2019年01月05日

「徴用工」

日本と韓国の国交断絶はカウントダウン状態です。
韓国の経済はほぼ破綻状態。
国内の不満を日本に向けさせるという、まさに戦争状態なのです。
その代表的な事件の一つが「徴用工」問題。
そして「レーダー照射」までされたというのが今の日本に対する韓国の威嚇行為なのです。
今回は「徴用工」についてGoogle先生に聞いてみました。

韓国の元徴用工訴訟めぐり、日本企業の資産差し押さえ手続きが進む ...

徴用工訴訟問題 - Wikipedia

「徴用工判決」問題がこれからの国際政治に与える意外な影響(佐藤 優

徴用工問題・韓国政府は「統治能力不足のツケ」をまた日本に回す気か ...

徴用工、韓国で日本企業に賠償命令に関連するアーカイブ一覧 - Yahoo ...

徴用工問題で韓国外務省当局者「日本の不適切発言遺憾」 - 産経ニュース

菅官房長官が韓国を批判 徴用工など「日韓関係に逆行する動き」と指摘 ...

徴用工の賠償問題:ニュースまとめ【1/4更新】 - ライブドアニュース

徴用工の話題・最新情報|BIGLOBEニュース

#徴用工 hashtag on Twitter

以上がベスト10です。
ニュースにも度々取り上げられている問題です。
政治家の発言などがニュースで取り上げられても、どうしても断片的なので、ここは政府はどういう考えかということで、
「徴用工 go.jp」
で検索をしてみます。すると、

外交青書 2016 | 1 朝鮮半島 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

が二番目に出てきて、そのページを開くと、

外務省のページ、
トップページ > 外交政策 > 青書・白書・提言 > 外交青書 > 外交青書 2016 > 第2章 地球儀を俯瞰する外交 > 第1節 アジア・大洋州 > 1 朝鮮半島
が出てきて、

「朝鮮半島出身の「旧民間人徴用工」をめぐる裁判(11)については、日韓間の財産・請求権の問題は、日韓請求権・経済協力協定により完全かつ最終的に解決済みであるとの日本の一貫した立場に基づき、今後とも適切に対応していく」

とあるのです。
つまり、日韓請求権・経済協力協定により完全かつ最終的に解決済みというお話なのです。
協定ですので、日本が一方的に定めたものではなく、契約なのでお互いの合意があるものです。
こうした前提がある以上は何を言っても意味がないのですが、韓国は平気で嘘をつく国。
また、反日教育の国なので、デタラメでも日本を吊るし上げるというのは愛国無罪なのでしょう。
「レーダー照射」の問題も同じ話で、最新の韓国の反論というのは150mの高度が危険という珍解釈を突破口のように見せかけて日本の公開した映像の著作権の許可も得ずに勝手に編集して動画を公開するという国なのです。
極めて悪質な行為を日本に対して行い続ける韓国。
もう、見切りを付ける時期なのかもしれません。
徴用工.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8443415
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
Photo
ファン
タグクラウド
記事ランキング
WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!
最新コメント
プロフィール
Google先生に聞いてみた(無料の先生)さんの画像
Google先生に聞いてみた(無料の先生)
プロフィール