日々見つける楽しいことを非常に適当に紹介していきます。

広告

posted by fanblog

音楽とお金


想像力がいまいち自分という狭い枠を超えられない僕の拙い作文ですが。

音楽イベントのチケット転売って、なんでいけないんですかね。

僕は仕事柄、数ヶ月先の休みなんて絶対確定しません。。
そういうひとって、実は想像以上に多いんじゃないかなと。
景気もよくないわけで、生活のためにはどうしても断れないなにかってのが突然降ってくるってことも多いんじゃないかなと。

念のため買っておいて、やっべ。いけねーやって時には安く友達に渡して行ってもらうってのもあるよね。
AIRJAM2012のチケット最終受付が今日の午前0時で終わったんですけど、前日まで公式サイトのトップに「重要なお知らせ」と赤い字で書かれたボタンが。

そこには「実はAIR JAMのチケットがSOLD OUT していません。事実です。」と。
そう書かれてました。

http://airjam.jp/news/in.html

・場所は仙台。(被災地支援)
・チケットは2日通し券の入手は不可(より多くの人に見てもらいたいから)
・チケットの申し込み時に会員登録必須(購入者の所在を確認確定させたいから?)
・チケット申し込み時に本人顔写真の転送登録が必須(転売防止措置と本人確認)
・重複エントリーについては2日とも落選させる(このへんよくわからない)
・会場では写真入りIDチェック必須(顔写真入り身分証明書のない人は入れない?)
・その際エントリー時に登録した顔写真との相違があれば入場不可(転売防止)

というある意味大変なハードルを越えれば必ずチケットを入手できるのかというと、抽選なんです。
そして当選すれば必ず来るかというと、実は入金期限までに入金しなければキャンセル扱いにできるのです。
つまり、申し込んだはいいものの、やっぱ行かないってひとはペナルティはなしで行かないで済むのです。

すごい。
じゃんけんみたい。
あっちに勝とうとするとこっちに負ける。

転売防止ってのは、行きたいけどチケットを入手できなかった人に、高値で売りつける無許可の問屋さんを駆逐するってことで。それは立派。
よりたくさんの人に見てもらいたいから2日分の抽選は外れるようにってのがよくわからん。
2日間とも出るのはHi-STANDARDだけ。より多くの人にハイスタを見てほしい?の?
でもなんか強気で抽選落としまくってチケットSOLDOUTしなかったから最終エントリーという名の在庫再販売期間を設けちゃって。。?

ちょっとかっこわるいなあと思う。
かっこつけようとしてかっこわるいってスゴイかっこわるいと思うよ僕は。

社会的な風潮とか評価とかにあんまり興味がないようにしてる僕としては、
実は転売って別に悪くないと思うんだけど。
組織的な転売屋さんとかは確かに腹立つなあとも思うんだけどね。

行きたかったフェスに友達と行って、でも僕の分はあるけど友達の分のチケットはなくて、ダフ屋さんにいくらか聞いたらスゲー値段で、マジかマジか!?コーラおごるから半額にしてくれっていってからかったり。
会場まで行って「余ってたら1枚お願いします!!」って段ボールにマジックで書いて、親切な人に定価で譲ってもらってほんとにうれしかったり。ありがたかったり。
それでその売ってくれた人と一緒にフェス回ったり、僕の興味なかったアーティストについて教えてもらったりとかとか。
たのしいこともあると思うんだけどな。

転売を駆逐することで、普通にたのしみにしててチケット買ったけどどうしても行けないって人は友達にも譲れずチケット代をただお布施するだけになるのかなあ。

フェスってお祭りなのにハードル高すぎるって。

へんだよね。

僕はいろいろ買い込んで転売する気も、転売の人からめっちゃすげえ値段で買う気もないから、そういうのを禁止する気持ちがよくわからん。

がんばってすてきな音楽を作って、みんなにたのしく聴いてもらえばいいじゃん。

売れなくて困ったとしても、格好つけたかったんだから格好よく裏で泣きなよ。

とか思いました。

女性のサインと出会い
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。