検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
木村さんの画像
木村
転職100回、リストラ30回以上経験した30代男のセミリタイア放浪記。20代でマンション経営を経験し、Amazon転売せどりなどもやったのだけれど、ひょんなことから5000万円以上の詐欺に遭い、全財産を失った悲しい男の物語。現在は沖縄やタイ、台湾などで1ヶ月5万円以下で生活をしている。
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年09月11日

【北海道】小樽のシェアハウスは一ヶ月2万円と激安だった

20190901_120735.jpg

徳島のゲストハウスで三ヶ月滞在した後は、北海道の小樽へ移住することになった。


北海道のゲストハウスは、意外にも安いところがなかったので「シェアハウス掲示板」を使って予約することにした。



僕が予約した小樽のシェアハウスは、市街地からは少し離れていたのだけど、一ヶ月の家賃が2万円だったので文句はいえなかった。


場所が山の上にあったからなのか、一軒家のシェアハウスなのに、住人はオーナーと僕の二人だけだった。


オーナーに話を聞くと、一年に2、3人しか来ないということだった。



このオーナーはアル中だったらしく、一週間くらいした辺りから様子がおかしくなってきた。


シラフの時は普通に話すことができるのだけど、酒を呑みだすと、途端に口調が荒くなったので、面倒になった僕はなるべくオーナーと会わないような生活をすることにした。

大阪のシェアハウスは水道、光熱費込みで月2.5万円の個室だった

僕が今回、大阪で滞在するシェアハウスは大阪の外れにあった。


その為か家賃は安く、水道、光熱費込みで1ヶ月2.5万円と激安だった。

IMG_20190225_093515.jpg






部屋はリビングと寝室があり、両方とも一人で使うことができた。


リビングには専用で使える冷蔵庫とエアコンもあり、ベッドは厚く、腰が痛くなることも南京虫に悩まされることもなかった。


洗濯機や乾燥機も無料で使えて洗濯用洗剤も無料である。シャワー室は新しく、シャンプーやリンス、ボディソープまで備え付けられていた。


トイレはウォシュレットが付いていてトイレットペーパーも大量にあるのでいうことがない。


何日かに一回は清掃のおばちゃんが来てくれるので、共有部分は特に掃除をする必要もゴミを片付ける必要もなかった。



キッチンには電子レンジや炊飯器、トースター、電気ケトル、食器類などがあり、自炊するには全く困らない設備である。


しかも僕が泊まっている家には最大2名までしか泊まれないようになっているので、多くても僕の他に一人しかいないので、とても気楽なものである。



夜は閑静な住宅街にある為、とても静かである。宿から3km圏内にはドンキホーテや激安スーパーなどか点在しており、食にお金がかかりそうにもない。


しかも、自転車まで無料で使えるのでいうことがない。



確かに梅田や難波まで行くには骨が折れる場所である。しかし、僕は初めから大阪の繁華街には興味がなかった。一度は行ってみたいけれど、特に大阪の繁華街には住みたいとは思わなかった。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。