検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年12月19日

不動産投資(家賃収入5万円)が成功してる限り、寒い冬は東南アジアか沖縄で生活する

20190912_115433.jpg

東京も寒くなった。


やはり12月には東南アジアへ避難した方がいいみたいだ。





東京〜バンコク行きのチケットはもう取った。料金は片道1万円だった。東京〜大阪間の新幹線よりも安い。良い時代になったものだ。





さて、11月までしか東京近辺にいられないということは、一年の活動場所を見直す必要があるのかもしれない。





毎年1月、2月くらいまでは東南アジアか沖縄で過ごし、3月か4月くらいから暑くなる6月までは日本の各地で過ごす。


そして7月、8月は涼しい北海道か富山の山奥で過ごし、9月からは東京か埼玉で過ごす。




あまりにも移動が多くて疲れている時には、半年ほど同じ場所で生活することもある。





来年は京都か屋久島辺りへ移住してみるかな。



2019年12月01日

【必読】松浦弥太郎の「場所はいつも旅先だった」という旅本が名作すぎる

20191116_195235(0).jpg

相変わらず海外を旅したノンフィクションばかりを読んでいた。



その中でも特に面白かったのが、松浦弥太郎氏の「場所はいつも旅先だった」という本だった。



僕は松浦弥太郎氏のことは当たり前のように知らなかった。





この本はアメリカやヨーロッパの各地で恋人を作りながら旅をする物語である(おそらくかなり語弊がある)。


といっても性的な描写が出てくるような官能小説ではない。




旅先で出会った女性、トラブル、グルメなどがリアルに描かれている。




一人旅の醍醐味はまさに「出会い」である。




日本では決して出会えなかったような人との出会いが海外にはある。



日本で平凡に暮らしていたら決して出会えなかったような人・・・。





「場所はいつも旅先だった」は、海外へ一人旅に出るときに持参するべき本だと思った。



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。