2020年02月01日

「EU離脱」

2020年2月1日、とうとうイギリスはEUを離脱しました。
果たして今後、イギリス、そしてEUはどうなっていくのか?
ということで、今回はGoogle先生に「EU離脱」を聞いてみました。
EU離脱.jpg


まずは、
トップニュースから、

イギリス EUから離脱 加盟国で初めて
NHK

EU離脱の英国は「米欧間で翻弄される未来がくる」
朝日新聞デジタル

英首相「これは終わりではなく、始まり」EU離脱・ビデオメッセージ全文 - 毎日新聞
毎日新聞

ということで、EUからの離脱はイタリアなどでは一時騒がれましたが現実とはならず、イギリスが初めての離脱となりました。未知の世界。

以下は、検索結果のベスト10です。

イギリス EUから離脱 加盟国で初めて | NHKニュース

いまさら聞けない、英なぜEU離脱? 日本経済への影響は ...

EU離脱後もイギリスが「波乱含み」な事情 | ヨーロッパ | 東洋経済 ...

英国がEU離脱 加盟国の離脱は初 - 毎日新聞

イギリスの欧州連合離脱 - Wikipedia

EU離脱の英国は「米欧間で翻弄される未来がくる」 :朝日新聞 ...

欧州分裂に悲喜交錯、英EU離脱の日 残る社会分断: 日本経済新聞

イギリス、EU離脱関連法が成立 31日23時にEU離脱へ | ワールド ...

英国のEU離脱問題 | ロイター

英下院、EU離脱協定法案を可決 年明けにも審議再開 - BBC ...

ということになっています。
2016年6月に欧州連合(EU)離脱を決定してから3年余り。
紆余曲折ありましたが、離脱を決定、現実のものになりました。
選挙を2回、議会で否決されることは何度もという状態でしたが、選挙の結果はBrexit派である保守党が大差で勝利をし、2020年のEU離脱が決定されたのです。
が、まだ、これからが始まり。
どうなるのか?誰も分かりません。
12月までは移行期間ということもあり、大きな違いがすぐに出てくるということではありません。
貿易に関しては、EUとの交渉になり、また、企業などがどう動くか、という経済面での影響によっては、再び混乱があるかもしれない・・・そんな気がします。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9601862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
Photo
最新記事
ファン
タグクラウド
記事ランキング
WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!
プロフィール
Google先生に聞いてみた(無料の先生)さんの画像
Google先生に聞いてみた(無料の先生)
プロフィール
最新コメント