検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年08月31日

パタヤ格安セミリタイア生活33日目の生活費を公開します

【パタヤ海外セミリタイア生活33日目の生活費】

水1 チャーハン40 格安航空券4000(バンコク〜大阪) クリームドーナツ50 すいか11

合計4102バーツ(13947円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190223_131105.jpg






またパタヤのビッグCでクリーム入りドーナッツ(10個)を買ってしまった。


これは買ってはいけないやつ。


だって、緑色のクリームなんか、着色料の塊なのだから。

2019年08月30日

パタヤ海外セミリタイア生活32日目の生活費を公開します

【パタヤ海外セミリタイア生活32日目の生活費】

水2 フライドチキン30 バナナ15 Mixライス40 しょうが焼き丼40 ゲストハウス170 

合計297バーツ(1010円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190221_142841.jpg






パタヤの名無し食堂で食べたしょうが焼き丼は辛かったなぁ。


青唐辛子が原因だと思うのだけど、たまに全く辛くない青唐辛子もあるので見分けがつかない。


タイでは散々辛いものに悩まされてきたのだけど、日本へ帰ったらこの辛い食べ物が恋しくなるんだろうな。

2019年08月29日

パタヤで一番うまい食堂は「名無し食堂」だった

某ブログで紹介されているパタヤの「名無し食堂」。


僕は一度通っただけではまってしまい、今では毎日のように通っている。

IMG_20190221_142841.jpg






名無し食堂はソイブッカオ通りの中心部にあり、あの有名なゲストハウス「18コイン」のすぐ近くにある。



※「名無し食堂」のGoogleマップはこちらです

https://maps.app.goo.gl/q73FW



名無し食堂ではいつでも満席状態なので、当然毎回のように相席となる。


メニューは中華とタイ料理の中間のようなものが多く客層には欧米人がほとんどなので、辛くない料理が沢山ある為、日本人でも安心して食べることができる。


しかし、今日食べた「しょうが焼き丼」に入っていた青唐辛子はすこぶる辛かった。あまりの辛さに水を一気に1Lくらいも飲んでしまったので、すぐにトイレへ行きたくなってしまった(おそらく名無し食堂にはトイレがない)。



名無し食堂での料金は40〜50バーツ程度のものが多く、ボリュームも屋台で食べるタイ飯と比べたら軽く1.5倍はあると思う。


数あるメニューの中でもオススメは、チャーハンとマッシュルーム丼である。

IMG_20190218_162427.jpg

IMG_20190220_135755.jpg






チャーハンはパラパラではなく、ベタベタなことが多いけれど、それでもなぜか旨かった。味付けは塩コショウと味の素に醤油も少し入っていると思う。日本のチャーハンのようにごま油が使われていないので、風味は少し落ちるけれど普通に美味しかった。



マッシュルーム丼はマッシュルームが大量に入っていて、マッシュルームが油を吸ってとてもジューシーだった。こちらの味付けもチャーハンと同じようなもので、日本人好みの味だと思う。



チャーハン、マッシュルーム丼共に40バーツ(136円)だった。メニューには値段が書いていないので、毎回とても愛想の悪いタイ人のお姉ちゃんに確認する必要がある。


ちなみにメニューに値段が書いていない理由は「頻繁に値上げをしているから」だと思われる。今は一食40バーツで食べられるけれど、一年後には50バーツに値上げをしているのかもしれない。


まあ、ボリュームがあるので、パタヤで食べるのであればそれでも安いのだけど。


 
ただ、一つだけ難点があるとすれば「ご飯が中国米を使っている」ことだと思う。中国米はタイ米よりも安く仕入れられて、ご飯の大きさがまちまちでパサパサな印象を受ける。


やはり中国米よりはタイ米の方が圧倒的に美味しい。もし、この名無し食堂でタイ米を使うようになればもっと美味しくなると思う。


まあ、パサパサでボロボロな中国米でもこれだけお客さんが入っているのだから、変える必要がないのかもしれないけれど。


ちなみに名無し食堂の営業時間は驚異の24時間営業だという。本当かどうかは知らないけれど、某ブログに書いてあった。



名無し食堂は本当にオススメのレストランなので、パタヤに滞在しているのであれば一度は訪れて欲しいお店の一つである。

2019年08月28日

パタヤで一番うまい唐揚げ屋さんはここだ!

パタヤ、というか、タイ全土の中でも一番うまいかもしれないという唐揚げ屋さんを発見した。


※パタヤで一番うまい唐揚げ屋さんのGoogleマップはこちらです

https://maps.app.goo.gl/fFf7D

IMG_20190218_154536.jpg






どこかのサイトでこの唐揚げ屋さんは「18時からの営業」と書いてあったのだけど、2019年2月現在では「16時からの営業」だということだった。


休みは毎週日曜日で、15時半頃行っても営業していることもあるので、あげたてを食べたければ16時前に行くと良い(確実にあげたてがオススメである)。



値段は大きさによってまちまちなのだけど、平均して一個15バーツ〜25バーツ程度である。


15バーツ(51円)の唐揚げでもケンタッキーフライドチキンで食べるものよりも大きく、20バーツ(68円)も出せばケンタッキーフライドチキンの軽く二倍もある大きさの唐揚げを食べることができる。


僕は毎日この唐揚げ屋さんに通っているのだけど(当然毎日15時50分頃に行っている)、今日は20バーツの特大唐揚げを二つ買うことにした。
 
IMG_20190221_160059.jpg

画像ではわかりづらいかもしれないけれど、この2つでケンタッキーフライドチキンの軽く4個分に相当する。


あげたてなので鶏肉は当然ジューシーで、肉汁が滴り落ちるほどである(肉汁なのか油なのかはわからないのだけど)。


味付けは塩と醤油とニンニクだと思われるので、日本で食べる唐揚げとほとんど同じ味付けである。


この大きさとこの安さなので、当然16時の開店に合わせてお客さんが次々とやってくる。でも「殺到する」という感じではないので、いつでも行けばすぐに買うことができる(そして店員のおっちゃんとおばちゃんの愛想がすこぶる良いのも嬉しい)。



この唐揚げ屋さんはパタヤに滞在しているのであれば、一度は行ってもらいたい名店の一つである。

2019年08月27日

パタヤ海外セミリタイア生活31日目の生活費とゲストハウスにいる韓国人の男

【パタヤ海外セミリタイア生活31日目の生活費とゲストハウスにいる韓国人の男】

水2 フライドチキン30 トマト8 マンゴー20 ゲストハウス170 カオマンガイ40 ドーナツ50 しょうが焼き丼40

合計360バーツ(1224円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190221_140721.jpg






今、僕が住んでいるゲストハウスに韓国人の男がいる。


この韓国人とすれ違う度に決まって睨み付けられるのだけど、これは一体どういうことなのだろうか。



僕は間違っても人に好かれるような人間ではない。なので、こういった訳のわからない人間から嫌われることも多い。


僕が何もしていなくても、ある一定の人間に訳もなく嫌われることがある。その相手は決まって青年から中年の男で、女性から嫌われることは少なかった。



ある時、仲の良い友人から「お前に嫉妬しているんだよ」と言われたことがある。確かにそうなのかもしれない。僕は女性と仲良くなることが多く、その女性を狙っていた男から嫉妬されることは今までの人生で数えきれないほどあった。



人間の「嫉妬」という感情ほど愚かで醜いものはない。ただ、嫉妬という感情は自分では止められない本能のひとつなので、こればかりはどうしようもないのかもしれない。

2019年08月26日

パタヤで一番うまいカオマンガイのお店を紹介します

名無し食堂のカオマンガイが美味しいという話を聞いて食べてみた。


でも、カオマンガイに使われている鶏肉には血が入っていて、あまりクオリティの高いカオマンガイとはいえないようだった。

IMG_20190221_112551.jpg






名無し食堂からビッグC方面へ歩いていると、左手側に屋台村のようなものがあり、そこに入っていくと「カオマンガイ40バーツ」という看板を発見した。



※パタヤで一番うまいカオマンガイ屋さんのGoogleマップはこちらです

https://maps.app.goo.gl/NR9ja



僕が立ち止まって看板を見ていると、愛想の良いタイ人のおばちゃんが挨拶をしてくれたので、またカオマンガイを注文してみることにした。



出てきたカオマンガイの盛り付けはとても綺麗なものだった。カオマンガイのスープには玉子豆腐も入っていて、カオマンガイの量はそこまで多くはないものの、これで40バーツなら安いと思った。

IMG_20190221_113512.jpg

カオマンガイの鶏肉はパサパサのむね肉ではなく、脂の乗ったモモ肉が使われていた。


ただ、脂まみれという訳ではなく鶏肉はほどよく脂が乗っており、僕がパタヤで食べたカオマンガイの中で一番うまいカオマンガイだった。

IMG_20190221_112926.jpg

ご飯もしっかりとタイ米が使われており、お米の表面はツヤツヤとしていてお米の水加減も抜群だった。


スープも特に臭みもなく、玉子豆腐も美味しかった。


ここの屋台ではメニューが4種類しかないのだけど、全て制覇したいと思えるほど美味しいカオマンガイだった。

2019年08月25日

パタヤのゲストハウスで面白い日本人と出会った話

久しぶりに面白い日本人と出会った。


それはプーケットからパタヤに来て、初めての夜のことだった。

IMG_20190218_161105.jpg






僕がゲストハウスをチェックインしてドミトリー部屋へ行く途中のリビングに、その日本人男性はいた。


年齢は僕よりも上で、恐らく40代だと思われた。


その男性に挨拶をすると日本人だということがわかり、それから何時間も話し込むことになった。



その人は面白い人だった。世界一周経験者なのだけど、他の世界一周経験者とは明らかに違うなにかを持っていた。



世界一周を経験した人というものは好奇心という好奇心が少しずつ磨耗してきて、新しい人との出会いなどの感動が少しずつ薄れていく傾向にある。


しかし、この日本人男性はまだまだ好奇心の塊のようだった。それはまるで小学3年生の男の子が、休み時間に遊ぶようなものだった。



僕はこんな40代の男性を見たことがなかった。いつまでも子供心を持っており、自分が好きなことには突っ走っていく。そんな人と今まで出会ったことがなかった。



ただ、問題点があるとすれば「全てのことを知りすぎている」ということと「正義感が強すぎる」ということだった。



例えば僕が「5000万円以上の詐欺に遭った」という話をした時に、僕であればなにも思うことはなかったのだけど(それはそれで問題なのだが)、その人は「海外の○○屋を雇ってでも詰める」ということだった。


さすがに僕にその発想はなかった。発想がなかったというだけではなく、そういう乱暴で面倒なことに巻き込まれるのであれば、自分が被害者のままで良い、と考えるのが僕だった。



この日本人男性と僕の性格は非常に似ていると思っていた。似ているからこそ話が合うのであり、似ているからこそ面白いのだと思う。


ただ、自分がピンチに遭ったり、本性が現れた時にどう付き合うかが問題である。 


僕はやはり、適当でゆるくてどうでも良いような人間と付き合う方が性に合っていると思った。

2019年08月24日

パタヤ海外セミリタイア生活1ヶ月目の生活費を公開します

【パタヤ海外セミリタイア生活1ヶ月目の生活費】

水2 フライドチキン30 マッシュルーム丼40 酢豚丼40 トマト4 マンゴー20 ヨーグルト25 ゲストハウス170

合計331バーツ(1125円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190220_135755.jpg






海外セミリタイア生活も残り三日となった。


パタヤへ来てからというもの、お金を遣いすぎている気がするけれど気にするところではない。


バーツがまだ少しだけあまっているし、もう二度とタイに来ないかもしれないからだ。


そんなことを言いつつ、またふらっと来てしまいそうな自分が怖い。

2019年08月23日

これを見た後に、これを食べるのは辛い

IMG_20190220_161734.jpg

これを見た後に

IMG_20190220_162341.jpg

これを食べるのは辛い。

2019年08月22日

パタヤ激安移住生活29日目の生活費を公開します

【パタヤ激安移住生活29日目の生活費】

水2 フライドチキン30 鶏丼40 自助飯40 トマト4 マンゴー25 ゲストハウス170

合計311バーツ(1057円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190219_143820.jpg






旨いレストランが見つかり、パタヤ移住生活は安泰である。


どこの街へ行っても旨い屋台やレストランはあるものである。


やはり混んでいるレストランや屋台にはそれなりの理由がある。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。