広告

posted by fanblog

冷蔵庫でほうれん草を長持ちさせる方法と「鮮度たもつくん」の紹介

節約術・ご飯編です。



冷蔵庫の中で、ほうれん草が傷んでしまった!ってことありませんか?


我が家の冷蔵庫は、旦那くんが独身時代に使っていたものをまだ使っていて、

1人暮らし用の冷蔵庫なんです(笑)


夏前は、涼しい場所に置いておけば野菜も日持ちしたのですが、夏になったらやっぱり冷蔵庫に

入れないと傷んでしまいますね。


でも、我が家の冷蔵庫は野菜室が小さいのです。

ほうれん草を冷蔵庫の棚に横に置いておいたら、すぐに傷んでしまいました・・・(´Д⊂



なぜだろうと思って調べてみたところ、AsahiKASEIらくらくキッチン科学に理由が書いてありました!

ほうれん草を「横に寝かした状態だと、ストレスがかかり、野菜から出るエチレンガスで傷みが

早くなります。」
とのことでした。


エチレンガスは、植物の成長や成熟に働く物質ですが、エチレンガスを浴びつづけると植物の老化に

つながります。


なので、ほうれん草は、冷蔵庫で葉を上にして立てて保存するのがベストなのです。

冷蔵庫がいっぱいの時には、ほうれん草をゆでてから水にさらして、1回に使う分ずつ小分けにして

ラップで包んで冷凍保存すると良いとのことです!


冷凍保存したものは、お味噌汁やうどんにそのまま入れたり、解凍してからソテーにできます。



さらに、こんな商品も見つけました\(^^)/

「鮮度たもつくん」です!

「鮮度たもつくん」は、その名のとおり、野菜の鮮度を保ってくれる商品で、

野菜の老化につながるエチレンガスを吸収・分解してくれます。


冷蔵庫に「鮮度たもつくん」を設置するのも良いかもしれませんね(*ノε`*)ノシ


「鮮度たもつくん」の効果


【楽天】

オルディ 鮮度たもつくん

価格:398円

感想(0件)




【アマゾン】




この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。