広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月20日

友人の結婚式で大号泣する俺!

いやはや、先日、友人の結婚式があったのですが、涙が止まらず大号泣してしまいました。
なぜ涙が止まらなかったのか、「嬉しい」という単純な気持ちだけでは説明の使用がない程に、泣いてしまったので、自分でもちょっとわからないのです。

親族をほっといて泣いていましたので、周りからは引かれていたかも・・・。

いつもひねくれている私も、これほどまで純粋に、「結婚っていいな」と思ったことはありません。
「人間っていいな♪」ぐらい、「結婚っていいな」って思いました。
(『人間っていいな』を知らない下の世代の方は、ググって下さい)


独身貴族を突き進もうと心に決めていたにも関わらず、今とてつもなく、漠然と、結婚への憧れが膨らんでいます。
こういう状態が、結婚をするタイミングなのかもしれませんね。
そのタイミングが合ったり合わなかったりで、相思相愛のカップルでも、相性が最悪のカップルでも、結婚しなかったり、結婚したりするのですから、結婚を意識するタイミングというのは、非常に大切なのかもしれません。
結婚したい女性は特に、男性のタイミングが知りたいことでしょう。
殆どの場合、彼氏がいる女性なら「待つ」ことしかできず、そして、待てなければ、「別れ」を決断するしかなくなってしまいます。
私のように、友人の結婚式に感化されるケースもあるので、今の彼氏と結婚をしたいと思っている女性は、一つの参考として、タイミングを見極める判断材料に、「友人の結婚式」を入れて下さいね。

いや〜、結婚っていいですね。
幸せそうとかそんなもんじゃなく、どんな苦難も一緒に乗り越えたいと思える大切な人がいるというのが、ステキに感じました。

まずは相手を探さないと話にもならないのですが……、「結婚っていいな」とつい思ってしまった、今日この頃でした。
posted by 瀬戸樹 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2017年03月13日

猫の盛りを分けてもらいたいほど落ち着いている今日この頃

最近全くブログも更新していませんね!
ありがたいことに、本当は仕事などしたくないダメな私ですが、「お仕事ちゃんとしよう」と思い、着々と仕事量を増やしている次第なのです。
先月に2倍、今月から更に2倍増やし、4倍増えました。

そんな感じですが、最近飼っている猫が盛り出しまして・・・。
猫飼ってる人は毎年感じていることなのでしょうが、声がうるさいですよね。
猫の盛る元気を分けてもらいたいと思う程、何かこう、最近落ち着いているんですが、そんな時期って、男にも女にもありますよね。

落ち着いている時期に恋愛が発生すると、盛りの時期とは違い、違った雰囲気と言うか、感じで恋愛ができるのも確かなのです。
浮ついていない分、ゆっくり仲を深めることができる感じですかね。

何分、思い立ったらすぐに行動する性分で、“待つ”ことがとても苦手なのです。
明日のあるかわからない命なのに、今せずにどうするのかと生き急いでしまっているのかもしれません。
私の思考回路は極端らしいのですが、殆どの人は、明日も同じ一日がやってくると、何の違和感も抱くことなく、普通に思っているらしいです。
勿論、私もそうですが、でも、心の片隅に「IF」を抱いている為、当然の如く未来が来るとは思っていないのです。
だから悔いることないように生きているので、多くの人が、「あの頃に戻りたい」と思うのとは違い、一切戻りたい過去などありません。

一生懸命に未来の計画を立てる人もいますが、いや、それが普通でしょうし、多くの人には、計画通りにせよ、計画と違うにせよ、普通に未来が来ると思いますが、どうにも人間性の違いを感じてしまいますね。

不安を抱き、過敏になるのとは違い、心の片隅にイレギュラーが発生する恐れを持っているということは、イレギュラーに対して動じない心を養えると思うのです。
よく、「動じないね」と言われることがあるのですが、それはまさしく、そんな気持ちが根底にあるからかもしれません。
簡単な例えでは、ガラスのコップが割れようが、自分が病にかかろうが、人が終わりを迎える日がきても、動じることなどないのです。
諸行無常とは良く言ったもので、取り乱すことなどないと教えてくれているようではありませんか。

恋愛の話から逸脱してしまいましたが、こじつけて話を恋愛にするなら、恋愛においても何も動じることなどありはしません。
例えば、ずっと片思いで雲の上の存在と思っていたイケメンが、自分を好きと告白してきてくれたら……天にも昇る気持ちになり、胸が張り裂けんばかりの鼓動を上げ、乱れに乱れ、魂がどっか抜け出たような、手の感覚さえも、自分の思考で動いていないような感じになるのではないでしょうか。
でも、そうなることもあるし、そうならないこともある。と思っていれば、動じることがないですよね。

年齢を重ね、成熟した“大人の女性”になれば、動じることもなく、双方、言葉に色彩がかかり、審美の理を語らぬ瞳で通じ合える、ステキな恋愛ができるのですが、どうにもなかなか、そういった女性の数は少ないように感じます。
そうなってくると、相手に合わせるしかなくなってしまうのですが、こればっかりは仕方ありませんね。

ただ単に年齢を重ねただけでは、やはり、精神的な部分、特に恋愛部分に関した精神は、成長することがないように感じます。
ステキな大人の女性になりたいと、多くのコラムや雑誌を読み漁る女性もいると思いますが、上辺だけの成長は、本質的な精神を成長させてはくれないと思いますよね。
大人と言えば、動じることなく性欲のままに男をむさぼれるようなイメージを持つ人もいるかと思いますが、それとは違います。
それは、ただ欲情し、盛りを迎えた女になっただけだと思いますので、普遍的な“大人の関係”が“大人”の定義と思わない方が、あなたは良い成長をできると思いますよ。

二転三転、思いつくままに書いており、内容がまとまっていないですが、今日はこんな気分だったので悪しからず。






posted by 瀬戸樹 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2017年03月02日

焚き火ライブ……寒すぎた

最近、なんかこう、胸の辺りがモヤモヤしているのは何故なのか……?
どうも瀬戸樹です。
いつもブログを見て頂いてありがとうございます。


もう3月になってしまいましたが、2月26日(日)に『月刊ー焚き火ライブ』が開催され、無事終了しました。
焚き火ライブは野外ライブなのですが、諸々の事情により、バンド形式での野外ライブを開催することができなく、今回は、アコースティックライブ形式で全出演者、アコギorエレキ での弾き語りライブとなりました。
瀬戸樹も参加させて頂きましたが、今回は写真を一枚も撮っておりませんm(__)m
僕の写真を撮ってる人はいると思いますので、入手次第UPさせて頂きます。
鹿児島とは言え、2月はまだまだ寒〜ござんす。
野外ライブですので、寒さが身に沁み、出番が終わった後は、ただただ凍えているだけでした。

2月は急激にライブ出演が決まってしまったので、3月はライブ活動は自粛しましょう。
今は仕事の方が大切な気もするし、やりたいこともある!

恋愛系のコラムを執筆しているのですから、たまには恋愛系のブログも更新しないとですよね・・・。
何かあるかな・・・。

たまには自分の話でもしましょうかね。
こんな仕事をしていると……その前に、私のコラムはどこぞのライター達と違い、9割は実体験を元にしている記事なのですが、私の彼女となる女性にとっては、私の職業は何とも言えぬ職業なのです。
記事の内容は、勿論色恋の話ばかり。
当然、昔の女たちとのエピソードや彼女の知らないことばかり書いてある訳で、それならまだしも、その彼女がしてもらったことのないエッチな話なども、てんこ盛りに書いてあるのです。
見てはいけない、検索してはいけないと思っていても、ついつい私の記事を見ては、消沈したり、喜々に満ちたり、本当に心が忙しいことでしょう。
面倒くさいので、自分の職業を隠すこともできるのですが、隠す方が私にとっては面倒くさい事です。
他人がどう思おうが、私の知らぬところ。たとえ彼女だとしても、関係ないことはありませんが、やはり知らぬところなのです。
でも、今の仕事が原因でケンカしたり、別れたりという経験も数多くしており、たまに嫌になることもあるのですが、仕事は仕事。
少なからず私の記事を参考にしてくれたり、面白いと思って読んでくれる人がいる限り、生活が苦しくとも、やりがいのあるものだと感じているのです。

とある女性に、「仕事を理解してくれる女性もきっといるよ」と言われたことがあるのですが、それは甘し。
私のことを好きではない女性なら、私の記事を、何も思わずに見ることはできるでしょう。
でも、好きになってしまうと、何も考えずに見ることなどできなくなってしまうのです。
どれだけ経験があるのか……、誰のことを書いてるのか?……私のことを書いてるのか?……などなど、ケンカの種やモヤモヤを誘発させる火種は、よりどりみどりなワケですから、見てしまっては最後、どこにもやり場のない怒りや悲しみに押しつぶされ、皆、別れを決断してしまうのです。
私も私なりに忠告はするんですけどね。
「見るのはあなたの自由。でも、それは仕事だから、記事を見て何か思っても絶対に俺に言わないでくれ!」
「どうせ嫌な思いしかしないから、見ない方がいいと思うけどね!」と・・・。
見るなと言われれば、見てしまいたくなってしまうのでしょうかね。
でも、見てみたいと思う程、私のことを好きな証拠でもあるし、全く興味を示さないよりかは幾分いいのかもしれませんね。

この仕事をしている限り、長〜く続く恋愛はできないかもしれません。
まあ、そもそも長い恋愛ができるタイプでもないのですが、自分の身を削って書いているからして、多くの読者様に好評いただいているのも事実なのです。
他人様の酷評をするワケではないのですが、恋愛を多くしている者からしてみれば、ウソばっかり書いているライターさんや、恋愛経験ないでしょ?と思うようなライターさんも多く存在していて、まあ、読者様方がそれを読んで楽しいと思うのが一番なので、ライターの経験の豊富さなど関係ないのですが、薄い内容の記事を見ると、読者様に申し訳なく思わないのか?と思うこともあるんですよね。
やはり、自分の経験や経験の豊富さから考察することは、恋愛経験が浅い人の意見よりかは、多少は約に立つと思っていますので、自分の恋愛がご破算になろうが、理解してくれる人がいなかろうが、求める人がいる限り、頑張りたいと思う今日この頃でした。






プロフィール
瀬戸樹さんの画像
瀬戸樹
はじめまして。 恋愛系の記事を主に執筆している、フリーランスライター/自称シンガーソングライターの瀬戸樹です。 ブログでは、日々の出来事(仕事がら家に閉じこもり気味ですが)や 恋愛にまつわること、自分の興味のあること、読者の方にも 役に立ちそうなことなど、紹介出来ればと思っています。 実際には、ブログの更新は不定期&気まぐれなので、 どうなるかわかりませんが、頑張ります。
プロフィール
最新コメント
ファン
検索
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。