検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年05月31日

プーケットタウンのゲストハウス「チノ タウン ギャラリー ホステル」の布団が寒すぎた話

午後10時


僕はウトウトとしてきて、現実と夢の境目がわからなくなり始めていた。

IMG_20190119_171116.jpg






僕が今泊まっているゲストハウス「チノ タウン ギャラリー ホステル」にはエアコンが付いているのだけど、設定温度を自分で変更することができた。



僕が泊まっているドミトリー部屋のゲストは6人と満室である。一緒に泊まっているゲスト達はみんなスペイン系の白人なのだけど、僕がエアコンの設定温度を「26度」にしても、それ以上温度を下げてこようとはしなかった。



それでも僕は寒かった。なぜ、エアコンが設置されているゲストハウスの布団が、ペラペラのタオルケットのようなものが一枚しかないのだろうか。


しかもこのタオルケットはサイズが小さく、どんなに頑張って引っ張っても僕のお腹辺りまでしかなかった。



「このままでは風邪を引いてしまう」と思った僕は、バックパックからカーディガンを引っ張り出してきて羽織った。それでも寒くて、次は厚手のフード付きのジャケットを羽織ってフードを被ると、ようやく寒さから逃れることができた。



時刻は深夜0時


僕は寒さで起きてしまった。起き上がり、エアコンの設定温度を見に行くと、26度のままだった。僕は寝ぼけ眼のまま仕方がなく、設定温度を何度か上げた。



深夜4時


暑さで僕は起きてしまった。エアコンの設定温度を見てみると「29度」になっていた。


それからトイレに行こうと思い部屋の外へ出てみると、外の方が涼しかった。

2019年05月30日

プーケットタウン最安値のパッタイ(35バーツ)の屋台が美味いがお金について考えさせられた話

暇なのでいつものようにプーケットタウンの街をフラフラと散歩していると、気になる屋台を発見した。


その屋台のメニューには「パッタイ 35バーツ」とあったので僕はこのお店に入ってみることにした。

IMG_20190122_120451.jpg






※Googleマップはこのあたりです

https://goo.gl/maps/qpbKbVZ8NA52



よく考えたら今回の旅ではパッタイを食べていなかった。というか、今回の旅ではタイ料理らしいタイ料理も食べていないし、ここ1ヶ月半ほどの旅で「僕は一体なにを食べてきたのだろう」と疑問を感じることになった。



パッタイのお店はタイ人のおばちゃんが経営していて、簡単な英語は通じるようだった。


※メニューはこちらです

IMG_20190122_122952.jpg

僕が「パッタイ」というと、おばちゃんはなにやらよくわからない言葉で僕に聞いてきた。


それから根気よく話を聞いていると、どうやら「パッタイに海老や肉はいれるか」と聞いてきているようだった。


海老や肉を入れてしまうと確実に値段が上がると思った僕は「ノー」と言った。


それからおばちゃんは「エッグ、エッグ」という。僕はどうせ卵もお金がかかると思ったのだけど「ハウマッチ」と聞くと「サーティファイブ」という。


なんと卵入りのパッタイが正規の35バーツ(119円)みたいだった。


嬉しくなった僕はぼんやりとおばちゃんがパッタイを作る姿を眺めていた。


それから3分ほどで僕の元にパッタイが運ばれてきた。出来立てのパッタイは湯気が立ちのぼり、とても美味しそうな香りが漂っていた。

IMG_20190122_120804.jpg

僕が20バーツ札を2枚差し出すと、おばちゃんは家の方へと入っていった。この時僕は「5バーツのお釣りを持ってきてくれるのだろうな」と悠長に構えていた。


すると、戻ってきたおばちゃんは、氷が入ったコップと水を持ってきてくれた。おばちゃんが持ってきてくれた氷は文字通り透明なもので、水も水道水ではなく臭みもなかった。



氷の入ったコップと水を置いたおばちゃんは、それが最後の仕事であるかのようにその場から立ち去ってしまった。



しばらく僕は呆然としてしまった。もしかしてこの氷と水が5バーツなのだろうか。タイではトイレに入るためにも5バーツの料金を取るところも珍しくはないので、それもあるのかもしれないと思っていた。


それでも、僕はとても納得が出来そうにもなかった。僕はおばちゃんに「プリーズバックファイブバーツ」と言った。


するとおばちゃんは「パッタイフォーティバーツ」という。


どういうことなのだろうか。



おばちゃんは最初に「パッタイは35バーツ」と言った。でも今は40バーツになっている。このパッタイを作る5分くらいの間に5バーツの値上げが行われたのだろうか。


すると、そのあとにおばちゃんは「エッグパッタイフォーティバーツ」といった。どうやら卵入りのパッタイは40バーツのようだった。



僕は釈然としない気持ちになったのだけど、それからしばらくしておばちゃんが5バーツを持ってきて「ディスカウント」と言った。



僕はどうにもスッキリとしない気持ちになってしまった。まるで自分が物乞いにでもなったかのような錯覚すら覚えた。



物乞いはいつもこのような気持ちを抱いているのだろうか。僕の頭の中で様々な言葉が生まれては消えていった。



「お金って一体なんなのだろう」と思う。お金を沢山持っていたからと言っても決して偉い訳ではない。逆にお金がないからといっても決して人間的に貧しいという訳でもない。



「お金は単なる道具である」と言い切ってしまいたいのだけれど、そう言い切ってしまうには僕は幼すぎた。

2019年05月29日

プーケットタウンのレストランで最安値30バーツ、100円グルメ屋台のお店を紹介します

オールドタウンから歩くこと10分程度。


前から気になっていたライスヌードルのレストランへ行くことにした。

IMG_20190121_154722.jpg






※30バーツライスヌードルのお店のGoogleマップはこちらです

7°53'01.7"N 98°23'00.1"E
https://goo.gl/maps/npZXkihPS7F2



店内はいつもガラガラで嫌な予感しかしない。


ライスヌードルの上にかけるソースは何種類か選べるのだけど、僕はノンスパイシーのソースをかけてもらうことにした。

IMG_20190121_153258.jpg

ライスヌードルは出来立てではなく何時間も前に茹でたものなので、とても柔らかくコシというコシがどこか遠くの彼方へと連れ去られていた。



麺の量も少なく、正直「これで30バーツか〜」とひどく落胆していると、店員のお姉ちゃんがなにやら大量の野菜(薬味)を持ってきてくれた。

IMG_20190121_153336.jpg

なんでもこの野菜は全て食べ放題らしい。


しかも、テーブルに置かれている「ゆで卵」も一個無料で食べられるという。


そのことを知って僕は、子供のように急にテンションがあがってしまった。



薬味は訳のわからない種類の野菜が多かったのだけれど、レタス、タクアン風味の大根、野沢菜、インゲン的なもの、煮干しなど沢山あった。



野菜や煮干しには大量のハエがたかっていたので、僕は少しだけ躊躇してしまったのだけど「これがタイなのだ」と思うことにして、ぐっとお腹に力を入れて凌ぐことにした。


それでもこれだけ付いて30バーツ(102円)とはプーケット最安値だと思う。お世辞にもライスヌードルは美味しくはないのだけれど、野菜不足に陥りやすい一人旅では心強いレストランである。

2019年05月28日

パトンビーチからプーケットタウンへ行く最安値の交通手段はローカルバスで30バーツだった

パトンビーチからプーケットタウン行きの方法はいくつかあるのだけど、最安値で行く交通手段はローカルバスだった。


パトンビーチからプーケット行きのローカルバスは特にバス停などはない。

IMG_20190116_153255.jpg






プーケット行きのローカルバスは青色で、パトンビーチ沿いの一方通行の道路を走っている。


パトンビーチ沿いを走っているローカルバスは乗客を乗せる為にノロノロと走っているので、バスが近くに来たら手を挙げれば簡単に止まってくれる。


プーケットタウン行きのローカルバスは、プーケットのオールドタウンまで行ってくれるのだけど、途中で降りたければ車内に備え付けられたボタンを押せばどこでも自由に降りることができる。


パトンビーチからプーケットタウンまでの所要時間は30分から一時間もかかってしまうけれど、急がない旅ならば利用しない手はない。


ローカルバスの料金は一律で30バーツ(102円)と安いので気軽に使うことができた。

2019年05月27日

プーケットタウンのゲストハウス「チノ タウン ギャラリー ホステル」に泊まった感想

僕がプーケットタウンで予約したゲストハウスは「チノ タウン ギャラリー ホステル」という安宿だった。


今回もエアトリで予約をしたのだけど、1泊の料金は530円と安かった。

IMG_20190121_145546.jpg






チノ タウン ギャラリー ホステルのドミトリー部屋は二段ベッドではなく、シングルベッドだった。

IMG_20190121_150601.jpg

画像でもわかる通りかなりスペースに余裕があり半個室のような状態だったので、とても居心地がよかった。



チノ タウン ギャラリー ホステルでは清掃する11時〜14時以外の時間はエアコンを常時付けることができて、温度設定も自分でコントロールすることができた。



チノ タウン ギャラリー ホステルでは、とても大きな貴重品ロッカーが備え付けられていて、スーツケースでも入りそうな大きさだった。

IMG_20190121_151619.jpg

チノ タウン ギャラリー ホステルでは一階に三ヶ所ずつトイレとシャワー室があるので、待たされることもなかった。トイレにはしっかりとトイレットペーパーもあり、シャワー室にはボディソープとシャンプーも備え付けられていた。ただ、安宿でよくあるように、シャワーの水圧はとても弱かった。

IMG_20190121_151648.jpg

IMG_20190121_151655.jpg

オーナーが若いタイ人女性の為、とても気配りのできたゲストハウスなので、日本人女性が泊まっても満足ができる安宿だと思った。



ドミトリー部屋でもWi-Fiは途切れることなく繋がり、速度も十分満足のできるスピードだった。



一つだけ注意点をあげるとすれば、オーナーの女性がとても綺麗好きなので、少しでもどこかを汚してしまうとえらい目に遭う、ということだった。



僕がこのゲストハウスに泊まった初日に、間違って土足でシャワーやトイレのあるスペースに入ってしまったのだけど、そのことをオーナーからひどく注意されることになった。



このゲストハウスの一階では土足オッケーだったので、トイレやシャワー室のあるスペースに僕は知らずに土足であがってしまっていた。


一階から二階へ上がる階段から土足厳禁なので、こちらも注意が必要である。



ドミトリー部屋では飲食も禁止なので一階の受付付近で食べることになるのだけど、一階は蚊が大量に待機しているので、こちらでもえらい目に遭うことになった。ここで刺された蚊が日本では見たことのない種類の蚊だったので、僕はとてもびっくりしてしまった。その蚊は日本でみる蚊の3倍くらいの大きさがあったので、僕は初め「オモチャなのかな」と思って近づいていったのだけど、それは本物の蚊だった。



そういえばタイのチェンマイでは殺人蟻と呼ばれる「ヒアリ」が普通にリビングにいたので「いろいろな意味でここは海外なんだな」と再確認することになった。

2019年05月26日

【タイ】プーケット島セミリタイア生活10日目の生活費を公開します

【プーケット島セミリタイア生活10日目の生活費】

クロワッサン10 自助飯40 ライスヌードル30 ゲストハウス156 水1 クッキー10 バス代(パトンビーチ〜プーケットタウン)30

合計277バーツ(942円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190119_182343.jpg






パタヤデハからプーケットタウンまで戻ってきた。


プーケットタウンで予約したゲストハウスがなかなか良かったので、次の記事で紹介します。

2019年05月25日

【プーケット】パトンビーチのゲストハウス「ベッドボックス」を画像付きで紹介します

ハピタス経由でエアトリの海外ホテルを予約すると2000円もくれるというので、僕はパトンビーチのゲストハウスを予約することにした。


エアトリでは取り扱っているホテルやゲストハウスの数がとても少なく、パトンビーチで最安値のゲストハウスでも1泊730円と、かなり高額だった。

IMG_20190121_111940.jpg






僕が今回エアトリで予約をしたゲストハウスは「ベッドボックス ゲストハウス& ホステル 」という名前の宿だった。



※ベッドボックス ゲストハウス& ホステルのGoogleマップはこちらです

【bedbox hostel】

https://goo.gl/maps/gLAKFEViiTs



ベッドボックス ゲストハウスはビッグCの裏あたりに位置していて、とても便利な場所だった。


ベッドボックス ゲストハウスにチェックインをすると、デポジットでなんと1000バーツ(3400円)も取られた。僕がゲストハウスで取られたデポジットは最高でも500バーツだったので、とても驚いてしまった(退去時に何もなければ返金されます)。



ベッドボックス ゲストハウスにはキッチンや冷蔵庫などがあり、自由に自炊をすることができた。

IMG_20190119_170550.jpg

キッチンにはフライパンや鍋、トースターやレンジ、お皿やフォークやスプーンまで自由に使うことができた。



僕が案内された部屋は5階だったので階段を上がるのに苦労したのだけれど、その分とても静かな部屋だった。



部屋の外には貴重品ボックスもあり、部屋は狭いのだけれどとても清潔だった。

IMG_20190119_145522.jpg

僕が泊まったドミトリー部屋は4人部屋で、白人のおっちゃん二人に白人のお姉ちゃんが一人いて、満室だった。



部屋にはトイレとシャワーが一体化された部屋が一つだけあるのだけれど、音が外まで漏れてしまうので女性はかなり気を遣う気がした。

IMG_20190119_145534.jpg

トイレ兼シャワー室にはボディソープやシャンプーもあり、トイレットペーパーも備え付けられていた。



僕が前日まで泊まっていたゲストハウス(エンリコホステル)は、深夜の4時頃まで騒がしたかったので安眠するのが難しかったのだけど、ベッドボックスパトンでは夜はとても静かにしてくれて、僕は9時間近くも熟睡してしまった。

2019年05月24日

【プーケット】パタヤビーチとパトンビーチの海の透明度を比較してみた

「タイのビーチは汚い」という口コミをよくみかける。


その中でも「パタヤビーチは特に汚い」という。

IMG_20190116_153445.jpg






パタヤビーチの海の透明度は「茶色」である。


プーケットのパトンビーチの海の透明度は「灰色」である。



パタヤビーチは海の中の自分の手すら見えないほど濁っているのだけど、パトンビーチは自分の手が鮮明に見えるほど透き通っている。



パタヤビーチにはもちろん熱帯魚などの魚はいないけれど、パトンビーチには細長い熱帯魚が何匹か泳いでいた。



パトンビーチでは泳ぐことに抵抗があるけれど、パトンビーチは進んで泳ぎたくなる海である。

2019年05月23日

【タイ】プーケット島セミリタイア生活9日目の生活費を公開します

【プーケット島セミリタイア生活9日目の生活費】

クロワッサン15 自助飯30 ゲストハウス212 水1 トマト10 オムライス17

合計202バーツ(687円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190120_140515.jpg






明日、パトンビーチからプーケットタウンへ戻ることにした。


本当はパトンビーチでしばらく過ごす予定だったのだけど、いろいろあって戻ることになった。



今後の予定としてはプーケットタウンで一週間ほど過ごした後、サムイ島とパンガン島へ行くことにした。


プーケット〜サムイ島まではバスとフェリーを乗り継いで7時間程度かかり、料金は500バーツ(1700円)だった。


サムイ島とパンガン島のゲストハウスは一泊500円前後なので、残りの海外生活はここで終わるのかもしれない。

2019年05月22日

【プーケット】パトンビーチ セミリタイア生活の一日を振り返ってみた

午前8時起床


寝たのだか寝てないのだかわからないまま朝になっていることが多い。 

IMG_20190120_132524.jpg






朝、起きたら歯を磨き、昨日市場で買ってきたバナナを食べる。


それから着替えてパトンビーチへ行く。


ゲストハウスからパトンビーチまでは歩いて5分の距離にある。家から歩いて5分の距離に綺麗なビーチがあるということに、小さな幸せを感じながらゆったりと歩いて向かう。



一時間ほどビーチでストレッチや筋トレ、ヨガをする。それに飽きてきたら海に入り、クロールや平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライと確かめるようにのんびりと泳ぐ。


泳ぐのにも飽きてきたら海から上がって、ビーチ沿いを散歩する。



それからゲストハウスへ帰り、シャワーを浴びてから市場へご飯を食べに行く。


それからビッグCで買い物をして、ショッピングモールのベンチでブログを書いたり深夜特急を見たりする。


そんなことをしていると夕方の5時頃になり、ビッグCでクロワッサンを買って帰る。


ゲストハウスへ帰りシャワーを浴びてから軽くストレッチをして、ネットをみる。


そんなことをしていると夜の9時頃になっているので、ウトウトと眠りに入っていくのだけど、結局ゲストがバタバタと騒がしく眠れるのは深夜3時頃になってしまう。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。