さんたちにも、お世話になりました。
頭が上がらないね。
すごい仕事だ。

夜中のナースコール、たくさん鳴った。
私も鳴らしてしまった。
大変な仕事だ。
人手不足にもなる。
患者さんの話し相手にもなってくれる。

人の役に立つ、素晴らしい仕事だと思う。

2018年09月25日

腹腔鏡手術 いよいよ退院

早いもので、腹腔鏡手術後、6日で退院です。
毎日、病院に通ってくれた母に本当に感謝。
母を東京に来させてくれた父にも感謝。

退院の日、入院のときと同じくスーツケースで帰る。
私は、お腹に力を入れてはいけないので、荷物が軽いものしか持てない。

「お母さんが持つわ」と言ってくれて、全て持ってくれた。

500mlのペットボトルすら、あやうい。

先生に過保護すぎると、注意される。

退院後は、炊事はまだ。退院後の注意事項の書面をもらう。

ゆっくりと取り組み始まる。

床磨きや、布団の出し入れも、まだ。

日常生活は、意外とお腹に力を入れる。

当然、会社もまだ。

職種にもよるだろうが、

気付かないところで、腹筋は使う。

治ったら、試してみたい。
腹筋を鍛える。


2018年09月24日

腹腔鏡手術の後は想像以上に

痛みが残る。
痛みのことあんまり、考えてなかった。

痛み止めを頻繁にもらわないと、なかなか苦しい。
注射も苦手なくらいだから、痛みには弱い。

退院したら、大好きなものを食べるんだ!
えびとチーズの専門店 しまひで

2018年09月23日

腹腔鏡手術のあと

ようやくカテーテルが外れた。
痛み止めの薬は必要。

でもカテーテルが外れ、随分楽になった。
食事も少しずつ喉を通るようになってきた。

日課の院内お散歩。朝は母が来てくれるまでは
1人なので、入院している階のみ。四角形で繋がっているから、調子がいいと3週とか周ってみる。
そうしてお散歩をしていると、同じくお散歩している、別の患者さんとすれ違う。
内回り派と、外回り派がいるね。
2週目にすれ違うときも、同じ場所。
歩くペースが一緒だね。



2018年09月22日

腹腔鏡手術後・・・状況説明

先生からの説明。
母と一緒に別室で受ける。

手術は成功した。
私の体内にあった、子宮筋腫の塊を小さく分解したものを見せてもらう。
お腹に小さな穴を3つ開けて、行う手術だったから、子宮筋腫も小さく分解して、私の体内から取り出された。

正確には3つあったとのこと。
5cmが1番大きかったけど、他にも2つ。
私の子宮って、大きいのね。
塊が3つもあり、がんばってたんだ。

今まで、酷使してごめんなさい。
ゆっくり休んでください。

子宮筋腫の塊にびっくりしながら、
手術の成功を喜んだのでした。

2018年09月13日

子宮筋腫の腹腔鏡手術を受けて2日後

前日に2回歩こうとして嘔吐した。

でも先生から、歩かないと血栓ができると言われていたから、

歩く。

歩く。

歩く。

看護師さんにめっちゃ歩いていると誉められる。
嬉しいけど、必死。


そう、手術は成功した。

私の中から、子宮筋腫はいなくなった。

手術前は知らなかったけど、手術後の代償はこれだ。

とにかく、カテーテルが引っ張る。
すごく痛いわけではないけど、
痛み止めが欠かせない。
吐き気がすごい。薬に吐き気を誘発する成分が入っているとのこと。

お腹に力が入らないから、起きるときに電動ベッドのスイッチを押しても、
踏ん張れず、
起き上がるベッドに押されて、下に
押されるばかりで、起き上がれない。

(後から知ったけど、パラマウントベッドの使い方として、起きるにはまず、足をスイッチを入れて起こしてから、上半身のスイッチを押すとずれないらしい。誰か入院時に教えてほしかった。私の腹筋力がないと思っていて、誰にも確認しなかった)

介護ベッド クオラ(Q-AURA)・パラマウントベッド・3モーター・木製ボード・6点セット・選べるマットレス・サイドレール付き・メーキング3点セット付【電動ベッド】【介護ベット】【KQ-63330 KQ-63230】【送料無料】

価格:175,700円
(2018/9/13 00:39時点)
感想(4件)



2018年09月09日

子宮筋腫の腹腔鏡手術後・・・次の日

カテーテルという、トイレに行かなくても大丈夫なものを装着されていた。
前日のもう死ぬかも?ピーピー事件もあり、
ぐったり

ほとんど、寝れてれていない。
看護師さんからも、「寝れました?」と聞かれるほど。

でも、歩くように言われている。

理由は血栓ができるから。

だけど、

歩いて、見たけど、
すぐに
気持ちが悪くなり、

リバース!!


母も付き添ってくれてて、
看護師さんがすぐに、車椅子を用意してくれて、
病室から5Mくらいの距離なのに、
車椅子で移動、、、

なさけない。
そして気持ち悪い。


ぐったりしていたら、
先生が登場。

そして、

歩いてください

と言われる。


さっき、リバースしたけど、
そんなの、関係ない?
甘えるな?
血栓できたら、そっちのが大変??


もう1回歩いてみる。


またリバース



また車椅子で運ばれる、、、


そんな1日目。
母から、
昨日の手術後に血圧高く、心配したと、告げられる。


両親も高血圧で150以上で、指摘があって、
でも、子どものわたしたちは、そんなの、健康診断でも指摘されたことないから、


母はびっくりしていた。

術後1日目は、何も食べる気にもならないまま、終了。


点滴に、リバース成分が入っていると、説明を受けていたけど、
おそるべし。

そして、
点滴を腕に付け、カテーテルも付けての歩行は、困難。
大変。無理。二度としたくない。
家族以外に見られたくない。

前日夜に、
PC持ち込んで、見ていた自分が嘘のよう。

健康って素晴らしい。もうしばらく、パソコンも、持てない。重いし、そんな気力や、気にもなれないな。

新発想・新技術でお手軽簡単ケア!【キラッとホワイト】








ファン
検索
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。