広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
せっかくのSEO対策の成果を生かすためにもdescriptionはきちんと記述しておきたいものです。検索結果に表示されるdescriptionの文字数は120文字程度なので、この文字数以内におさめることがまず第一の条件になります。これ以上長い文章を記述してしまうと、最後のほうが表示されず意味が通らないことがあるので気を付けましょう。
120字以内ではありますが、実際は30字から50字程度の短文ふたつくらいにおさめておいたほうが効果的です。descriptionはページタイトルの下の狭いボックスに表示されるので、あまりに冗長だと非常に読みづらいのです。
また、検索キーワードを盛り込んでおくことも大切です。SEO対策自体としての効果は薄くとも、ユーザーの検索キーワードがdescriptionの記述の中にあれば、その部分が太字で表示されるようになっています。これはひと目でページの内容を理解させてくれるので、ユーザーを誘導できる確率を大きく引き上げることができるでしょう。【初心者もすぐできるSEO @】SEO対策のはじめかた
少し前に、有効なSEO対策を見つけました。それは、長年運営している無料ブログのサイトを買い取るのです。無料ブログですから運営する費用は全くかからないのですが、サイトを開設してからこれまでの年月が価値があるのです。

グーグルは、サイトの運営歴を記録しています。長く運営をしていれば、それだけ被リンクを得たときの価値が高まるのです。そんな事があるので、運営歴が長い無料ブログは価値があるのです。その無料ブログを売買しているサイトがあったのです。

1年以上運営しているブログは、それなりのパワーが期待できるのでなかなかの価格で取引されています。被リンク媒体の1つと考えればそれ程高い買い物ではないので、運営歴の長い無料ブログをいくつも買いそろえて行くのは、新たなSEO対策としては有効な考え方だと思います。

ただ、無料ブログだからといってもコピーコンテンツや、類似コンテンツなどが掲載されていた場合には、グーグルからペナルティーを受けている可能性もあります。SEO対策|手順・1位の事例・初期対応を無料で教えます
どのようにして被リンクを集めていくかを考える事が多くなりました。自分で無料ブログを運営したり、サテライトを構築したりするのはかなり手間がかかる作業だし、楽に被リンクを集める方法を考えているのです。

その方法の1つとして、ブログサービスのテンプレートを作ってしまうという方法です。既存のテンプレートにいくらか手を加えることにより自分のオリジナルのテンプレートになるのです。そのテンプレートを配布する際に、自分のメインのホームページのリンクを記載することが可能なのです。

そうなってくると、このテンプレートを使ってくれた人は、自然と全てのページにリンクページを使用している事になります。なので、自然と大量の被リンクが集まるというSEO対策なのです。

ただ、このようなリンクの集め方は、グーグルは不適切だと指摘しているところがあるので、もしかしたら被リンクの効果を大幅に減らされているかもしれないのです。少なくとも将来的にはこの方法は全く無意味になると考えられます。SEO対策 | 株式会社ディーボ
被リンクが多いサイトは検索エンジンで検索を掛けた際に上位に表示されやすいです。被リンク元が大きなサイトなら尚更です。だからこそサイトのオーナーは大きなサイトからの被リンクを欲しがるのです。
企業のサイトなら企業同士でリンクを貼り合うこともあるかもしれません。しかし、個人のサイトが企業からリンクを貼ってもらうのは難しいでしょう。個人サイトがリンクを獲得できるのは、やはり個人サイトからの場合が圧倒的に多いのです。
しかし、個人サイトの中にも大手サイトはあります。それ自体が検索エンジンから高い評価を受けているサイトから被リンクを獲得することが出来れば、自分のサイトも高い評価を受けられるかもしれません。
SEO対策では被リンクがとても重要です。と言っても中身のない被リンクではなく、実績に裏打ちされた被リンクです。効力の高い被リンクを獲得したいなら、まずは大手のサイトに認めてもらい、リンクを貼って貰えるような素晴らしいサイトを作ることに尽力してみましょう。SEO対策の実践方法と成功事例まとめ|デジタルマーケティングラボ
SEO対策はサイトを検索上位へするための対策ですが、あまりにもやりすぎてしまうと逆効果になってしまう恐れがあります。

GoogleはHPのサイトを巡回しながら、上位検索にすべくページの内容をチェックしていますが、自分のHPを他の似たような内容サイトからコピペしてきて貼り付け、空いた部分にアフィリエイト広告タグを貼り付けているようなサイトを作っていると、検索されなくなる恐れがあります。

SEO対策を請け負う会社に依頼をし、被リンクをたくさん集める方法もありますが、確かに方法的には間違っていないのかもしれませんが、なかには質の悪い非被リンクばかりをどんどん増やしていった結果、HPが検索されなくなるHPもありますので、激安や格安・成果報酬型を歌っている会社には注意をしておいた方がよいでしょう。

自分のHPを上位検索させるためには、訪問してくれるユーザーが再度訪問したくなるような、質の良いコンテンツを追求し、ためになる情報を発信し続けることが大切です。SEO(検索エンジン最適化)とは | SEO基礎知識 [SEO HACKS]
SEO対策のサービスを申し込みたいと考えているんですが、実際どこかいいのかイマイチわかりません。
何から手を出していいのかさえ不明なんですが、初心者にもつきっきりでアドバイスしてもらえるようなサービスってあるんでしょうか。

そもそもSEO対策を考え始めたのは、釣具店を営む私が息子にサイトの管理を任せていたことにさかのぼります。
独学で奮闘しながらも作ってくれた見栄えが決していいとはいえないサイトでも愛着はありました。

ただ、作っただけで満足してしまってお客様に見ていただかないと意味がないと気づいたんです。
サイトの存在を口に出す方は今まで1人も存在せず、ネットの荒波にもまれてしまっては終わりなんですよね。
とにかく存在を知ってもらって、そこから集客に繋げなければ今後はどんどん厳しくなってくるでしょう。

こんなわけでSEO対策のサービスを申し込みたいと考えに至ったのでした。
もう少しリサーチしてみてどこかよいところがあればすぐにでもと考えているのです。002.1.SEOってそもそも何!?―SEO対策の基本|初心者でもわかるSEOの考え方|月刊ソウサス
被リンクをメインとするSEO業者が減ってしまったのは、Googleが被リンクの媒体を全てチェックするようになった事が要因だと考えられます。

ペナルティを受けるサイトの場合は、いくつかの被リンクサイトからリンクを集めるのですが、同じ被リンク媒体から別のサイトへリンクを供給することになります。そうなってくると、リンクファームのような状態が考えられ、Googleは全てのサイトにペナルティを与えることが考えられます。

そんな事から、被リンクをメインに扱っているSEO対策業者は、いくつものお客さんに被リンクを集めていると、商品となる被リンク媒体のサイトがGoogleにペナルティ扱いとなってしまえば、仕事ができなくなってしまいます。

お客さんのサイトが圏外に飛んでいけば、クレームが殺到することは間違いありません。そのような状況が考えられるので、Googleに補足されるスタイルの被リンクを扱っている業者は、営業が出来なくなっていったのだと考えられます。検索エンジン最適化 - Wikipedia
最近のSEOは一昔前とは随分と性質が変わって来ました。外部要因
のSEO対策がそこまで意味を持たなくなってきましたね。これからは
内部の要因を分厚くしていく方が良さそうです。

ポイントはとにかく人の役に立つ、と思われる事に尽きます。リンク
なんかはあまり重要では無くなって来て、記事の内容はどうなのかとか、
どれくらい真剣に作ってあるか、なんて言う人間でなければ判断出来ない
ようなものが重視されているようです。

あくまで傾向ですけど、いいねボタンとか、色んな拡散があったとか
の要因も関係しているように思えます。喜ばれているにも関わらず
SEOが弱いと言う事もほとんど無いようです。

個人的に感じるのは、どれくらい他と違うモノがあるか、と言うのは
注目したい所です。ホントに好き勝手に、むしろ見てくれる人を置き去り
にしたような事を書いてあるようなモノが、検索で高く評価されている
なんて事もありました。

それ自体は中身が無かったせいか、ほどなくして消えてしまいましたが、
余程他と違う内容だったんでしょうね。オリジナリティなんて言われる
モノですが、これからは荒唐無稽な物も戦略になるのかも知れません。必見!SEO対策で上位を取る方法を分かりやすく解説します。 - スキナモノート
サテライトサイトをいくつも構築するSEO対策をしていると、メインサイトよりも大幅にクオリティーの低いサイトが量産されてしまいます。このようなサイトはグーグルからすると無駄なブログなので、検索順位でもほとんど上位に顔を出すことはありません。

本来はサテライトサイトを作るときには、独自ドメインで運用しますが、そのサテライトサイトに被リンクが集まっていないので、順位を上昇させることは難しいのです。その点、無料ブログを利用すれば、これまでに利用していたユーザーの被リンクが集まっているのです。

なのでドメイン自体のパワーが高いので、自分で被リンク無しのサテライトサイトを構築したときよりも、サイト自体の評価は高くなるのです。この評価の高いサイトからリンクをもらうことによって、メインサイトの支持率が大幅に高まってくるのです。

そんな事を考えると、サテライトサイトを構築していくのは手間もかかるし、お金もかかり、リンクパワーは弱い傾向にあるのです。SEO対策|検索上位を独占するために弊社が行っている36の手順

激化するSEO対策競争

「SEO対策」という言葉を最近、インターネット上でよく目にすることも多くなってきました。ただ、SEO対策という言葉だけでは何がどういう意味をもった言葉なのかピンと来ないですよね。SEO対策というのは、皆さんがよく使っているインターネット上の検索エンジンを最適化することで、自分のホームページをより多くの人に見てもらうための技術のことを指して言います。多くの人にホームページを見るということは、それだけ広告や宣伝の効果が増大するということです。サーチエンジンマーケティングとも呼ばれます。1つの検索エンジンだけでなく、国内でよく利用されている検索エンジンをピックアップしてSEO対策をする事業を行っている業者もいて、いかに工夫をこらし、検索結果の上位に自分のホームページを見てもらえるか、業者同士の競争の激しくなってきている業界でもあります。中小企業などが1から自分のホームページを検索結果の上位へ持っていくのは非常に困難だと言えるでしょう。SEO対策とは〜初心者でも分かるSEO対策の基礎〜|ferret [フェレット]