2019年07月29日

「高齢出産」

高齢出産はリスクがあることは明らかなのですが、なぜか誤魔化されている気がします。
理想的な出産年齢は20代と言われてます。
人間も動物なのです。
動物だから寿命があるように、様々な部分で衰えというものは現実にあるのです。
高齢出産を支援するということよりも、高齢出産となる前に出産することの方がずっとリスクが低いことを強調することの方が有益だと思うのです。
今回は、「高齢出産」をGoogle先生に聞いてみました。

高齢出産.jpg


最初に出てくるのは、Wikipedia。

高齢出産(こうれいしゅっさん)とは、統計上または医学上、女性が35歳以上で子どもを出産することである。
高齢出産 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/高齢出産

35歳以上という年齢は明確なのです。

以下、検索結果です。

高齢出産は何が問題なのですか? 高齢出産のリスクにはどのようなものが ...

高年齢の妊娠・出産はどこまで可能なのか。「リミット」について考える

【医師監修】高齢出産って何歳から? 母親や子供に影響するorしない ...

水野美紀は43歳で出産!高齢出産したと聞いて驚いたランキング | 女子 ...

高齢妊娠、高齢出産で何か気をつけることは? | 新型出生前診断(NIPT)の ...

石田東尾ダウン症告白に見る、高齢出産賛美の裏で中絶激増 | ビジネス ...

40代で妊娠する女性が増加 高齢出産の5つの注意事項を解説 - Up to you!

高齢出産 足りぬ社会的支援 | 2019/7/28(日) 17:43 - Yahoo!ニュース

高齢出産ママの部屋 - ウィメンズパーク

高齢出産のリスクと知っておきたい考え方 | マイナビニュース

以上がベスト10です。
これらを眺めると感じるのは、高齢出産のリスク。
中絶が増えているというのも、高齢出産が増えた結果と見ることができます。
産む前にお腹の子供が五体満足かどうかは今の医療技術では早期に発見できるからです。
高齢出産により、生まれてくる子供の健康には影響があり、中絶を決断する人も多くいる。
これは、高齢出産が女性のこうしたリスクの認識をきちんとしないままに、問題先送りをした結果ではないかと思うのです。
結婚を仕事などを理由に遅くして、結果的に高齢出産になってしまった。
妊娠して嬉しいと思ったら、子供はダウン症と言われて中絶、また、そもそも高齢なので子供を授からない・・・不妊治療はプレッシャーが高く、そして離婚。
これが現実。こうした闇の部分はあまり取り上げられずに、高齢出産の支援が足りない、というような変な話になっているのです。
大切なのは、正しい知識を持つこと、人間は所詮は動物で老化するもの、という意識を持つことが重要なのです。
男性は、別に50歳でもそれ以上でも相手の女性さえ若ければ何の問題もないのです。
問われるのは収入が十分にあること、ほぼそれだけというのも、また、現実なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9013748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
Photo
ファン
タグクラウド
記事ランキング
WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!
最新コメント
プロフィール
Google先生に聞いてみた(無料の先生)さんの画像
Google先生に聞いてみた(無料の先生)
プロフィール