広告

posted by fanblog

2018年05月20日

子宮筋腫の手術の1週間前に揺れる出来事があった

それは、会社で年上の女性に呼び出された。

彼女は
私が子宮筋腫の手術を受けることを知っていた。

会社には一部の人にしか言っていないため、
直接言われたのは、初めてでびっくりした。

私の手術内容が
子宮の全摘出だと思っていたようで、
手術を受ける前に、

試した方がいい病院があると教えてくれた。

やはり女性で子宮の全摘出は悲しい。
涙が出る。
不安。
もう子供は産めなくなる。
女じゃなくなってしまう。


いろいろ考えてしまう。


幸いなことに、全摘出ではなく、
腹腔協手術だ。


でも、彼女の話はとてもありがたいお話だった。


それは、
ある関西の方の病院では、

カテーテルを使った、切らない治療があるとのこと。
そのため、体への負担が少ない。

子宮筋腫に栄養を運んでいるところを封鎖する処方というものらしく、
栄養が運ばれないので、子宮筋腫が大きくならず、

血流を遮断された筋腫は壊死し、ゆっくりと縮小します。

そして3日間くらいの入院で復帰できるとのこと。
(腹腔協手術は1週間から2週間)

カテーテルは細い管のため、開腹や腹腔協手術に比べてお腹の傷も小さくてすむ。
良いことずくしだ。

さらに調べたら
筋腫の周囲の子宮の血流も低下するため、過多月経などの症状も緩和されることが期待できますとあり、

過多月経に悩まされている私としては、
最高の提案。



でも、断った。

なぜなら、根本の解決にはならないから。

私は子供が産みたいので、
やはり筋腫は取り除いた方が安心。

大きくなってしまった子宮筋腫のせいで、
子供が出来にくい。出来ても流産や早産のリスクが高い。

これは2つの病院のお医者様からも言われている。

今回は断ったけれど、
もしも私が、開腹手術で子宮の全摘出という環境だったら、
絶対にその処方を試したと思う。

ただし、その処方にはリスクもある。

それは、効果がない人もいるということ。

彼女が言うには、私のほかにも勧めて
3人のうち1人は効果がなかったらしい。

でも効果がなくても、やる価値はある。

もしも子宮の全摘出で悩んでいる人がいたらと思って書いてみました。
子宮筋腫以外の、がん等でも効果があるらしいです。



この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7678663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。