検索
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年03月31日

バンコクのドンムアン空港からウドンタニ空港まで飛行機で約2600円だった

僕は前回の旅でバンコクからウドンタニ空港までタイ国鉄三等車両で行った。


でもタイ国鉄三等車両は僕が思っているより過酷な電車で、僕はもうこの電車に乗ろうとは思わなかった。

IMG_20190109_103350.jpg






今回の旅ではバスや電車は極力使わず、飛行機で行くことにした。



今回、バンコクのドンムアン空港からウドンタニ空港まで飛行機で予約したのだけど、料金は約2600円だった。


電車でウドンタニまで行こうとすると10時間以上もかかるのだけど、飛行機だとわずか1時間でウドンタニまで着いてしまった。
posted by 木村 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格安航空券

2019年03月30日

スワンナプーム空港からドンムアン空港まで無料のシャトルバスで行ってみた

午後10時半


僕はバンコクのスワンナプーム空港のベンチで野宿をしていた。

IMG_20190109_082356.jpg






なにやら周りが騒がしくて起きてしまった。どうやらアラブ系の団体が来てしまったようだった。


僕はとりあえずトイレに行き、再びベンチで寝ることにした。



午前6時


ずいぶん長く寝てしまったようだ。どうしようかな。とりあえずドンムアン空港まで行ってしまおうか。



スワンナプーム空港からドンムアン空港まではシャトルバスがあり、当日のドンムアン空港発のチケットを持っていれば誰でも無料でシャトルバスを利用することができる。



ドンムアン空港行きのシャトルバス乗り場は2階の3番出口だった。

IMG_20190108_171853.jpg

2階の3番出口を出てすぐ左手にシャトルバスの受付がある。

IMG_20190108_171837.jpg

ここでドンムアン空港発の予約番号などが載ったページのスクリーンショットでも受付に見せれば、無料でスワンナプーム空港からドンムアン空港までシャトルバスで行くことができる。ちなみにスワンナプーム空港からドンムアン空港までは約1時間20分程度かかった。

2019年03月29日

スワンナプーム空港で野宿するなら確実に寝袋が必要な話

午後5時


僕はバンコクのスワンナプーム空港にいた。

IMG_20190109_063506.jpg






スワンナプーム空港は当たり前のように寒かった。日本人と外国人を比較すると確実に外国人の方が暑がりである。日本ではエコ活動の一貫として室内温度を28度に設定しているのだけど、外国では18度が標準温度だった。



しかし寒すぎる。僕はとりあえず靴下を履いてフード付きのジャケットを羽織った。それでも寒かったのでフードを被り、マスクをした。


それから軽い夕食を摂り眠ろうと思ったのだけど、まだ時刻が早い為かベンチに座るお客さんが多かった。



スワンナプーム空港で野宿をするなら2階のベンチがベストな選択である。2階にも何ヵ所かベンチがあるのだけど、空港の両端にあるベンチが一番野宿に適していた。



僕は銀行が沢山あるエリアの方で野宿をしようと思ったのだけど、こちらが一杯だったので反対側のベンチまで歩いていった。すると、こちらのベンチはガラガラで、一人で4人分のベンチを占領してしまっても全く問題がなかった。



時刻は午後8時半。僕は早めに寝てしまうことにした。

2019年03月28日

パタヤからスワンナプーム空港まで国際バスで120バーツだった

午後2時


僕はパタヤのBig Cからスワンナプーム空港行きのバス乗り場まで行こうとしていた。

IMG_20190108_164217.jpg






パタヤではタイのタクシー(ソンテウ)が沢山走っているので適当に止めようと思っていたのだけど、どこで止めれば良いのかよくわからなかった。



ソンテウは基本的にビーチ沿いと一本内陸に入った道を行ったり来たりしている。


僕はとりあえずパタヤビーチまで行って、そこからソンテウに乗ることになった。


それからしばらく走ると僕が行きたい方向と反対方向に走ってしまったのでソンテウを乗り換えて、そのままスワンナプーム空港行きのエアポートバス乗り場までたどり着くことができた。



※スワンナプーム空港行きのエアポートバス乗り場のGoogleマップはこちらです。

https://goo.gl/maps/91U25R9jkNL2



エアポートバス乗り場からスワンナプーム空港までは国際バスで120バーツ(408円)だった。パタヤ市街地からバス乗り場までソンテウ代が20バーツ(68円)かかったので、合計で476円である。



パタヤ市街地からドンムアン空港までロットゥーというトヨタハイエースのようなバンでも180バーツ(612円)で行けるのだけど、運転が荒いということだったので今回僕は国際バスを利用することにした。

2019年03月27日

パタヤ沈没生活25日目の生活費を公開します

【パタヤ セミリタイア生活25日目の生活費】
野菜炒め40 水1 ドーナツ15 クロワッサン15 ソンテウ20

合計91バーツ(309円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190106_153442.jpg






パタヤ沈没生活最終日である。


またパタヤへ戻ってくる日はくるのだろうか。



パタヤ沈没生活はいつものようにトラブル続きだった。1ヶ月間同じホテルで過ごそうと思っていたのに、気がついたらゲストハウスへ移っていたり。



僕の人生は一分先に何が起こるかわからない。人生なにが起こるかわからないから面白いのであり、決まった日常を過ごすことに僕はいささか飽きてしまっていた。



これからもラオス・ビエンチャンでのタイビザ取得生活とプーケット沈没生活が待っているのだけど、僕は気がついたら日本へ帰っているかもしれない。

2019年03月26日

【タイ】ミスタードーナツはBig Cのパン屋さんの約4倍の値段だった

これからバンコクのスワンナプーム空港へ向かうので、とりあえずBig Cのフードコートで昼食を摂ることにした。


僕は今日もいつものように「ぶっかけ飯」を注文して、1食40バーツ(136円)の出費だった。

IMG_20190108_111107.jpg






ご飯を食べ終わりBig Cのパン屋さんで夕食用にパンを買っていくことにする。


僕のお気に入りのクリーム入りのドーナツとクロワッサンを3個ずつ購入した。

IMG_20190108_125701.jpg

その後、Big Cの近くにあるミスタードーナツを覗いてみると、僕が購入したクリーム入りのドーナツとそっくりなものが1個19バーツで販売されていた。


ミスタードーナツで購入するような人は、貴族のような生活を送っているのだろうか。

2019年03月25日

世界一周して200ヵ国を旅した旅人は死んだ魚のような目をしていた

人生で一番大切なことは「好奇心を失わないこと」なのかもしれない。


そんなことを思った今回のお話。

IMG_20190107_135435.jpg






僕は今まで数々の世界一周経験者と出会ってきたのだけど、彼らに共通していたことは「目に光がなかった」ということだった。



彼らは蝋燭の火が消えた後のような目をしていて、どこか不安で堪らないような何かにすがりたいような目をしていた。



日本の諺に「目は口ほどにものを言う」というものがある。それほど人間の目には力がある。


しかし、短期間で必要以上の刺激を浴びてしまうと、人間の好奇心はいつからか磨耗してきてしまう。


好奇心の失くした人間はどこか疲れたような顔をしている。その疲れは一生癒えることはないのかもしれない。

2019年03月24日

パタヤ セミリタイア生活24日目の生活費と今後の予定

【パタヤ セミリタイア生活24日目の生活費】
ホテル食べ放題110 水1 ホテル代171 ウエハース14

合計296バーツ(1006円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190107_140735.jpg






いよいよ明日、パタヤを出発することになった。


パタヤ生活は長かったような短かったような、よくわからない不思議な時間だった。



明日はとりあえずパタヤからバスでバンコクのスワンナプーム空港へ行く。宿代を節約する為に一泊だけスワンナプーム空港で野宿をして、明後日の昼にラオス国境近くのウドンタニ空港まで飛行機で飛ぶ。


それからラオスのビエンチャンまで国際バスで行くような予定である。

2019年03月23日

【タイ】英語が全く話せない僕がパタヤのゲストハウスで外国人に注意してみた

午前12時


僕はパタヤのゲストハウスのカプセル型ドミトリーの中にいた。


僕はもう眠たかった。

IMG_20190107_154138.jpg






僕が泊まっているドミトリー部屋には小さなゆんたくスペースがある。そこには推定200kgのファランとスタッフだと思われるタイ人の女の子が大きな声で話していた。


時刻は深夜12時半をまわった。海外のゲストハウスあるあるなのだけど、深夜だろうが何時だろうが外国人たちは周りの迷惑を顧みずにフルボリュームで話し続ける。



僕は「どうしようかな」と思っていた。200kgは空気の読めないファランなので、一つ間違えたら乱闘騒ぎにもなりかねない。もし200kgが殴りかかってきたらどうしようか。


僕は格闘技の有段者なので、ある程度の対処ならすることはできる。でも200kgという重さは未知の世界である。ボクシングで言えばモスキート級とヘビー級くらいの差がある。



もし200kgが襲いかかってきたらどうしようか。太っている人間のボディへの攻撃は効かない。太っている人間にも効く急所は「耳、目、鼻、指、股関、脛」である。ここを攻めればなんとかなるだろうか。



そんなことを考えているのが面倒になり、僕はとりあえずカプセルから出てみた。すると、200kgとタイ人がこちらを見てきた。もしかしたら彼らにも「迷惑をかけている」という思いが1ミリくらいはあったのかもしれない。


そこで僕は口を開いた。



「プリーズトーキンアウトサイド」



すると200kgは挑戦的な目を向けてきたのだけど、タイ人はすぐに「ソーリーソーリー」と言って、理解を示してくれたようだ。



僕はちょっとほっとして「サンキューサンキュー」と言ったら急に200kgが「ガハハハハハ!!」と笑い出した。


200kgの笑いのツボは僕には理解ができなかった。

2019年03月22日

パタヤ セミリタイア生活24日目の生活費とBig Cのチョコドーナツとクロワッサン

【パタヤ セミリタイア生活24日目の生活費】
グリーンカレー45 水1 ホテル代171   野菜炒め35 ウエハース14 チョコドーナツ5 クロワッサン5 ヨーグルト30

合計306バーツ(1040円)
1バーツ=3.4円

IMG_20190106_145229.jpg






Big Cの焼きたてのパン屋さんが相変わらず安い。


今日僕が購入した菓子パンはチョコドーナツとクロワッサンだったのだけど、両方とも一個5バーツ(17円)だった。


チョコドーナツは小さいのだけど、ドーナツの中にはチョコクリームが大量に入っていた。クロワッサンはしっかりとバターの香りが漂っていて、5バーツにしては十分な美味しさだった。



一日の生活費が1000円を越えて、ようやく豪遊生活に突入するのかもしれない。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。