広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

【子供服のリメイク】アップリケで女の子服から男の子服へ簡単リメイク

今日は、女の子服を男の子服にリメイクする最も簡単だと思うリメイクを紹介します。


準備するのは、「アップリケ(ワッペン)」です。

私は、100均(セリア)で買いました!



私は、子供服をほとんど買っていないんです。

兄弟や親戚、友人などがおさがりをくれるので、ありがたくいただいています。

子供服は買うと結構なお金がかかるし、子供が小さいうちは1回くらいしか着てないのに、

サイズアウトする場合が多いですよね。


おさがりをいただいてありがたいと思っているので、私もサイズアウトした子供服を

もらってくれる方に差し上げています。

ところが、今回は男の子へあげることになって、女の子服を男の子服へリメイクする方法

考えたわけです。


冬用のズボンです。色は、男の子でも問題無しなのですが・・・



裾にミニーちゃんの刺繍がしてあって、これが少し気になったのです。



そこで、ミニーちゃんを「アップリケ(ワッペン)」で覆うことにしました!


私のミシン、初登場です(笑)



縫うだけです!

手縫いでもOKですが、「アップリケ(ワッペン)」が硬いので、手が痛くなります。

私はミシンをおすすめします!


完成です\(^^)/



今回は、女の子服から男の子服へリメイクするために「アップリケ(ワッペン)」

使いました。

でも、作ってみたら案外楽しくて、リメイクじゃなくてもオシャレの1つとして、ウチの子供の洋服に

可愛い「アップリケ(ワッペン)」をつけてあげたいという気持ちになりました!


(*ノε`*)ノシ



▼私の使っているミシンです!

【子供服のリメイク】スカートのフリルでフリル付きの袖にする方法

子供服のリメイクを紹介します。


今回は、サイズアウトしたフリル付きスカートを使って、

袖にフリルをつけてみたいと思います。


これが、完成品です\(^^)/




裁縫初心者の私は、フリルを作りたくても専門的な知識がなくてできないのです。

だから、既製品のフリルを利用しようという考えです(*´ω`)



ネットで売られている洋服などを参考に、仕上がりをイメージしながら作ると

成功する確率UP!!

▼こちらの袖を参考にさせていただきます。

袖のフリルは、子供のお気に入りです。



なので、着てくれないタンクトップをフリル付きの袖にリメイクしたいと思います!


「タンクトップ」と「サイズアウトしたスカート」です。



「タンクトップの裾の幅」に合わせて、スカートを切ります。

後で、タンクトップの裾に縫い付けるためです。


私は、正確には長さを測っていません。

正確に測ろうとすると、時間がかかるし、服が完成する前に疲れてしまうので(笑)



スカートの上の部分の布を使って、袖のフリルにします!

袖に合わせてフリルの形を整えて、まち針でとめてミシンを表側からかけます。


袖にフリルが付きました!(左側)。 裏を見てみると、こんな感じ(右側)。



布が大幅に余っているので、適当な部分(赤線)でカットします。


スカートの下の部分は、「チュニックへ簡単リメイク」の要領でタンクトップの裾に

縫いつけました!


さらに、アクセントとして「ハート」を縫い付けました。

「ハート」は、以前リメイクした服を子供に着てもらえなかったので、そこから切り取りました。

頑張って作っても着てもらえないこともあります(笑)


このリメイクは、写真を撮りながらで、1時間〜1時間半かかったと思います。



今回は、子供に着てもらえ、節約成功です!!



子供には、「ちょっと飾りが足りないけど、着るね」って、言われちゃった(*ノε`*)ノシ

どれだけ派手に作ればいいのでしょう(笑)



▼私は、このミシンを使って作っています!

【子供服のリメイク】思い出の洋服で簡単シュシュを作ろう!

子供服のリメイクを紹介します。


子供が着ていた服で、思い出深い服はありませんか?


人に譲ったり、売ったりするのは気が引けて、手元に残しておきたい洋服です。

そのまま保管しておくのも良いと思うのですが・・・。

そのお気に入りの洋服を簡単リメイクで「シュシュ」にすることができます!



この「シュシュ」は、もともと90cmの子供用のチュニックでした。

手元に残しておきたいな〜と思って、探していたらある本に出会いました。



「リメイク1年生」という本です!


この本には、「シュシュ」以外にも、洋服の簡単なリメイク方法が載っています。



初心者向けのリメイクの教科書です!

「他にもリメイクがしたい!」という方は、本を買うことをおすすめします。


「シュシュだけが作りたい!」という方は、All Aboutというサイトの

「手作り簡単!ハンドメイドシュシュの作り方」を参考にすると、本を買わなくても作ることができます。

大人用のシュシュにする場合は、布の長さを60〜70cmほどに大きくすると良いです。



手縫いでも、ミシンでも作ることができますが、私はミシンの方が早く作れるので好き。

でも、「シュシュ」の最後に行う処理のまつり縫いは、手縫いです。


私が使っているミシンは、こちらです。

「簡単なリメイクをしたい」という人におすすめします!

片手で持ち運べて、コンパクトサイズなので場所も取りません!!


思い出の洋服を子供用、または大人用のシュシュにしてみませんか?(*ノε`*)ノシ




Tシャツの丈を長くする子供服のリメイク

今日は、Tシャツの丈を長くするリメイクを紹介します。

子供が男の子でも女の子でも使えるリメイク方法です!


子供の通っている園から「絵の具遊びや泥遊びで使う、汚れても良い服を用意してください」

との連絡がありました。

「汚れても良い = 汚れて着れなくなることを覚悟する」ということです。


汚れても良い服って難しいですよね(笑)

普段着ている服は、汚れて着れなくなると困るし、だからと言って汚れても良い用の服を買う?

って、お金がかかって嫌なので・・・。


だから、サイズアウトした服で、丈が長ければ着られる服の丈を長くすることにしました!


完成品です\(^^)/



裾の濃いピンク色の部分が、付け足した部分です。

元は、おさがりでいただいたキャミソールです。

子供が着ないのでリメイクに使うことにしましたm(_ _)m



Tシャツの裾と幅が合う部分を探して、キャミソールを切ります。

今回は、ハートの模様がちょうど真っすぐプリントされていたので、ハートの模様を目印に、

チャコペンで線を引くなどの面倒なことをせずに布を切ることが出来ました!


Tシャツと切り取ったキャミソールをまち針でとめて、ミシンで縫います。



赤いやじるしのところが、ミシンで縫った部分です。


できあがったTシャツを裏返してみると、こうなっています。



キャミソールだった布は、切りっぱなしです。切りっぱなしでも、ほつれてきません。

縫い目は、少し曲がったりしてますが、良く見ないとわからないのでOKです(笑)


私は、汚れても良い服を作るために丈を長くしましたが、オリジナルのTシャツを作ったり、

お気に入りの服の丈を長くして復活させたりするのに使える技です!


失敗を恐れず、まずは1枚縫ってみませんか?(*ノε`*)ノシ




ちなみに、私が使っている激安ミシンです!!

子供服をチュニックへ簡単リメイク!

衣替えの季節ですね。

衣替えなどでタンスの整理をした時に、再び着る服、おさがりであげる服、使い捨て雑巾にする服

そして、リメイクする服に分けます。


今回は、丈が短くなった服にフリルを付けて、チュニックにする簡単リメイクをしました!

リメイクする場合には、どんな風な仕上がりにしたいか、ネットなどで売られている服を参考にします!

仕上がりを考えておくと失敗が少ないからです(*´ω`)



子供服は、買うと結構なお値段がしますよね〜。



その値段を考えたら少しの手間をかけて、リメイクをした方がはるかにお得です!



今回は、長袖Tシャツに、サイズアウトしたチュニックの裾のフリルを付けました!



完成品です\(^^)/




これが、サイズアウトしたチュニックです。



フリルのところだけ切り取って、長袖Tシャツに縫い付けました。

長袖Tシャツの裾とフリルの幅が合うところで切ることがポイントです!




白い糸がミシンで縫いつけた部分です。

これで簡単に、長袖チュニックになります!


これは、半袖Tシャツのリメイクにも使えます。

丈を長くしたい半袖Tシャツと、付け足す布さえあればOKです!

私のような初心者は、サイズアウトした服の裾(フリルが無くてもOK)を使えば、

裾の始末などをしなくて良く、ただ切って縫えば良いだけなので簡単です!


丈を長くしただけで新しい服を買わずに、服が着れるように復活するので節約できます\(^^)/

ぜひお試しください(*ノε`*)ノシ



ちなみに、これが私が使っているミシンです。

本格的に子供服を作りたい方には向いていないかもしれませんが、

私のように「簡単リメイク」をしたい方には、このミシンで十分だと思います!

「リメイク1年生」を参考にした子供服のリメイク

今日は、子供服のリメイクを紹介します。


私が参考にしているのが、「リメイク1年生」という島本めぐみさんの本です!

この記事の一番下で紹介させていただきます。


ありがたいことに、我が家は子供服を兄弟や親戚、友人からおさがりでいただいています。

本当にありがたいのですが、最近は子供が服に対してこだわりが強く、

いただいた服の色やデザインを嫌がることも多いです。


何もしなければ、その服を子供は着ない。

子供が嫌だといったところを直してしまえば着るだろうとの考えで、リメイクしてます!


今回の服で子供が嫌がるデザインは、「えり」「ボタン」でした。


なので、「えり」と「ボタン」をとってしまいました\(^^)/




「ボタン」があった所には、サイズアウトしたキャミソールのすそをあてました。




「えり」の部分は切った後、折り返して縫っただけです。



子供は、ピンクの色は好きなので、「かわいいー。これなら着るー。」と言いました♪

これを着るのは、今年だけです。

来年にはきっと、きつくなって着られません。


だったら、ちょっと直して着たほうがお得ってこと(*ノε`*)ノシ



【子供服のリメイク】チュニックからスカートを作るリメイク

朝8時前のブログ更新で、今日は少し節電ができました\(^^)/

我が家は、朝8時までの方が電気代が安いんです!(過去記事へ


さて、子供服のリメイクです。

サイズアウトした子供服や、おさがりでいただいたんだけど、子供の趣味に合わなくて

子供が着てくれない服がある場合の活用術です。


ミシンを使ってリメイクします!



私が使っているミシンです。同じものを私は10500円で買いました(泣)


ミシンの知識は、中学・高校で習った家庭科レベルです。

ミシンで真っすぐ縫うができれば、OK^^



作品1:ズボン+キャミソールで「スカート」



これは、子供に不評で履いてもらえませんでした。

緑色が嫌いだったようです。失敗・・・。


作品2:チュニック+チュニックで「スカート」



これは、子供に好評で、見事スカートとして復活しました!!




花柄の生地が薄いので、裏地もつけました♪

チュニックをスカートの長さに切り、腰にゴムを通す部分を縫って、

最後にゴムを入れるだけ!!


子供は動き回るので、縫い目がずれていても、目立ちません(笑)


スカート代、節約成功でーす(*ノε`*)ノシ




似合ってるキラキラ

子供服をリメイクして、手作りコップ袋を作ろう

サイズアウトした洋服なんだけど、子供が気に入っていた。

あるいは、私自身が気に入っていた洋服だった場合の活用術です。


ところで、そもそも子供服を活用しようかな・・・と思ったのにはきっかけがあります。

人生の先輩である義理のおばさんが、「子供の洋服を全部あげてしまって、

何か1枚でも残しておけばよかった・・・。」と、今年のお正月におっしゃっていたのです。


私も今まで、サイズアウトした洋服を全部、兄弟や友人の子供にあげていたので、

もしかしたら、義理のおばさんみたいに考える日がくるのかな・・・と思いました。


で、作ってみたコップ袋がこれでーす\(^^)/



これは、子供服の袖の部分。

下の赤いひらひらの所から、服を着ていたとき手が出ていました。

左右の袖2枚を縫い合わせてあります。


コップ袋、もう1つありまーす\(^^)/



ミニーちゃんがポイントです。

Tシャツの裾の部分でした。ミニーちゃんとその下のひらひらがかわいい♪


保育園でコップ袋を毎日使うので、大活躍です!


ちなみに、100均のコップ袋は、洗濯をするとすぐに色落ちをしました・・・


コップ袋を買うと、安いものでも400円近くします!


ということで、手作りがかわいい&節約です(*´ω`)



手作りする時に、綺麗に作ろうと頑張らないことがミソです。

ミシンでダーっと縫ってみよう♪
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。